スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国政府、ブログ規制で言論統制を強化

 中国は検索エンジンの結果を歪曲していることで有名ですが、今回政府はこれに続きブログの取り締まりを計ることになりました。中国は本気で言論統制を徹底させることがはっきりしました。

 ・中国がブログ規制を強化 「不健全情報」一掃と(共同通信)
 
 【北京30日共同】29日の新華社電によると、中国政府はインターネット上のブログ(日記風サイト)や検索エンジンの規制を強化する方針を決めた。国務院新聞弁公室の蔡武主任は28日の会議で「ブログや検索エンジンを通じて違法な情報や不健全な情報がまん延しているため、規制に向けて効果的な措置を取る」と表明した。
 中国のブログサイト数は既に3600万件を超え、年内に6000万件に達する見通し。検索エンジンもネットユーザーの87%に相当する9700万人が利用している。
 中国はこれまでも、政府・共産党の政策に反対する意見を掲載しているブログは個別に閉鎖するなどの措置を取ってきたが、本格的な規制に乗り出す。


 ブログは政府や大手メディアなどの「言論統制」、「言論誘導」などといった行為に対抗できる可能性が一番高い媒体です。なぜならブログは検索エンジンの上位に行きやすいシステムであり、トラックバックを活用すればブログ同士が簡単にリンクをつけられるからです。
 
 日本でもブログの人気は高まるとともに、大手メディアの情報操作を暴くブログが多々現れています。中国でのブログの役割はより政治的な部分が多いらしく、反政府的な書き込みがあるブログは多いと聞きます。
 
 中国国内ではそのような反政府的な書き込みがあるブログは検索エンジンにかかりにくくなっている(もしくは絶対に表示されない)でしょうが、それでもネットワークの形成などに役立ってきたはずです。だからこそ今回のように規制することになったのでしょう。
 
 中国の「言論統制」はどこまで続くのでしょう。結局は現体制の崩壊は避けられない問題だと思います。このような行為は弾圧であり、中国国民の側からは反対世論の盛り上がりに大きな影響を与える口実となってしまうでしょう。
 
 あと何年持つでしょうか?
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年06月30日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

大儲けするだけ、って感じもしますね。
公安が尻尾を掴んだ頃には本体はいなくなってるとか。

2006年06月30日 煬帝 URL 編集

 なんでも、チャイニーズが攻めてくるシナリオが有るそうな。(架空の話ですが)

 現実になる前に中国共産党を始末しておくのが得策だと思うので早く経済的にやってしまいましょう。

2006年07月01日 どらっへ URL 編集

もう今の時代言論統制にも限界があるでしょ。小さい穴から堤防が決壊するのも時間の問題かな。

2006年07月01日 worldwalker URL 編集

皆さん、コメントありがとうございました。
煬帝さんの仰るように闇で事が収まるようになりつつあるらしいです。
しかし、それは逆に言えば反政府活動の温床になりやすいのです。

結果的に中国は自滅に向かっているとも言えますね。

2006年07月02日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。