スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

北朝鮮非難国連決議、あとは中国次第?

 ロシアはサミットを控えて、国連決議に拒否権を発動させない雰囲気です。それに対して中国の態度は依然として不明であり、どうなるかが注目されます。

 ・日本、露取り込みへ全力 対北決議案へ中国封じ(産経新聞)

 政府は国際社会による対北朝鮮包囲網の構築に向け、国連安全保障理事会などを舞台に激しい外交攻勢を展開している。最大のターゲットは、日本の制裁決議案に反対し、拘束力のない議長声明案を提示し北朝鮮寄りの姿勢を見せる中国。その中国の外堀を埋めようと、まずはロシアの説得に全力を挙げる。主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)を15日に控え、議長国ロシアの協力をとりつけ、安保理理事国15カ国のうち中国だけが反対という構図をつくりたい考えだ。
 「中露両国が譲らなければ採決する。全会一致の議長声明より、両国が棄権した制裁決議の方がよい」

 首相周辺は7日夜、日本は制裁決議案を取り下げず中露両国に妥協を迫り、協力が得られなければ採決に打って出る方針を打ち明けた。政府筋も「明日、明後日が勝負だ」とし、8日以降に国連本部などで行われる5常任理事国と日本の非公式会合で、こうした方針を伝える考えを示した。

 小泉純一郎首相も7日夜、首相官邸で谷内正太郎外務事務次官らと対応を協議し、「議長声明ではなく、安保理決議でないと意味がない」(安倍晋三官房長官)との方針を確認した。

 ミサイル開発や実験の即時停止などを義務付けた決議の採択には、安保理メンバー15カ国のうち9カ国の賛成が必要。むろん常任理事国5カ国が「拒否権」を発動しないことが大前提だ。

 政府がロシアの説得に全力を挙げるのは、「ロシアを説得し14対1になれば中国は拒否権を使えないはずだ」(政府筋)とみているからだ。仮に、中国が採択を棄権してもロシアを含む14カ国が賛成すれば、国際社会が一致して強いメッセージを送ることになるとの判断もある。

 ロシアが初の議長国を務めるサミットには、自由と民主主義の価値観を共有する日米欧各国が集まるだけに、政府内には「制裁決議採択の流れには抗しきれないのではないか」(外務省幹部)との読みもある。大国のメンツにかけ、安保理とサミットでダブルスタンダード(二重基準)はとれないというわけだ。

 麻生太郎外相は7日、ライス米国務長官など主要国(G8)の外相に電話攻勢をかけ、ロシアのラブロフ外相には決議採択への協力を求め、「サミットでも断固たるメッセージを発出することが重要だ」と要請。ラブロフ外相も「サミットで論議する用意がある」と応じた。

 ロシアは今回のサミットで、米国がロシア国内の人権問題や民主化などの問題を取り上げることを警戒。北方領土問題を抱える日本が米国に同調し、サミットで対露批判を繰り広げることを懸念しているとされる。このため、北朝鮮の拉致問題などをサミットの議題に取り上げることで、日本の協力を取り付けたいとの思惑があるようだ。


 ・北制裁決議案、7か国が共同提案…10日採決の方針(読売新聞)

 【ニューヨーク=白川義和】国連安全保障理事会の非公式協議が7日午後(日本時間8日未明)開かれ、日本は北朝鮮のミサイル発射を非難し、制裁措置も盛り込んだ決議案を一部修正したうえで、米国、英国、フランスと共同で正式に提出した。

 デンマーク、スロバキア、ギリシャも加わり、7か国が共同提案国となる。中国は強硬に反対し、拒否権行使も辞さない構えだが、日米英仏は10日採決の方針で準備を進めている。

 安保理筋によると、この日の非公式協議では、中露を除く13か国が決議案の原則支持を表明。中国は「最善のアプローチは議長声明」とし、決議への反対を改めて示した。中国の王光亜・国連大使は記者団に対し、決議案が採決にかけられた場合、「安保理の一体性はなくなる」と主張。「すべての可能性がテーブルにある」と述べ、拒否権行使を排除しなかった。採択されるには、理事国15か国のうち、9か国以上の賛成が必要で、常任理事国が拒否権を行使しないことが条件となる。

