スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

水谷建設脱税事件、さらに色々と・・・

 先日水谷建設脱税事件について多少記事を書いたのですが、その後もさらに進展し続けています。私は関係者でもなんでもないので内情はよく分かりませんが、たくさん記事を見ていると記事に書いていないことも補完できてなかなか興味深いです。

 ・水谷建設裏金4ルート 北支援NGO/元三重県知事/福島県知事/フィクサー(産経新聞)

レインボーブリッヂに2億6000万円

 脱税容疑で幹部が逮捕された水谷建設が過去数年間で、北朝鮮支援のNGO(非政府組織)「レインボーブリッヂ」に計約2億6000万円の資金を提供していたことが関係者の話で分かった。同社の脱税事件をめぐっては多岐にわたる関係者が浮上、東京地検特捜部の捜索を受けている。(1)NGO(2)北川正恭・元三重県知事の元秘書(3)福島県知事の実弟(4)政財界と太いパイプがあるフィクサー-の4ルートで特捜部は裏金の使途解明を進めているもようだ。いずれの関係者も、脱税を主導したとされる水谷建設の水谷功元会長(61)と親密という。

≪「北」≫

 NGO「レインボーブリッヂ」と事務局長の自宅は9日に捜索を受けた。同団体は北朝鮮に食料や衣料、タイヤチップを送るなどの支援活動を続けている。

 同団体によると、事務局長と水谷元会長は同郷で古くから付き合いがあった。水谷建設は3、4年前に、北朝鮮の災害復旧支援名目で中古の重機や乗用車、発電機など4億円前後の物資を無償提供。また、団体職員らの北朝鮮渡航費用なども出していた。

 事務局員は「日朝の国交正常化が実現したときに、局長が北朝鮮側に水谷建設を紹介するという条件で、同社が先行投資した。NGOの運営資金への寄付があったかは知らない」と話した。

 だが、水谷建設からの提供資金は約2億6000万円に上り、特捜部は同団体が北朝鮮に不正送金していたかも含め、資金の流れを追及するとみられる。

 ゼネコン関係者は「水谷建設は北朝鮮の砂利利権を狙っていた。こうした支援には元国会議員秘書が絡んでいる」と指摘している。

≪中部空港≫

 北川元知事の衆院議員時代の公設秘書が親密な三重県内の会社が10日、捜索対象となった。水谷建設の関連会社「日起建設」(愛知県愛西市)が中部国際空港の護岸建設工事を元秘書の親密会社に孫請け発注した際、工事費を約2億円水増し。これに元秘書が関与していたという。

 水谷元会長は日起建設株を約35%保有する筆頭株主で、同社会長を務めていたこともあった。同社は昨年12月、独立行政法人「雇用・能力開発機構」から助成金約1億5000万円を詐取したとして、特捜部の捜索を受けている。

≪土地取引≫

 佐藤栄佐久・福島県知事の実弟宅と実弟が経営する縫製会社「郡山三東スーツ」(同県本宮町)、前田建設工業も捜索を受けた。

 関係者によると、スーツ社は平成13年3月と7月に、本社があった同県郡山市の土地を担保に前田建設側から計4億円の融資を受けた。14年8月に担保の土地を水谷建設に計9億7000万円で売却、前田建設側からの融資を返済した。この土地に地元銀行などが設定した根抵当権(極度額計8億9000万円)も抹消されており、土地の売却益で借入金を大幅に減らしたという。

 前田建設は、12年に福島県が発注した木戸ダム建設工事を建設2社と共同企業体(JV)を組み約200億円で受注。水谷建設が掘削工事などを下請け受注した。

 スーツ社が水谷建設に売却した土地価格は実勢価格に比べ高額と指摘され、「水谷による何らかの利益供与では」と見る向きがある。

 佐藤知事は14年5月までスーツ社取締役を務め、約4割の株式を保有する筆頭株主だったが、「経営にはノータッチ」などと疑惑を否定していた。

≪原発≫

 政財界と太い人脈を持ち、「フィクサー」といわれる元会社役員が設立した東京都港区の建設会社も捜索対象となった。

 水谷建設は東京電力福島第2原発の残土処理事業を前田建設から約60億円で下請け受注。そのうえで水谷建設は、フィクサーが設立した建設会社に土砂運搬を発注した。その際、発注額を約2億4000万円水増ししたとされ、国税当局がリベートと認定。これを含め、14年8月期までの3年間で約3億円余りの所得隠しを指摘された。

 このほか、水谷建設はフィクサーが関係する複数社に貸付金名目で多額の資金提供をしていた疑いもあるという。フィクサーは有力国会議員とのつながりが特に強いとされ、政界関係者は「多額のパーティー券代など政治資金の面倒をみていた」と指摘する。

