スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

北朝鮮非難決議を全会一致で採択

 今回の決議採択に色々見方はありますが、あえて言えば決議を全会一致で採択できたことに意味があったと思います。個人的には、拒否権を発動されてでも制裁に即移行できる決議案を出した方が良かったですが、全会一致の採択による「重み」があることも確かです。

 ・安保理、北朝鮮決議案を全会一致で採択(読売新聞)

 【ニューヨーク=大塚隆一】国連安全保障理事会は15日午後4時(日本時間16日午前5時)前、北朝鮮のミサイル発射に対する決議案を全会一致で採択した。

 決議は今回のミサイル発射について「地域の平和、安定、安全を危うくする」として非難。「安保理の特別の責任」のもとで、北朝鮮にミサイルの開発・試験の禁止、発射の凍結などを要求するとともに、6か国協議への即時無条件復帰を強く促している。

 国連加盟国にはミサイルや関連物資・技術の移転、調達などを阻止するよう求めている。


 ・安保理、中露含む全会一致で対北決議案採択(産経新聞)

【ニューヨーク=長戸雅子】国連安全保障理事会は15日午後(日本時間16日早朝)、公式会合を開き、日米などが提出した北朝鮮のミサイル発射を非難し、同国のミサイル・大量破壊兵器開発に関連する物資・技術・資金の移転などを阻止するよう加盟国に要求する決議案を全会一致で採択した。北朝鮮と友好関係にある中国、ロシアも決議に賛成、国際社会が一致して非難の意思を示したことで北朝鮮には大きな圧力となる。

 日米は当初、経済制裁などを可能にする国連憲章7章を明記した決議案を作成したが、中国・ロシアが「7章決議」に強硬に反対。とくに中国は拒否権行使も辞さない構えを見せたため、安保理の分裂を懸念した英国・フランスが7章を削除する代わりに「国際平和と安全の維持への安保理の特別の責任」を明記する妥協案を提示し、日米も土壇場でこれを受けいれた。


 安保理が北朝鮮の行動に関して決議を採択するのは、同国に核拡散防止条約(NPT)脱退の再考を求める決議を採択した1993年以来。


 ・安保理、対北朝鮮決議を全会一致で採択 「7章」は削除(朝日新聞)

 北朝鮮のミサイル発射問題をめぐり、国連安全保障理事会は15日午後4時(日本時間16日午前5時)前、日米などが共同提案した決議案を全会一致で採択した。北朝鮮への制裁に難色を示す中国やロシアに配慮し、制裁などの根拠となる「国連憲章7章」の文言を日米両政府の修正案から削除した。

 決議では北朝鮮のミサイル発射を非難し、北朝鮮に6者協議への無条件での即時復帰を促している。また、加盟国に北朝鮮へのミサイル開発技術の移転阻止などを要請している。


 私が前々から主張していたように、制裁に正当性を与える決議にこだわって拒否権を発動された場合、有志連合による国際的非難声明を発することになります。この場合、米国がイラク戦争へと突入したときのように正当性に多少の疑問符が残ることになってしまいます。

 未だにイラク戦争に関する米国の態度は、良かったか悪かったかは別にして反対勢力から非難される口実を与えてしまっています。北朝鮮への制裁についても、もし制裁決議にこだわっていればイラク戦争における米国のような非難を受ける可能性が十分にあるでしょう。

 私は日本が自国の安全保障を担保する上で国際連合に従うことが必ずしも正しいとは言えません。しかし、こうやって決議採択を優先し、中国・ロシアとも協調していく姿勢を示した(外交的には敗北と言えなくもないが)以上、今後の北朝鮮の行動に釘を刺すことは出来たと思います。また、国内的にはミサイル防衛に対しての議論と予算的な裏付けが出来たことは幸いと言えるでしょう。

 追記:

 今回は、良くも悪くも拒否権を行使する国々と安保理を付き合っていく上で、大きな限界を感じた出来事でした。しかし、終わってみると外務省の強硬姿勢は、ここに落としどころを定めて中国・ロシアと駆け引きをしていたように見えます。どちらが勝った負けたと言うよりも、今後どうやって北朝鮮に対して核を放棄させ、拉致問題を解決していくかにかかっていると言えるでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年07月16日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:8

日本はもうこんな古臭い組織やめたらどうだ? こんなに不平等な組織他にないだろ。カネを出さない乞食国家2つ(中露)が一番偉そうな顔をしているなんて、不愉快極まりない。

