スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

北朝鮮政府、日本マスコミを招待

 北朝鮮は拉致問題で、金英男氏の家族が果たした役割が予想以上に高評価なのでしょうか。日本のマスコミにもこの事実関係で説得が可能と判断したのでしょう。

 ・北朝鮮が日本メディアの訪朝推進、疑惑を積極説明(聯合ニュース)

 【ソウル3日聯合】北朝鮮が、金英男(キム・ヨンナム)さんの記者会見にもかかわらず、拉致被害者の横田めぐみさんの問題が沈静化しないことから、日本のメディアを平壌に招いて説明を行う見通しだ。
 日朝関係に精通した消息筋が3日に明らかにしたもので、北朝鮮が日本政府と非公式な接触を持ち、日本の取材陣を今月中に平壌に招くことについて話し合っているという。実現した場合、北朝鮮側はめぐみさんの生存や、遺骨の真偽をめぐる問題など、疑惑について積極的に説明するものとみられ、金英男さんとのインタビューや、めぐみさんの墓、当時の住居地公開、周辺人物の証言などが行われる見通しだ。

 北朝鮮側は、日本のメディアを招くことで、日朝の関係改善で障害となっているめぐみさんの問題に終止符を打ちたい考え。このため、日本側がこれを受け入れるかどうかと、日朝関係正常化の契機になるかが注目される。


 別にマスコミが行くのは構いませんが、どうせ北朝鮮の都合のよいことしか言わないのは目に見えています。さらに言えば、拉致被害者の言い訳さえ通ってしまえば、「娘は自分の選択で北朝鮮に残ろうとしているのだから何が悪い?」と言う理屈で来るであろう事は明らかです。

 すでに日本国内ではそのような論調が出始めています。「拉致問題ははっきりさせるべきだが、そこで出来た家族には選択できる権利がある」というのは一見正しいように思うのですが、完全な間違いです。

 もしその理屈が通るのであれば、前提条件として「北朝鮮政府がはっきりと拉致を認める」、「国家元首(金正日)が家族の前で謝罪する」という二点を行い、拉致被害者と家族を日本に全て帰した上で選択させるべきです。そうでなければ北朝鮮政府に100%圧力をかけられています。

 そこのところを、最近の一部の論調は誤解(もしくは意図的に理解)して目先の人情論に訴えようとしています。それがいかに拉致被害者と家族を恐怖に縛り付け、日本の国益を損ねるものであるかは想像に難くないです。

 ところで、この件に関しては総裁選に近づいたこの時期に行われる「工作」であるとの記事もあります。

 ・北工作活動激化か…「安倍総裁」阻止あの手この手(zakzak)

 北朝鮮が今年9月の自民党総裁選に向けて、工作活動を激化させている疑いが浮上した。今月中旬から来月中旬にかけて、マスコミ各社の訪朝を積極的に働きかけているうえ、「大物工作員」と指摘される人物の日本入国を画策しているのだ。対北朝鮮強硬派の安倍晋三官房長官の総裁就任を阻止し、自国に都合のいい総理総裁を誕生させようという狙いも指摘されている。

 公安当局によると、朝鮮対外文化連絡協会(対文協)は先月17日から21日まで、朝日新聞と毎日新聞、関西テレビ、共同通信を招待したほか、7月4日から8日まで、朝日新聞、NHK、TBS、共同通信を招待。また、8日から12日まで、業界紙幹部やマスコミOBで組織されたNGOを招待する予定。

 対文協とは、親北団体が訪朝する際の窓口であり、北の対外的な宣伝活動もおこなっている組織。だが、北の工作機関(主に労働党統一戦線部)の隠れみのともいわれており、海外に親北勢力を植え付け、増殖させる特殊任務を担当している。

 今回、対文協は「日朝協議の担当者である、宋日昊・日朝国交正常化交渉担当大使のインタビューをさせる」などといい、報道各社を勧誘しているという。

 さらに、北は日本政府が「工作員」としてビザ発給をストップした、対文協の洪善玉・副委員長と黄虎男・日本担当局長の日本入国を画策しているようなのだ。黄氏は平成12年12月、慰安婦問題で昭和天皇と日本国に一方的な有罪判決を下した、いわく付きの疑似裁判で北の検事役を務めた人物。

 安倍長官はかつて、「黄氏は小泉純一郎首相と金正日総書記の最初の首脳会談で通訳も務めているが、もともとは工作員として公安当局にマークされていた人物だ」と断言している。

 公安関係者は「北としては拉致問題で日朝関係が膠着状態に陥り、国交正常化交渉が前進しないため、何らかの打開策を模索しているようだ」といい、こう続ける。

 「もう一つ、無視できないのは招待した時期。現在、日本の政界は9月の自民党総裁選に向けて走り出している。すでに、『北が自国に都合のいい総裁を誕生させるため謀略情報を流している』という情報があり、現にその影響を受けたとみられる記事を掲載した雑誌もある」


 安倍官房長官が次の総裁に相応しいかどうかに疑問を持つ人は多いかと思います。この件については詳しく説明しませんので、興味のある方はこれを見てください。

 ・動画

 私の感想としては、確かに問題ある宗教ですし、これを応援するのはどうかと思います。さらに親の代から信仰(親交?)は続いていると言いますし、他の自民党議員も含めれば問題はかなり根深いと思います。さらに、この問題に関して本人の釈明は今ひとつ納得のいくものではなかった事が不信感を増幅させます。

 この宗教に関する善し悪しは本筋からずれるのでこれ以上は避けるとして、北朝鮮にとって安倍官房長官が「次期総裁として一番避けたい人物」であることは揺るぎない事実です。私はこの宗教関係の話題が北朝鮮(もしくはそれに近い筋)から出た可能性が高いと見ています。そしてその場合は、自民党の総裁対抗馬(誰とは言いませんが)がリークに協力している事も否定できません。

 もし私の予想が本当であるとすれば、北朝鮮だけでなく自民党内にも大きな問題を抱えています。北朝鮮のメディア戦略はそれほど高度なものではないですが、日本国内に親北勢力がいることの方が非常に大きな問題です。

 (後半部分は想像が多く、エントリにすべきではないかもしれませんが、主旨を理解したうえで読んでいただけると幸いです。)
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年07月03日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

 変な事書くくらいなら、帰ってくるなと言いたいけど。

 朝鮮半島もきな臭いけど、タックル見てると中国も危険だ。
 早く潰さないと・・・

2006年07月03日 どらっへ URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006年07月03日 編集

自爆するから、危ない橋だと認識して渡ってな。

2006年07月04日 煬帝 URL 編集

反日、反政府マスコミがごろごろしている日本だからなあ。
北朝鮮への援護射撃を期待しているんだろう。
北朝鮮側に転ばない記者は喜び組みで接待するんじゃねえか。

2006年07月04日 worldwalker URL 編集

ぜひ反対の方は、張り付けお願いします

2007年07月09日 さとし URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。