 また、同残土処理事業をめぐり、水谷建設からコンサルタント料名目で約1億2000万円のリベートが渡った出版社「行政問題研究所」も捜索を受けた。



 ・水谷建設元会長逮捕、永田町恐々…「自民党中枢」も(産経新聞)

 脱税事件で元会長らが東京地検特捜部に逮捕された中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)。貸し倒れなどを装う手口で、隠れ所得の総額は約20億円にものぼるという。不正経理の使途不明金は、政財界に近い建設会社や出版社にリベートとして流れた疑いが強い。特捜部はすでに、佐藤栄佐久・福島県知事や北川正恭・元三重県知事(現早大大学院教授)周辺の捜査に着手。また、政界波及に向け、特捜部の秋の人事が一部凍結されたとの情報もあり、永田町周辺も慌ただしさを増している。

 今回の脱税事件で、特捜部の家宅捜索は、政界関係者の周辺に及んでいる。主な捜索先は以下のとおり。

 (1)佐藤知事の実弟が経営する紳士服縫製会社「郡山三東スーツ」(栃木県本宮町)と弟宅。佐藤知事は水谷建設について「一昨年まで知らなかった」。実弟の会社は「私の父が創業した会社。株主であることは間違いない」と説明した。

 (2)土木建設会社(三重県四日市市)。北川元知事の元秘書が親密な関係にあった。元秘書は北川元知事が衆院議員時代、公設第1秘書。15年、中部国際空港建設をめぐり、水谷建設の水谷功元会長(61)=法人税法違反容疑で逮捕、顔写真=が大株主の「日起建設」(愛知県愛西市)が2億円の所得隠しを指摘された際、土木会社は孫請けとして登場した。


水谷建設本社への家宅捜索では大量の段ボールが押収された=8日午後、三重県桑名市
 (3)「行政問題研究所」(行研、東京都千代田区)。代表(72)は政界に幅広い人脈を持つ。政財界向けに月刊誌を発行している。

 (4)建設会社(港区)。幅広い政界人脈、電力業界などの財界にも力を持つ「フィクサー」とされる元警備会社役員が設立した。

 行研は水谷建設が請け負った福島第2原発の残土処理に関連して、同社から1億2000万円をコンサルタント料名目で受領した。名古屋国税局はこの支出と建設会社に支払われた2億4000万円について、業務実体のないリベートと判断、15年に水谷建設から追徴課税している。

 水谷建設をめぐっては、永田町との噂が絶えない。

 15年8月期には、中部国際空港(セントレア)造成工事に伴う砂利供給の受注で売り上げを伸ばしたとされる。原子力発電所やダム工事での実績も多く、「ゼネコンよりも元気がいい」(業界関係者)ともいわれる。

 ただ、“砂利利権”をめぐっては、「自民党を中枢で操った実力者」「九州の大物政治家」の名が、セントレアでは「建設業界に強い影響力を持つ国会議員」の名が取りざたされている。


水谷功容疑者を乗せて、東京拘置所に入る捜査車両=12日午後、東京・小菅
 水谷容疑者が「人手が集めやすい」と気に入り、東日本支社まで設立した福島県にも、水谷容疑者との親密な国会議員がいるという。

 水谷容疑者が政財界に接近したのは、なぜか。

 水谷建設は、個人商店から全国屈指のサブコン(1次下請け業者)に急成長した。業界不況にもかかわらず、空港や原発、ダムなどの大型プロジェクトを請け負ってきた。「工事に目をつけると、地元で一番力を持った政治家や財界人に急接近する」(関係者)手法で、次々に落札していったという。

 民間信用調査機関などによると、大型重機を多数保有し、ゼネコンから幅広く工事を受注する手法で業容を拡大。近年は旧日本道路公団や地方自治体工事の直接受注にも力を入れ、昨年8月期は売上高約444億円。

 一方、特捜部では水谷建設と非政府組織(NGO)「レインボーブリッヂ」(中央区)との関係にも関心を寄せる。同団体は北朝鮮に廃タイヤチップなどを無償提供する人道支援で知られる。

 同団体事務局によると、水谷建設から計約3億円相当の中古重機の提供を受け、北朝鮮政府に譲渡した。同社から輸送費も寄付されたという。事務局は「不正にはかかわっていない」としている。水谷側には「国交正常化した場合の良好な関係作り」(関係者)の思惑があったとみられるが、政治家の介入があったかが焦点となっている。




 参考記事3:北支援NGOへ2億6000万円 水谷建設提供 4ルートで裏金捜査(産経新聞)
 参考記事4:水谷建設元会長、取材に応じる 東京地検、近く聴取へ(朝日新聞)
 参考記事5:前田建設工業を特捜部が捜索…水谷建設脱税事件 (夕刊フジ)
 参考記事6:水谷建設脱税 元会長が容疑認める(産経新聞)
 参考記事7:「わたしの役割終わった」 拉致問題でNGO事務局長 予想外の反発に戸惑い(共同通信)
 参考記事8:福島原発残土処理疑惑に登場する「行研」と、東京電力との繋がり(情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ))
 参考記事9:水谷建設、架空売却損さらに2億円か(読売新聞)



 参考動画:2006 0710 NHK 水谷建設 脱税事件 不正資金はどこへ?