2006年07月16日 worldwalker (・∀・) URL 編集

ぐらいは、ありますね。
散々、思い知らされてますが、中、露の横暴も国内に広く知られたし、とりあえず、ミサイルとその技術移転への禁止の要求もできた。
私は、80点ぐらいあげたいです。

2006年07月16日 k(kmura) URL 編集

 こんな不平等な組織見たこと無い。
 通過しただけを勝利とは呼べない。
 これなら、最後まで強硬姿勢で否決された方が良かったと思う。
 情けないなぁorz

 確かにさいごうサンの言いたい事も分かるけど
 取り合えず、制裁へ進みましょう。
 『大義』は立てましたし。

2006年07月16日 どらっへ URL 編集

あんな腐れ国家の味方をしなければいけない、という時点でほぼ負けが決まってたようなものですから。

日米としては追い詰めて安保理決議をチャラにするか、多少妥協して決議を通すかの選択で後者を取ったということなんでしょう。

2006年07月17日 煬帝 URL 編集

決議1つで勝利とは敗北とか言うのもなんなんで(笑)、私は「いつもよりは日本(外交)よく頑張った!」と評価します。

決議の内容は半端かもしれないけど
、仮にもう1度北朝鮮がミサイルを発射したら、さすがに中国でも制裁を外せ!等という戯言は吐けないでしょう。そういう意味で今回の決議は十分に今後のことも見据えた上で十分に意味があると確信します。

まだまだ中ロに外交力で対抗するには力不足といった感じの日本(いままで多くの外務官僚や政治家たちが『摩擦を避けたい!』或いはそれゆえに伴う『プレッシャーから逃れたい!』という一種の責任回避・事なかれ主義の外交を行ってきたツケ)ですけど、こうした摩擦やプレッシャーから逃避せず国益を見据えた上でこれからも外交を行って欲しいと思います。

2006年07月17日 雷電 URL 編集

この決議は破らせるためにした事。
ロシアはこの決議以降、北朝鮮がミサイル演習を行わないと踏んだらしいが、肝心の中国は違うね。
日米は北がこの決議を破った後の行動について速やかに議論に入る必要あり。なにしろ45分以内に「たかが大使」が拒否したんだから・・・

しかし間の悪い!またも中東問題と被っちゃったネ。イスラエル支援はアメリカの軍事政策上の幹ですからねえ。ヒズボラも中途半端にイランからミサイルなんか買っちゃってモー!

アメリカはこの「被っちゃった状態」に弱い・・・つまり北朝鮮がミサイルをバンバン打ってるときに台湾に攻め込めばラッキーってかい!?海の向こうの下駄顔メガネのおじさんがほくそえんでいるかも?

2006年07月17日 あきら URL 編集

worldwalker (・∀・)さん、
真面目に私も返しますと、国連にこだわる必要はありませんが、まだ辞める時期ではないと思います。現時点で国連を辞めた日本と行動をともにする国がそれほど多いとも思えないですから。ただ、一考の価値はあると思います。

k(kmura)さん、
私も一応日本が求める最低限の結果は得られたと思っています。

どらっへさん、
私もこれで終わりだとすれば、こんなことは書きません。次があるからこそ、そして次に繋がるからこそある程度の評価は出来ると思います。

煬帝さん、
今回は中国・ロシアが日本を見くびっていたと思い知っただけでも良いでしょうね。

雷電 さん、
産経新聞の記事や読売新聞の特集でも政治家の果たした役割を評価しています。反面、外務官僚は叩かれていますが。
私はこれで満足しているようであれば、全く評価に値しないと思います。結局は北朝鮮にどうやって圧力をかけられるか、そしてどうやって正当性を持たせることが出来るかが今後の外交の方向性だと思います。

あきらさん、
多分北朝鮮はミサイルを撃つでしょう。そのときには安保理の決議は制裁に触れるのは当然でしょうし、当初日本が用意した案よりも過激なものになるでしょう。
外務省としては米国との共同歩調は欠かせないところですね。

2006年07月18日 さいごう URL 編集

TBさせていただきました。
私は今回の決議かなり評価してます。今までの日本外交ならアメリカに泣きついて議長声明がやっとでしょう。今回は即、自ら制裁決議を提出し内容が後退したものの拒否権を発動されず全会一致で可決したのは驚いてます。
今後ですが、中国の言うことさえ聞かなくなった北朝鮮に外交的解決は難しいのではないかと思います。次にミサイル発射を準備した場合、何らかの軍事的オプションも検討しなければならないときではないかと思います。

2006年07月20日 haru URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。