スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

重村教授、田中均氏と「ミスターX」の売国外交を糾弾

 どの程度信憑性があるのかは分かりません。しかし、これが本当であれば非常に大きな問題です。日本の外交がたった一人の人物に私物化されていた事実は、とても許されるべきものではありません。

 ・【拉致問題】重村教授、衝撃暴露---「売国外交」とミスターXの正体

 重村智計早大教授が、このほど出版した本の中で、5年前の拉致被害者を巡る北朝鮮側の交渉相手「ミスターX」の正体を暴露し、田中均元外務省アジア大洋州局長と「ミスターX」なる北朝鮮高官による交渉を「売国外交」と断罪、外務省の秘密外交を厳しく糾弾している。

重村氏によれば、田中局長が交渉相手に選んだのは、北朝鮮の要人ではなく、秘密警察機関である国家安全保衛部第一副部長の金チョルという偽名を持つ45歳の男だったという。田中局長は金チョルに驚くべき提案を持ちかけた。「生きている拉致被害者を4~5人程度出せばいい、後は国交正常化してから段階的に解決すればいい」。
2002年9月に平壌で行われた日朝首脳会談に金チョルは密かに同席していたという。
その際、田中局長は、外務省の幹部にさえ金チョルの名前と肩書を教えなかったというから言語道断だ。

田中局長の「売国外交」の圧巻は、小泉総理が電撃訪朝を果たした翌月、蓮池さんら5人の拉致被害者が帰国した時だった。この時、田中局長はあろうことか、ミスターXとの約束だとして、5人を北朝鮮に戻そうとしたのだった。田中局長は、5人の人生よりもミスターXとの個人的関係を重視したのである。そんな田中局長に中山参与(当時)は厳しい言葉を口にした。「局長、あなたがやっているのは外交ではない。北朝鮮への“お願い”だ。外交官なら、お願いをやめて外交をやりなさい」。

こうしたことから重村教授は、田中局長が「’03年1月1日からの国交正常化」と「毎年15億ドル6年間の経済協力」の約束をしていたのは間違いないだろうと結論づけている。
一外交官が勝手に国交正常化の日取りと北朝鮮への援助額まで、工作機関の幹部の金チョル氏と決めていたとしたら「売国外交」以外の何物でもない、と憤る。

田中局長は一連の秘密交渉の外交文書さえ残していないので、外交官とは言えません。
日米同盟をまるで無視して米国にも秘密でやっていた。現在の日朝関係の齟齬(そご)は、全て田中局長が行っていた秘密外交に起因するのです。既に外務省を退職した田中氏だが、小泉外交の真相を明らかにすべきだと言う。

朝日放送(ABCテレビ)06.07.10「ムーブ!」
動画:http://www.youtube.com/watch?v=_00g1qJojNY
テキストのソース:
2ch
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1152602278/


 これって私は知らなかったのですが、今までミスターXって誰だか報道されたことはありました?別に外交を個人的なパイプに頼って行うこと自体は否定しないし、そんなことはいくらでもあると思うのですが、それを外務省にも報告しないというのはおかしなことです。

 しかし、そんなことも些細なことと思えてしまうのは、「生きている拉致被害者を4~5人程度出せばいい、後は国交正常化してから段階的に解決すればいい」という言動や5人を北朝鮮に戻そうとした行為です。拉致は紛れもなく犯罪です。しかも国家ぐるみで犯罪を行っているのです。そんな北朝鮮に国交正常化ありきの外交を行い、拉致被害者の立場も考えない彼には外交官としての資格以前に日本国民としての資格もありません。

 こんな人間が外務省を辞めても未だに講演会などをして、人にものを教える立場におり、のうのうと暮らしていることに腹が立ちます。本人からは是非弁解を聞きたいものです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年07月11日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

 大抵、講演会などで起こっていた。
 まあ、今の日本でそんな事はないと思うが・・・
 顔の形が変わる位殴られても文句は言わないように。

2006年07月11日 どらっへ URL 編集

これ、生でテレビで見ました。
たぶん、関西ローカルの番組。
また、youtubeあたりでUPされるでしょ。

2006年07月11日 worldwalker URL 編集

朝まで生TVで天木氏が責めようとしていたのはこの事だったんです。

一太やさつき、おまけに田原総一郎までが「秘密外交で何故悪い?公文書に残らない外交だってドンドンやるべきだ」と叫び狂っていました。

私はその有様を見て、「これが元国連職員か?」「これが元大蔵主計官か?」と愕然としましたね。

重村氏、余程あれから考えていたと見えますね。
私はこう言う「超法規的な外交」など認めないです。
こんな事をしていては、「誰からも裁かれない悪事」をも容認する事になってしまいます。

2006年07月11日 三輪耀山 URL 編集

利害が一致しての秘密外交は記録にも残らずに埋もれてくんでしょうが、個人が功に焦って勝手に信用出来ない国の当局者と約束してたら問題がややこしくなるのは当然。
北朝鮮側にも「日本は信用ならない」との印象を与えただろうし。

向こうが「違約、違約」と騒いでたのはこのことだったのかな。

外務省にラスプーチンは何人いるんでしょう。

2006年07月11日 煬帝 URL 編集

どらっへさん、
田中氏は本当に右翼辺りから狙われてもおかしくなさそうですね。

worldwalkerさん、
youtubeの動画は確保しました。ありがとうございます。

三輪耀山さん、
ご訪問ありがとうございます。
防衛庁の秘密漏洩は非常に大きな話題になりますが、実は外務省の秘密漏洩は恒常的でしかもクリティカルなものが多いと懸念しています。

煬帝さん、
ひょっとしたら上級職(1種でしたっけ)の人全てがラスプーチンかもしれません(苦笑)

2006年07月12日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。