 以上たくさん並べてしまったのですが、たくさん読んでいると色々な関係が見えてきます。

 ちなみに、前回の記事ももしよろしければ見てください。

 ・水谷建設脱税事件、今後の展開は?(追記) (当ブログ)

 それでは、さらに分かった関係について整理します。整理の仕方は一番最初の参考記事の4ルートで分けるのがいいと思いますので、そのまま使います。

1.北朝鮮利権
 水谷元会長と小坂浩彰レインボーブリッヂ事務局長同郷で旧知らしく、水谷建設から同団体に、4億円前後の物資を無償提供するとともにNGO職員らの北朝鮮渡航費用なども出していた。
 それとは別に、北朝鮮への紹介料の意味合いで約2億6000万円にも上る資金を提供しており、その資金の流れや使途を追求している。レインボーブリッヂは三重県選出の坂口力元厚生労働相(公明党)や片山虎之助元総務相(自民党)への応援を行っており、その関係が焦点となる可能性もある。
 さらに言えば、坂口力元厚生労働相と次の項目で記載する予定の北川元三重県知事(元衆議院議員)は同じ三重県を地盤とする政治家で、その関係も注目である。

2.中部空港
 水谷建設の関連会社「日起建設」(愛知県愛西市、水谷元会長が筆頭株主)が中部国際空港の護岸建設工事を元秘書の親密会社に孫請け発注した際、工事費を約2億円水増ししたとされている。これに元秘書が関与していたという。
 さらに日起建設は、外国人研修受け入れ施設建設の助成金約1億5000万円を独立行政法人「雇用・能力開発機構」から受給したが、研修目的とは別な本社を建設し研修は一度も開いたことがないとして捜索を受けている。水谷建設も関連会社として捜索を受けた。

3.土地取引
 佐藤栄佐久福島県知事の実弟が経営する「郡山三東スーツ」(福島県本宮町)は郡山市の土地を担保として前田建設工業から計4億円の融資を受け、さらに担保の土地を水谷建設に計9億7000万円で売却して前田建設工業からの融資を返済した。ここでの土地の売却価格は実勢価格よりも割高であったため、何らかの利益供与の可能性もある。
この件に関して、「郡山三東スーツ」、前田建設工業は捜索を受けた。佐藤知事はこの件に関して自らの関与を否定している。

4.原発
 東京電力福島第2原発の残土処理事業に関して、前田建設工業が受注したものを水谷建設が約60億円で受注、さらにそのうち土砂運搬を日安建設に受注した。国税当局は日安建設への受注額を約2億4000万円水増ししたとしてリベートとして認定した。日安建設には亀井静香議員が関与していると思われている。
 また、この発注に関連して行政問題研究所(竹内陽一会長)へもコンサルタント料名目でリベートを払ったとされ、日安建設と行政問題研究所は捜索を受けている。

 今のところ判明したのは以上です。ただ、ネット上を探し回ればもっと色々な「断片的」情報があると思うので、ひょっとしたらもう少し事実関係が分かるかもしれません。


 ※ ここに書いてある内容は、玉石混交でかつ事実確認などを行っていません。信じる信じないはご自身の判断でお願いします。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年07月14日 政治 トラックバック:- コメント:4

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006年07月14日 編集

ここのところの「経済事件」は当局が狙い撃ちをやってるように見えますね。

公安筋が裏で情報出して、刑事部や地検特捜部が動いてるのでは?

勿論、本丸は某国関係でしょう。

2006年07月14日 煬帝 URL 編集

いろいろ関係ある地名とか通り道の話しとか出てきているので
ドキドキしながら経過をみてます。
昔からなぜか福島は収賄が横行してるから
そう言う意味でやりやすかったのかしら?<水谷建設
そういえば、会長って「やばくなったら北○鮮に逃げればいい」って
言ってたのに、どうして逃げなかったんだろ?

2006年07月14日 つっきーというかあや URL 編集

4億円前後の物資を無償提供って普通に考えたらおかしいよな(笑)
その重機が反日のために北朝鮮で使われてるんだからな。税関はもっとちゃんと仕事してくれよな。

2006年07月16日 worldwalker (・∀・) URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。