スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国、北朝鮮説得に手詰まり 日本非難で国際世論誘導

 中国はどうやら北朝鮮の説得が失敗に終わりそうです。中国は日本で出ている「敵基地攻撃論」に対し、渡りに船とばかりこれを批判して日本の強硬姿勢をなんとか和らげようとしています。

 ・外交部:北朝鮮ミサイル問題、交渉に手詰まり感(中国情報局)

  中国外交部は13日に定例記者会見を行った。姜瑜・報道官は「事態を好転させるためには中国だけの努力では不十分だ」と述べ、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)のミサイル発射を受けて同国と行っている交渉に手詰まり感があることを暗に示した。

  姜報道官は「中国は朝鮮半島及び北東アジアの平和と安定を守ること、6カ国協議を進展させること、安保理の団結を維持することの3点に尽力している」「安保理もこれら3点にプラスになるように行動すべきだ」と制裁決議案を牽制した。

  一方で「これら3点を実現し、6カ国協議を早期開催するためには中国だけの努力では不十分だ」「事態を好転させるために関係諸国が積極的に行動することを希望する」と述べ、北朝鮮との交渉に手詰まり感があることを暗に示した。

  なお姜報道官は北朝鮮を訪問している外交部の武大偉・副部長がキム・ゲグァン(金桂冠)外務次官やその他の外務省関係者と会談していることを明らかにした。(編集担当:菅原大輔)


 ・外交部:敵基地攻撃論を非難「火に油を注ぐ行為だ」(中国情報局)

  北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)のミサイル発射を受けて日本の政府・与党から敵基地攻撃能力保有に関する発言が相次いでいることに関連して、中国外交部は「国際社会の外交努力を妨害する行為だ」と強く非難する姜瑜・報道官のコメントを公式サイトに12日付で掲載した。

  姜報道官のコメントは「最近、日本では機先を制して北朝鮮をたたくといった言動がたびたびなされているが、中国政府はどのように受け止めているか」との記者の質問に答えたもの。

  姜報道官は「国際社会が全力で外交努力に奔走しているときに、日本は機先を制して他国をたたくといった言動を繰り返している」「火に油を注ぐ行為であり、無責任極まりない。外交努力を妨害する行為で北東アジアの緊張を増すだけだ」と強く非難した。

  なお姜報道官は11日の定例記者会見で「関係各国は地域の平和と安定のために自制心を持って冷静に行動することを期待する」と述べるにとどまっていた。(編集担当:菅原大輔)


 私は今までこの「敵基地攻撃論」に対して何もコメントしていませんでした。防衛庁長官はどうも「敵基地攻撃論」と言う方向で話したわけではないし、安倍官房長官も同じだと思っています。

 ミサイル防衛はある意味時間との戦いですし、たった一度の失敗で国民が大打撃を食らう可能性があります。だからこそ、ミサイル発射の朝貢を掴んだ時点で叩く攻撃も視野に入れればミサイル防衛がより確実性のあるものになる、と言う意図で発言したと思っていました。

 しかし、中国や韓国はここぞとばかりに「先制攻撃論」へと議論を無理矢理誘導しています。この辺りは日本でも朝日新聞がこのような論調を採っており、出発点から捏造の雰囲気がありありでとても論ずる気にはなれませんでした。

 ただ、防衛庁長官も官房長官も多少軽率であったことは確かです。制裁が不透明なこの時点で、北朝鮮を完全に敵国としてミサイル発射以前に基地を攻撃できる可能性に言及するのは中国や韓国が反応するのが予想できるはずです。

 と言うことで私としてはこの時期に「敵基地攻撃論」を議論することに意味を感じていませんでした。
 それはともかく、朝日新聞などの世論誘導で若干日本の世論の中に「安保理決議で中ロ側の案にすり寄る」ことが正しいかのような意見が出てきているのは残念です。国際世論としては日本政府の意見に同調する国が多いのですが、日本自身が強気の反応にためらいが出ているため、非難決議になであろうというのが現時点での正直な見通しです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年07月14日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

何者でしょう。

日本メディアが「叩いてくれ」ってまた工作したんじゃないでしょうね。
質問の仕方によっては回答を誘導することは可能ですから。

2006年07月14日 煬帝 URL 編集

なら、戦後外交で特筆すべき勝利になるかもしれませんw
まあ、そんなの、中国だけでしょう。
韓国の大手メディアなんて、冷静なもんで、大統領は、批判する優先順序が違うとか非難GO、GOです。

2006年07月14日 k(kmura) URL 編集

中国はエネルギーの70%、食料の30%以上を北朝鮮に供給している。そんな国に金将軍はNOと言えるだろうか?

もういい加減、表の話をするのは止めにして、ホントの話をしよう!黒幕はアンタだろ!北朝鮮そのものがアンタの外交カード!ミサイル技術、燃料その他諸々お抱え実験、演習じゃないの!?
まさか国連常任理事国がミサイルテロの情報収集のために北朝鮮をあやつっていたとはねえ・・・・。

前にも提起したけれど
仮に今
①北朝鮮で軍部クーデター勃発、失敗
②一部グループの台湾逃走
③国内治安維持のための解放軍の台湾進駐(攻勢)
以上の行動をとった中国を「ひとつの中国論」を承認している国連は非難できるだろうか?

2006年07月15日 あきら URL 編集

 ここまで追い込んで中共と朝日ごときに挽回されたら許さない!

小泉が毅然とした態度を取れるかどうか。
それだけの話。

 それにしても、今更、中国&朝日のマッチポンプを信じる奴もどうかしてる。

2006年07月15日 DRACHE URL 編集

中国は飼い犬の金正日が言うこと聞かないんだから、どうしたらいいのか本気で考えろよな。昔は胡錦濤って切れ者だと思ってたけど、実際は全く切れないナマクラかよ。

2006年07月16日 worldwalker (・∀・) URL 編集

煬帝さん、
ちなみにこの記事の記者ははっきり言って中国側のプロパガンダしか記事にしない人です。

k(kmura)さん、
非難決議しかできなかったのはしょうがないですが、それでも日本の姿勢を国際社会にアピールすることは出来ましたね。

あきらさん、
結局は非難決議だけで、北朝鮮は言うことを聞くはずもないし、ノドンやスカッドはデータを収集したので、中国経由で売り込んでやろうという魂胆なのでしょうね。

DRACHEさん、
結局は日本の外交、というか国連安保理の限界を見せつけられた形ですね。

worldwalker (・∀・)さん、
今のままでは胡錦涛は本当にやりたいことが明確になっていませんね。

2006年07月17日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。