スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ガス田に関して日中局長級協議始まる

 今回の協議で、劇的な解決案が提示されることはないでしょう。話し合いによって解決できないのであれば、日本が主張する中間線の日本側で採掘を開始するのが一番の方法でしょう。

 ・日中ガス田協議始まる、議論は平行線の模様(読売新聞)

 【北京=東一真】東シナ海の天然ガス田開発をめぐる6回目の日中局長級協議が8日、北京市内の釣魚台国賓館で始まった。

 共同開発のあり方などについて、9日まで協議する。

 協議には日本側から佐々江賢一郎・外務省アジア大洋州局長、小平信因・資源エネルギー庁長官、中国側からは胡正躍・外務省アジア局長らが出席。佐々江局長は会議の冒頭で、「中国側の協力を得て協議を実りあるものにしたい」と述べ、中国側の譲歩を求めた。

 日本側はこれまで、翌檜(あすなろ)(中国名・龍井)、白樺(同・春暁)、など日中中間線周辺の4つのガス田の共同開発を提案。中国側は、翌檜ガス田の周辺海域と、尖閣諸島北側海域での共同開発を提案して対立しているが、8日の協議でも議論は平行線をたどった模様だ。


 ・ガス田開発:第6回日中実務者協議始まる(毎日新聞)

 【北京・大塚卓也】東シナ海のガス田開発をめぐる第6回日中実務者協議が8日、北京の釣魚台国賓館で始まった。5月中旬に東京で開かれた前回協議では、中国側が示した共同開発の対象海域に日本側が反発したまま意見の隔たりは埋まっておらず、中国側から新たな提案が示されるのかが焦点になる見通しだ。

 日本側の議長役を務める外務省の佐々江賢一郎アジア大洋州局長は会談の冒頭、中国外務省の胡正躍外務省アジア局長に「日中関係改善に向けた中国側の戦略の変化を注意して見ている。この問題の解決によって日中関係を更なる改善、発展に導きたい」と述べた。

 佐々江局長は会談に先立つ7日夜、記者団に「中国側から、これまでの立場よりずっと前進する前向きな対応を得たいと考えている」と述べた。


 ・中国側に提案内容の説明求める 日中ガス田協議開始(朝日新聞)

 東シナ海のガス田開発をめぐる日中両政府の局長級協議が8日、北京で始まった。日本側は、中国側が提案している南北2カ所の海域の共同開発案について詳しい説明を求めるほか、現場海域での衝突回避のため政府間での連絡を密にするホットライン開設を提案する方針。双方の立場に開きが大きいため、日本側は非公式協議も含め接点を探りたい考えだ。

 協議は2日間の日程で、日本側は外務省の佐々江賢一郎アジア大洋州局長ら、中国側は外務省の胡正躍(フー・チョンユエ)アジア局長らが出席。中国側は3月の協議で共同開発区域として南北2カ所の海域を提案したが、北側海域は日本が主張する日中の中間線をまたいでいる可能性があると指摘されている。また、南側の海域も日本が領有権を主張する尖閣諸島に近いため、「明確な範囲の説明を求めたい」(外務省幹部)としている。


 元々この海域は、両国の主張する排他的経済水域(EEZ)の範囲が重複するところです。とは言っても尖閣諸島の問題ではなく、排他的経済水域が重なり合うときに、「200海里以上でも大陸棚は大陸に存在する国家の排他的経済水域になる(これを自然延長論と言います)」のか、「両国間の中間線で分ける」のかで意見が合わないのです。

 「自然延長論」か「中間線」のどちらが正しいかと言うのは結論がありません。ただ、国際的に「中間線」を採るところの方が多く、世界の趨勢はそちらに傾いています。と言うより、「自然延長論」を主張する場合は、延長上に別の国家の排他的経済水域が存在しないところであれば別に問題はありません。

 中国は多分国際的なスタンダードよりも自分に都合のよい説を採用しているだけのことでしょう。これに関して、その主張を取り下げることが事実上不可能であるならば、日本側も自説の主張の裏付けとして中間線より日本側で採掘を開始するのが最良の方法でしょう。

 話し合いを何度もしている間に中国側の既成事実がどんどん積み上がっていきます。国際関係において重要なのは、「国際的にどう決められているか」よりも「当時国間の力関係によって問題が解決される」のです。中国のように強引に主張することを日本も少しは学んだ方がよいのかもしれません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年07月08日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

 さっさと完全に領土化してしまいましょう。
 尖閣に要塞でも作った方がいい。

 中国人は信用に値しない。

2006年07月08日 どらっへ URL 編集

粘り腰はあるけど、強気がたりませんねw
大陸棚主張は、アメリカとメキシコかどっか一例だけです無視してOK
朝日に出てくるような、田岡みたいな自称国際法専門家は燃やしときましょう~~

2006年07月09日 k(kmura) URL 編集

採掘してしまえばいい。

向こうがちょっかい出して来たら国連に上げましょう。
常任理事国が紛争当事国。
どうせ拒否権発動だろうけど、何もしないよりはずっと牽制の効果はある。

2006年07月09日 煬帝 URL 編集

とにかく、日本から中国へのカネの流れ(ODAと化学兵器除去費用含む)と、技術供与と、人的交流を全部やめてしまえ。
困った中国が泣きついて来るからさ。それから日本は国連脱退宣言やってみろ。
世界中が泣きついて来るから。米国も含めて。BSE毒牛も買わなくて済むんじゃないか。

2006年07月09日 worldwalker (・∀・) URL 編集

どらっへさん、
今となっては右翼が灯台を作ったことは称賛に値しますね。

k(kmura)さん、
国際的に自然延長論が問題となったのはチュニジア・リビア大陸棚事件や英仏海峡の問題程度でしょう。本当は論ずるにも値しないんですけど。

煬帝さん、
日本は中国に対して卑屈になりすぎていますね。本当にただ採掘すれば良いだけです。

worldwalker (・∀・)さん、
中国に対して流れている金を全部断ち切るのは非常に良いと思います。それをしてくれる政治家はいるのでしょうかね。

2006年07月09日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。