 安保理筋によると、中国と同様に議長声明を主張してきたロシアは、この日の協議では全く発言しなかった。「棄権する意思を暗黙のうちに示した」との見方も出ている。

 中露には今後、〈1〉拒否権行使〈2〉棄権〈3〉決議案の修正要求――の選択肢がある。拒否権行使の場合、国際社会から「ミサイル発射を支持するのか」と非難されるのは避けられない。棄権は決議案の黙認といえ、自国の影響力低下につながる。決議案の大幅修正も、日米英仏は「応じない」としており、少数派の中露が包囲された形になった。

 決議案は、核開発を宣言している北朝鮮のミサイル発射は「国際平和と安全への脅威」とし、制裁や武力行使を可能にする国連憲章7章下で安保理が行動すると規定。北朝鮮にミサイル開発の即時停止や発射凍結の再確認などを命じている。核問題では、6か国協議への無条件即時復帰と核関連活動の停止を要求した。

 制裁措置としては、北朝鮮の大量破壊兵器開発につながる物資や資金の移転の阻止を国連加盟国に義務づけた。この部分は原案のままで、新たに、北朝鮮からのミサイルと関連物資、技術の調達を加盟国が阻止することも、修正部分として付け加えられた。

 大島賢三・国連大使は決議案提出後、記者団に「我々の断固たる姿勢を示した」と強調した。


 今回の国連決議が可決されることが一番良い結果であることは確かですが、それが修正されて骨抜きにされるくらいなら否決される方がましです。

 私は、今回の決議案でロシアが棄権し、中国が拒否権を発動させた場合、中国1国が北朝鮮に対して擁護しているという姿勢を国際社会に示すことになります。それはそれで北朝鮮と中国の親密な関係を国際社会が知ることになり、別の意味で意義深いことだと思います。

 とにかく変に妥協して決議が骨抜きになったり、議長声明などで誤魔化したりすることはなく、正々堂々と採決に向かうべきだと思います。

 もちろん、外務省は最後まで中国の説得を行うべきですが。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年07月09日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

国連決議---北による無視、違反そしてどうなるの?中国を除く全世界による経済制裁。中国からは堂々と食料、燃料が補給されていくわけで思ったほどの効果は期待できないでしょうね。

中国は、将来の「中台問題」のために北朝鮮という不安定因子は確保しておきたい。ミサイルを海洋実験して、ロシア衛星の赤外線センサーが本当に壊れていたという貴重な情報が手に入ったのは、中国の国益。東アジア地域に北朝鮮、中台、南沙ガス田などの問題を山積してアメリカの国防費を固定化するのも中国の国益。

北朝鮮、中国はリスク・国益と生存資材のバーターによって成立する属国、宗主国関係に他ならない。
「お前等のやってることは、全部まるっとお見通しだあ!」

2006年07月09日 あきら URL 編集

 同感です。
骨抜きよりも徹底抗戦で。

 その一方で否決されたときの7カ国による制裁の枠組みを整えておくべきです。

 しかし、バ韓国は相変わらず、馬鹿ですな。
 まあ、味方だと思ってませんが。

 あと、ミサイルの落下地点が北海道の南側の海に落ちていたのですね。
 マスコミも隠す必要は無いのに。

2006年07月09日 どらっへ URL 編集

そろそろ自分の尻に火が点いてて糖尿の将軍様の面倒見てる余裕なんか無いと思うんだけどなあ。

制裁受けてる北朝鮮を支え続けて自国が崩壊したら洒落にならん。

2006年07月09日 煬帝 URL 編集

中国とロシアが拒否権を行使する可能性。これで国連が一部の国際紛争に関して全く機能しない組織だといういうことが解った。日本は「こんなクソな組織辞めますわ」と言ってみればいい。
国連ってマジで無意味な組織だわ。

2006年07月09日 worldwalker (・∀・) URL 編集

あきらめなさい

2006年07月09日 おいどん URL 編集

国連分担金を小額納付しておいて、正当な主張に反対する国が国際社会をリードする立場にいるのは許せない。そもそもなんで一党独裁国家が国連の常任理事国になれるのか再考の余地あり。

2006年07月09日 憂国 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。