スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国は臓器売買が悪いのでなく、人権弾圧こそ問題

 臓器売買が良いか悪いかと言えば、「時と場合によって」と私は答えます。少なくとも生きている人間が自分の臓器を売ってお金を得ようとするのは、貧困が原因である可能性が非常に高いと思います。
 しかし、中国の場合は生きている人間を特定の団体にいるだけで臓器まで盗られるという理不尽なことまで起こっているのです。

 ・臓器売買を改めて禁止へ、違反行為は刑事責任問う(中国情報局)
2006/07/17(月) 17:02:41更新

  中国では8月1日から臓器売買を禁止する法律が改めて施行される。違反行為には刑事責任を追及する厳しい内容だが、実効性に早くも疑問の声が上がっている。16日付で英字紙チャイナデイリーなどが伝えた。

  「中国で臓器売買が横行している」と外国メディアが指摘したことを受けて、中国政府は7月1日から「臓器移植技術の臨床応用管理に関する暫定規則」を施行した。同規則の27条には「人体の器官を売買してはならない」との文言が盛り込まれている。しかし違反行為に対する罰則などは盛り込まれていない。

  8月1日からは「死体の移動や処理等についての管理規則」が導入される。8条には「死体を売買することを厳禁する。また死体を商売目的で利用することを固く禁ずる」ことが明言されている。さらに10条では「違反行為は犯罪に該当するので、刑事責任を追及する」と厳しい方針で臨むことが表明されている。

  16日付のボイス・オブ・アメリカ(VOA、中国語版)によると、中国では臓器移植を待つ患者数が毎年少なくとも200万人に達するという。しかし実際に移植を受けられるのは2万人足らずで「需給バランス」が崩れており、立法措置だけで臓器売買を途絶できるか疑問の声が上がっている。(編集担当:菅原大輔)


 臓器売買に関して全てを否定するわけではありませんが、元々非合法組織が絡みやすいため、今世界に存在する臓器売買は根絶させる必要があると思います。中国がここで臓器売買の禁止措置を強化するのは別に否定すべきことでもなんでもないのですが、問題は別にあります。

 中国の臓器売買として世界で語られる内容のうち大半は法輪功の信者が被害者になっています。これに関しては、大紀元時報を見ていただければ大半のことは分かると思います。もちろん法輪功側から書いている記事が大半ですので、そのつもりで見た方が良いですが。

 その大紀元でトップ記事も臓器売買の話題です。

 ・カナダ独立調査団:法輪功学習者対象の中国における臓器狩りの告発に対する調査報告(その一)

 私が言いたいのは、臓器売買をいくら禁止しようとも中国の人権弾圧がなくなるわけではないと言うことです。臓器売買だけに問題を矮小化しようとする中国政府の姿勢には閉口します。これでは臓器売買は存在するが、人権問題など存在しない、と言っているようなものです。

 ここであくまでも「死体」とこだわっているのは、法輪功の件と無関係ですと主張しているのでしょう。

 ただ、中国政府の姿勢は見逃せたものではありませんが、それをお抱えメディアのように発表する中国情報局と菅原大輔記者は完全に信用できません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年07月17日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

一番安いのは人命なのでは?

個別の事情を省いて考えれば、もうこれは文明的特質のような感じがします。

2006年07月18日 煬帝 URL 編集

 中国では人ですらもモノ扱いなんだな。
 中国に生まれなくて良かったよ。

2006年07月18日 どらっへ URL 編集

煬帝さん、
多分中国人の考え方の中に人命尊重というのは無いのでしょうね。ただでさえ膨れあがる人口に対して、大事にしようとは思えないのかもしれません。

どらっへさん、
同感です。中国人の犯罪などを見ていると、日本人では考えられないほどの残忍さを見せつけられます。

2006年07月18日 さいごう URL 編集

この立法は外に向けたポーズ。
中国共産党政府主導で法輪功のメンバーを拉致監禁して、惨殺・臓器摘出をやっているんだからな。ナチスドイツ以上の残虐な行為が現在も未だに行われていることが恐ろしい。

2006年07月20日 worldwalker (・∀・) URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。