スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ヤフー中国、違法音楽ダウンロードで提訴へ

 以前中国の検索サイト百度(Baidu)のことを取り上げたことがある(参考1参考2)のですが、このサイトは著作権無視のMP3を検索出来るサービスを行い、提訴されて破れました。

 ヤフー中国も同様のサービスを行っているため、敗訴する可能性は極めて高いと言えるでしょう。

 ・ヤフー中国、百度に続いて音楽ダウンロードサービスで近く提訴(CNET Japan)

 EMI、Universal Musicなどのレーベル企業を抱える国際レコード連盟が数週間以内に雅虎中国(Yahoo!中国)を著作権法違反で提訴することが明らかになった。著作権法違反の疑いのあるサービスは雅虎中国の提供する音楽ダウンロードサービス「雅虎音楽捜索」。

 国際レコード連盟の会長であるJohn Kennedy氏は「雅虎中国は会員(レーベル企業)の権利を侵しつづけてきた。そこでわれわれは訴訟を起こすことを視野に入れた。もちろん願わくばお互いが協議して問題を解決したい」と語る。

 対して、目の前に訴訟が迫る雅虎中国はCNET中国の記者に対し「雅虎音楽捜索が提供するのは目録であって、違法コンテンツ自身ではないから権利侵害ではない」と反論する。加えて雅虎中国は「現在、EMI、Universal Musicらと業務提携で協議している最中だ」と語る。

 提供するのは目録(URLリンクの集まり)だから問題ないというのは疑問だ。2005年レーベル連合が雅虎音楽捜索と同様のコンセプトの「百度mp3捜索」を訴えたときも百度は同様の反論をした。しかし中国の法廷はその反論を認めなかった。音楽ファイル検索サービスの提供にとどまらず、中国ポップ、洋楽、日韓音楽などにカテゴリ分けし、人気の音楽ランキングをリストアップすることで、検索せずにマウスクリックだけで海賊版音楽がダウンロードでき、結果的に利用者を合法性があるかどうか不確定なコンテンツに誘導しているということが、違法性の決め手となった。雅虎音楽捜索のサービスも百度mp3捜索と同様「目録を提供している」ことから、百度と同様の道理で敗訴する可能性は高い。

 一方で雅虎中国と、その親会社の阿里巴巴は2005年末より中央電視台など中国のコンテンツベンダーと業務提携を結んでおり、その流れで国際的なレーベル企業と業務提携を行い、裁判沙汰を回避するという可能性もある。

 裁判の鍵となるのが、7月1日より施行された「信息网絡(情報ネットワーク)伝播権保護条例」により、百度や雅虎などの検索サービス提供者は権利人(コンテンツベンダー)に通知をし、権利人が侵害と認めたコンテンツに関してのみ検索サービス提供者はリンクを削除する義務が生じるようになった。この新条例により、解釈次第では、検索サービス提供ベンダーは新条例を守っていれば責任はなく、違法コンテンツを通知しないコンテンツベンダーに海賊版流通の責任があるとも捉えることができる。

 結末は裁判沙汰となるのか。裁判となったとき判決はどうなるか。この結果は将来の中国におけるネット上の海賊版音楽流通のあり方が見えてくるものとなるだろう。


 まさかヤフーがこんなことを・・・、と思っている方もいるかもしれませんが、ヤフー中国はすでに中国資本の傘下に入っています。

 参考:米ヤフー、中国で経営不振、買収合併で撤退をカムフラージュ(大紀元時報)

 中国でのポータルサイトは著作権を無視したものでないと生き残るのは難しい(ちなみにポータルの1位、2位は百度、ヤフー中国の順)と言われています。というか中国のほとんどのポータルが何らかの形で国際的に問題となるような著作権侵害を行っているのではないでしょうか。

 そして検索サイトは検閲が入り、政府の都合の悪い情報は検索しても出てきません。このように中国のインターネット環境は世界的に見て非常にいびつです。端的に言えば、「インターネット意識の後進国」なのでしょう。

 話が多少ずれましたが、中国は胡錦涛国家主席が訪米した際にも知的財産権の保護に力を入れると言明しています。今回の件はそう言った意味でも試金石となるでしょう。

 ちなみに私は中国が知的財産権で先進国並みとなる日は、まだ先の見えないほど遠い話だと思っています。ただ、その試み自体は否定するわけではないのですが、言論の自由を否定するような検閲システムに関して先になんとかすべきだと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年07月06日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

 ジャイアニズムな国だからなぁ。
提訴しても勝てるかどうか。
 中国は100年経っても今のままな気がする。

2006年07月07日 どらっへ URL 編集

無いでしょうねぇ……。
中国では「国内の知的財産を保護する制度」すらまともに機能していませんから。
ましてや海外の著作権なんて、守る気なんてさらさら無いでしょう。

どうせ提訴するなら、本国のYahoo!にしないと。
「中国支社の著作権保護を強化しないと、全額本社に請求するよ?」といえば、さすがのYahoo!も本腰を入れるんじゃないかな?
ブランド名を貸している以上「別会社だから」なんて言い訳は通らないしね。

まあ、中共に荷担する以上、それくらいのリスクは背負うべきでしょう。

2006年07月07日 you URL 編集

どらっへ さん、
一応百度は敗訴したので、今回も敗訴すると私は思っています。
ただ、中国の著作権に対する意識がすぐに改善するとは思えませんね。

youさん、
やはりヤフーが中国資本になってしまったので提訴に踏み切ったという面もあるのではないでしょうか。

2006年07月07日 さいごう URL 編集

世界の非常識。this is china.

世紀モノ4%で海賊版が96%

2006年07月09日 worldwalker (・∀・) URL 編集

そのくらいなんでしょうね。
中国だけでなく、先進国以外のほとんどの国に海賊版を売る店がたくさんありますよね。

中国は中でもひどすぎます。多分海賊版は中国から各国に輸出されている可能性が高いです。

2006年07月09日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。