スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

北朝鮮外務省、ミサイル発射に関して声明発表

 よくもこんなことが言えたものです。北朝鮮に対して口約束にしろ文書で交わした約束にしろ、なんの意味も持たないことがこれで新たに証明されたようなものです。すでに何回も証明されていますが・・・。

 ・≪ミサイルめぐる北朝鮮外務省報道官発言全文≫(聯合ニュースより)

 【ソウル6日聯合】北朝鮮は6日、外務省報道官の発言として、ミサイルを発射した事実を公式に認めた。発言は朝鮮中央通信記者の質問に答える形で行われ、「自衛的国防力強化のための軍事訓練の一環」と主張した。
 以下は北朝鮮が発表した外務省報道官発言の全文。

「朝鮮民主主義人民共和国外務省報道官は、われわれがミサイルを発射したことと関連し6日、朝鮮中央通信記者の質問に次のように回答した。

 わが軍隊がミサイルを発射したことと関連し、現在米国とそれに追従する日本のような一部の国が、違反だ、挑発だ、制裁だ、国連安全保障理事会に付託だ、などと言いながら、なにか大きなことでも起きたかのように奔走している。

 今回行われた成功的なミサイル発射は、自衛的国防力強化のため、わが軍隊が正常的に行った軍事訓練の一環だ。

 主権国家としてのわれわれのこうした合法的権利は、どのような国際法や日朝平壌宣言、6カ国協議共同声明のような二国間あるいは多国間合意に拘束されない。

 われわれはミサイル関連技術輸出規制(MTCR)に加入した加盟国でもなく、したがってこの制度によるどのような拘束も受けることはない。

 1999年にわれわれが米国と合意した長距離ミサイル試験発射の一時凍結(モラトリアム)について述べるなら、それは米朝間で対話が進行する期間に限ったものだ。

 しかしブッシュ政権は、先の政権がわれわれと交わしたすべての合意を無効化し、米朝間の対話を全面的に遮断した。

 すでにわれわれは2005年3月にミサイル発射一時凍結合意がどのような効力もないことを明らかにした。

 2002年にわれわれが日朝平壌宣言で日本と合意した長距離ミサイルの試験発射凍結も同様だ。

 われわれは日朝平壌宣言で、『宣言の精神に基づきミサイル発射の保留を2003年以降さらに延長する意向』を示した。

 これは日朝間の国交が正常化され、われわれに対する日本の過去清算が行われることを前提としたものだ。

 しかし日本当局は、われわれが拉致問題を完全に解決してやったにもかかわらず、自らの義務はなにひとつ履行しなかっただけでなく、むしろ米国の対北朝鮮敵対視政策に積極的に便乗し、拉致問題を国際化するなどわれわれの善意を悪用し、日朝関係全般を原点に戻した。

 こうした中でわれわれがこれまでミサイル発射を留保してきたことは大変な度量の表示だ。

 2005年9月19日の6カ国協議共同声明は、朝鮮半島の非核化実現のため各国がすべき義務を規定している。

 しかし米国は共同声明が採択されすぐにわれわれに対する金融制裁を実施し、これを通じた圧迫をさまざまな面から加えており、われわれを標的とした大規模な軍事演習のような脅威で共同声明の履行過程を全面的に妨げている。

 こうした中でわれわれだけが一方的にミサイル発射を保留する必要がないというのは、だれにとっても明白だ。

 事態がこうなったにもかかわらず、わが軍隊が自衛のため正常的に行うミサイル発射が、地域情勢を緊張させ、対話進展を妨げているという主張は完全に現実から目をそらした無理強いの論理だ。

 力の均衡が破壊されるとき、不安定と危機が造成され、戦争まで起きるということは歴史の教訓であり、今日のイラク情勢が見せる国際関係の冷酷な現実だ。

 万一われわれに強大な自衛的抑止力がなかったなら、米国は、悪の枢軸、核先制攻撃対象に指定したわれわれを何回も攻撃しただけでなく、朝鮮半島と地域の平和が完全に破壊されていたはずだ。

 結局われわれのミサイル開発と試験、生産と配備は、北東アジア地域の力のバランスを保障し、平和と安定を保障する主な要因となっている。

 われわれがミサイル発射について事前に通報しなかったと、挑発だなんだと言うことも言語道断だ。

 われわれと交戦関係、技術的に戦争状態にある米国が日本と組んで、すでに1カ月前からわれわれがミサイルを発射すれば迎撃すると騒いでいる中で、彼らにミサイル発射をあらかじめ通報することは実に愚かなことだ。

 米国と日本はわれわれの周辺で多くのミサイルを発射しながら、一度でもわれわれに通報したことがあるだろうか。

 6カ国協議の共同声明で公約した通り、朝鮮半島の非核化を対話と交渉を通じ平和的に実現しようというわれわれの意志は今も変わりがない。

 しかし、わが軍隊のミサイル発射訓練は、最初から6カ国協議とは無関係だ。

 わが軍隊は今回と同様に今後も自衛的抑止力強化の一環としてミサイル発射訓練を継続していくだろう。

 万一だれかがこれに文句をつけ圧力を加えようとするならば、われわれはやむを得ず他の形態のより強硬な物理的行動さえ取らずにはいられないだろう」


 なんて自分勝手な発言でしょう。これでもっともだと思う人はどれくらいいるのでしょう。

 そもそも日朝平壌宣言はそれほど個々の事例について詳しく書いているわけではありません。だからといってそれを北朝鮮の側から「反古にされた」と非難されるようなものでないことは確かです。

