スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

相変わらずマッチポンプな毎日新聞

 毎日新聞は小沢民主党党首の訪中をべた褒めしています。しかし、どう考えても当たり障りのない、言ってしまえば「中身のない」会談しか出来なかった訪中だったと私は思います。

 ここには、毎日新聞がどうしても靖国神社参拝問題を大きくしたいという意図が見えるように思います。

 ・小沢氏訪中 久々に冷静な対話ができた(毎日新聞社説)

 中国側も日中関係を改善したがっている--。そんな印象を強く抱かせる会談だった。4日、北京で行われた民主党の小沢一郎代表と中国の胡錦涛国家主席との会談である。

 小泉純一郎首相の靖国参拝問題をきっかけに首脳間交流が途絶えるなか行われた今回の会談で、胡主席は靖国参拝問題には直接言及はしなかったものの、今の日中関係は「難しい局面にある」と3回繰り返したという。

 小泉首相は9月退陣を前に今年は終戦記念日の8月15日に靖国神社に参拝するのではないか。中国で昨春のような反日機運が再び強まれば、参拝を阻止できなかった中国指導部にも批判が向かう可能性がある……。そんな危機感も胡主席にあると思われる。

 これに対し、小沢氏は「今、中国に何か言われると、日本は爆発しそうな状況にある」と中国側にも自制を求めたという。

 靖国神社に合祀(ごうし)されているA級戦犯を事実上分祀したうえで、首相の参拝を実現させる。しかし、それは中国が反発するからではなく、あくまでも日本国内の問題として処理するというのが小沢氏の持論だ。中国が日本を批判すればするほど日本国内の対中国感情は悪化し、さらに話はこじれるというわけだ。

 日中間で売り言葉に買い言葉のような批判合戦が続いてきたことを思うと、久しぶりに冷静な対話だったのではなかろうか。

 アジア外交で行きづまっている小泉政権との違いをアピールする狙いが小沢氏にあるのは確かだ。中国側がそんな小沢氏を利用したかった意図も明らかだろう。だが、こうした思惑が双方にあるとしても、リーダー同士が率直に意見交換することの大切さを改めて感じないわけにはいかない。

 小沢氏と中国との関係には蓄積がある。小沢氏は89年からは毎春約30人の中国の若者を日本に招く事業も手がけている。今回、小沢氏と会談する「ポスト胡錦涛」候補の一人、李克強・遼寧省共産党委書記もこの活動の一環で岩手県の小沢氏の自宅に宿泊したことがあるという。こうしたパイプが今の自民党には極めて細くなっている点も指摘しておいていい。

 小沢氏は日米中3カ国の関係を正三角形に見立てて「中国と米国の間で日本が米中の橋渡しをする関係を」と言う。早速、安倍晋三官房長官は「正三角形は違う。日中は同盟関係ではなく、日本外交の基本は日米同盟だ」と反論し、麻生太郎外相も「普遍的な価値観を共有しているのは日米。二等辺三角形はありえるが正三角形という感じはない」と語った。

 日中間の諸問題の背景には、21世紀の中国を日米関係の中でどう位置づけていくかという重要な論点がある。日米中のあり方を論議するのは与野党ともに深めるべき課題である。

 ポスト小泉の候補者たちも首脳会談が途絶えた今の状態がいいとは思っていないはずだ。総裁選は日本外交のあり方に関しても議論を深化させる機会としたい。


 何度も言うようですが、靖国神社参拝を問題にしているのは中国で、首相、官房長官、外相が靖国参拝をしなければ問題視しないなどと自分勝手な要求まで突きつけているのです。

 中国はODAだけでなく、従軍慰安婦問題や遺棄化学兵器問題などで日本から多額の金をむしり取ってきました。その上日本を不当に貶めるため、南京大虐殺など根拠のない事件を利用してナショナリズムを高揚させ、国家としてのまとまりを維持してきました。

 言ってみれば日本は中国にとっての「打ち出の小槌」なのです。金はいくらでも出すし、謝罪しろと言ったら根拠のないことでも謝罪する。こんな関係が成熟した独立国家同士の関係として良いはずがありません。

 ただ、中国がここまで酷く日本を利用するようになってしまったのは、朝日新聞と毎日新聞による自虐史観のすり込みです。朝日新聞は自虐史観と左の理論をリードしているという自負があったので、こちらとしては突っ込みどころ満載なのですが、毎日新聞は市民の視点だかどうだかは知りませんが、非常にクオリティの低い記事ばっかり書いているので、批評するにも値しないものばかりでした。

 しかし、最近では石原都知事の発言捏造辺りから特にそのマッチポンプぶりが目立つようになり、非常に不快な新聞になってしまっています。

 今回の社説も小沢党首を評価しているのではなく、靖国神社参拝を大きな問題として扱っていこうとする姿勢が見え見えです。

 そんなに自分の国を不当に貶めることが楽しいのでしょうかね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年07月06日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

記事に忠実にポンプの本が出てきてますね。

2006年07月06日 おいどん URL 編集

もう「A級戦犯」なんてカテゴリーの人間は存在しない。
存在しないものを敢えて引き摺り出して絞首刑になった七人(+α)を貶めるなぞ日本人の道にもとる行為。

この話はもう何処の誰から振られても無視しようよ。

2006年07月06日 煬帝 URL 編集

 ニュース見てて、反吐が出る。
こんな奴を支持するのは左翼か媚中派だけだな。

 A級戦犯の意味を知らない奴が多すぎて困るよ。

2006年07月06日 どらっへ URL 編集

皆さん、コメントありがとうございました。

煬帝さんの仰るとおり、A級戦犯のことを蒸し返すのは本意ではないですが、出来る限り外国の批判に反対する意思があると表明していくのも意味があると思っています。

おいどんさん、
私も見て笑ってしまいました。

2006年07月06日 さいごう URL 編集

河野洋平と村山富市を殴ってやりたい。マジで。

2006年07月09日 worldwalker (・∀・) URL 編集

その二人がいなければ今のような日中関係もなかったんですけどね(苦笑)

2006年07月09日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。