参考:日朝平壌宣言(外務省サイトより)

 彼らはことあるごとに「拉致問題は解決済みだ」と言います。いったいどれだけの日本人が拉致問題が解決したと思っているのでしょう。そんなことを思っているのは一人もいません。そんなことを思うのは北朝鮮の高官だけでしょう。

 ところで彼らは今回のミサイル発射を「自衛的国防力強化のため、わが軍隊が正常的に行った軍事訓練の一環だ」と主張していますが、弾道ミサイルの開発が「自衛的国防力」に当たるのでしょうか。周辺国の国民を恐怖に陥れるのが「正常的に行った軍事訓練の一環」なのでしょうか。

 これを言うと北朝鮮は、米国・日本・韓国などの行う合同演習こそが北朝鮮の脅威だと反論してきます。これに対しては、北朝鮮が核開発を即座に中止し、軍の透明性を高めればそんな演習も少なくなるでしょう。

 いい加減に周辺国を恫喝によってコントロールしようとし、援助をもらいながら政権の延命を計るのはやめにしてもらいたいです。皮肉なことに、日本は北朝鮮がミサイルを発射することで国防意識が強くなってきています。今回も北朝鮮が意図する結果にはならないでしょう。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年07月06日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:9

 やれば、ヤルほど、逆効果だと気付けよ。
 日本国民が望んでいるのは『北朝鮮の全面降伏』のみ。

2006年07月06日 どらっへ URL 編集

制裁しかありません
ごめんなさいするまで、やり続けなければ!
万景峰号を6ヶ月入港停止とはいわず、無期限でよかったと思います。

2006年07月06日 テツ URL 編集

「人工衛星の打ち上げ」じゃなかったの?>今回のミサイル発射
わざわざ前言撤回しちゃうなんて、馬鹿だねーw

ところで、ノドン・スカッド・テポドン2号と、「北朝鮮のミサイル発射ショー」と化した今回の件ですが、金融制裁を解除されていない今の北朝鮮に、発射した分のミサイルを補充するだけの余裕はあるのかな?
金融制裁で締め付けられて、あげく自国の貴重な資産を無駄にして、さらには国際的な非難を浴びている……。
北朝鮮にとっては、まさに「踏んだり蹴ったり」ですよねー。

ところで、このまま金融制裁を解除しなければ、北朝鮮は「自国の資金が底を突くまで」ミサイルを撃ち続けるのかな?
だとしたら、日本の取るべき道は「金融制裁だけして、あとは放置プレイ」なのかも知れませんね。
そうすれば、かの国は「勝手に国力を疲弊させてくれる」訳ですからw

2006年07月07日 you URL 編集

「開き直る時の模範解答です。全責任を相手に負わせること、無意味に長い文章にして論点を有耶無耶にすること、これがポイントです。これを憶えておくと国際社会で無法な行為をする時に大変役に立ちますよ。次の試験に出ますからねー」

2006年07月07日 煬帝 URL 編集

どらっへさん、
北朝鮮の自己正当化にはこりごりですね。

テツさん、
私もなぜ半年なのか理解に苦しみます。

youさん、
人工衛星説を渡りに船と乗ってしまった韓国は惨めですね(笑)

煬帝さん、
はーい(笑)
じゃあ「無法な行為」実習に行って来まーす。

2006年07月07日 さいごう URL 編集

北朝鮮への対応自体は、制裁だけ粛々と発動して、あとは放っておくのがベストでしょう。あと、平壌宣言なんて破棄すべきですね。

さて、私のブログでは、さいごうさまに愉快でない思いをさせてしまったようで、この場を借りてお詫びします。

2006年07月08日 猫研究員。 URL 編集

猫研究員さん、
こちらこそすいませんでした。
猫研究員さんになるべく迷惑がかからないようにあのようなコメントを入れたまでです。

あの人とは前にも私のブログ上で色々とあったんです。とりあえず「自分の説が正しい」と主張する人に対して議論するのは無駄だと思うので、これ以上あの件についての書き込みはしません。

一応念のために言っておくと、今でもあの人のあのエントリに対するコメントには賛成できません。それぞれの部分で納得行く部分は多いのですが、分析の仕方が独善的で、しかも一方からしか見ていないからです。

とりあえず私とは相容れないので、当分コメントは控えさせていただきます。申し訳ありません。

2006年07月08日 さいごう URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006年07月09日 編集

話し合っても無駄なので、金正日がどうやったらやめる気になるのか考えよう。

   :::::::::::/           ヽ::::::::::::
:::::::::::|  無  じ  金  i::::::::::::
:::::::::::.ゝ 能   つ   正  ノ::::::::::: 
:::::::::::/  だ  に  日 イ:::::::::::::
:::::  |  な。    は  ゙i  ::::::
   \_         ,,-'
――--、..,ヽ__  _,,-''
:::::::,-‐、,‐、ヽ. )ノ      _,,...- 
:::::_|/ 。|。ヽ|-i、      ∠_:::::::::
/. ` ' ● ' ニ 、     ,-、ヽ|:::::::::
ニ __l___ノ     |・ | |, -、::
/ ̄ _  | i     ゚r ー'  6 |::
|( ̄`'  )/ / ,..    i     '-
`ー---―' / '(__ )   ヽ 、   
====( i)==::::/      ,/ニニニ
:/     ヽ:::i       /;;;;;;;;;;;;;;;; 

2006年07月09日 worldwalker (・∀・) URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。