スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

金英男母子再会、北の日韓分断工作に負けるな

 現時点では、金英男氏の母らを中心とする家族は、完全に北朝鮮に利用されてしまいました。多分韓国国内では日本と連携して拉致問題を解決していこうという世論は当分出てこないでしょう。しかし、もう少し長い目で見るならば、日本の政策が正しいことに気付くでしょう。

 ・金英男さん再会、拉致解決の糸口に 政府、矛盾点確認へ(産経新聞)

 北朝鮮による日本人拉致被害者、横田めぐみさんの夫とされる韓国人拉致被害者、金英男さんと母の崔桂月さんが28日、北朝鮮で再会したことを受け、政府は拉致問題の早期解決につながる新たな事実があるかどうか情報収集を急いでいる。引き続き韓国政府と連携しながら、北朝鮮に対して拉致問題の真相究明を求めていく構えだ。
 安倍晋三官房長官は28日の記者会見で、北朝鮮側が横田めぐみさんの夫と説明したキム・チョルジュン氏と金英男さんについて、「キム氏と面識のある複数の方々からの情報」として、「同一人物である可能性が高い」と述べた。そして、「この再会を拉致問題の解決につなげていかなければならない」と強調した。

 政府は平成16年11月、調査団を北朝鮮に派遣し、キム氏と面会している。この際、キム氏はめぐみさんは死亡したとして「遺骨」を提示したが、鑑定で偽物であることが判明。ただ、北朝鮮側は鑑定結果に反発しており、今回の再会でも、めぐみさんに関しては「説得力ある新たな証拠は示せないだろう」(日朝交渉筋)とされる。

 安倍氏も会見で「(キム氏の説明に)矛盾点がある。どうしてそういう矛盾があったのかは確かめていかなければいけない」と強調する一方、「面会は北朝鮮で行われており、今まで日本側に説明してきたことの上に立っての説明になる可能性が高い」と指摘した。

 今回の再会は、日韓両政府のDNA鑑定を踏まえて実現したもので、日韓拉致被害者家族の相互訪問が始まるなど拉致問題をめぐる日韓連携は強まりつつある。それだけに、政府内には「再会は韓国世論を引き戻そうとする狙いがある」(同)など、日韓分断の動きとの見方が根強い。

 外務省幹部は「一時的には『良かったね』となるが、次第に親子が一緒に住めない理不尽さが増すはずだ」とみており、引き続き韓国政府との連携を強める一方、7月の主要国首脳会議(サンクトペテルブルク・サミット)で拉致問題を主要議題に取り上げ、国際世論に訴える考えだ。



 ・英男さん・チョルジュン氏は同一人物?…官房長官(読売新聞、Yahoo!ニュースより引用)

 安倍官房長官は28日の記者会見で、横田めぐみさんの夫の可能性が高い韓国人拉致被害者、金英男(キムヨンナム)さんと、北朝鮮がめぐみさんの夫と説明してきたキム・チョルジュン氏は「同一人物である可能性が高い」ことを明らかにした。

 安倍長官によると、2004年11月の日朝実務協議でキム氏と面談した日本政府代表団のメンバーらが、28日に北朝鮮で母親らと面会した金さんのテレビ映像を見て、同一人物だとの印象を得たという。キム氏と会った関係者によると、「2人は、鼻、口や、顔の下半分の輪郭がそっくりで、本人と見られる」という。また、安倍長官は、めぐみさんの安否に関する29日以降の金さんの説明について、「北朝鮮当局が日本側に説明してきたことの上に立つ説明になる可能性が高い」と述べ、めぐみさんが死亡したと主張する公算が大きいとの見方を示した。さらに、めぐみさんの安否に関する北朝鮮の説明に矛盾があると指摘し、「どうして矛盾があったのか、確かめないといけない」と強調した。


 それにしてもこんな子供だましに騙される人はいないと思うくらい北朝鮮は大胆なことをしますね。これ以上DNA鑑定をされることはないと高をくくっているのかもしれませんが、すでに8割方論理は破綻しているのに、韓国を騙せることがすごいです。

 金英男氏の家族は贔屓目に見て、拉致された自分たちの家族に出会えるという気持ちで高揚していたのでしょうが、拉致された被害者の「こちらまで来れば会わせてやる」という姿勢によく理解を示したものです。

 また、金英男氏は韓国への帰国を望まないと思いますが、それっておかしいでしょう。どう考えても拉致された国に留まりたいという気持ちが本当だとは思えません。百歩譲ってそうだったとしても、拉致された国に留まると言うことは、その国の「拉致」を正当化する行為に加担するだけだと言うことを理解できないのでしょうか。

 韓国政府としてもこの問題にもっと強気な態度を取るべきですが、どうも北朝鮮よりの態度ばかりで腹が立ちます。やはり日本は原点に戻って「韓国に頼らず」拉致問題を解決するのがよいと思います。

 でもそう言ってしまうと、「日韓分断工作に負けるな」ってところと矛盾してしまいますね。ただ、韓国に日本の拉致問題を最低限邪魔されないように、韓国との協調関係は多少続けておくべきだと思いますね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年06月28日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

 と言うか、『同じ民族』では無い日本人を騙せると思ってる自体が阿呆ですね。
 重村さんが言っていた『南北共同作戦』なら、韓国はトコトン思い知った方がいい。

 日本に経済制裁された北を支える事でね。

 報道Sの横田さんの発言は毅然としてて良いなぁ。
 頼もしい限りだが、そろそろ、あの人達の為にも制裁して、北朝鮮との決着をつけましょう。

2006年06月28日 どらっへ URL 編集

拉致問題で韓国と共同歩調をとることに、何か意味があるのでしょうか?
もし韓国と北朝鮮が「拉致ではなく、朝鮮戦争による離散家族である」と主張したとしても、それは韓国と北朝鮮の間での問題です。
対する日本は「かつて同じ国であった」事はあっても、すでに50年以上前の話しです。
実際の拉致は、そのずっと後に行われている物であり、韓国とは全く状況が違います。
そもそも彼ら朝鮮人の悲願は「統一朝鮮の建国」であり、もしそれが達成されたならば、拉致は「単なる移住」と看做すことも可能です。

横田夫妻の「韓国国民も、拉致で苦しんでいるのだろう」という考えは理解できますし、日本人的な優しさに満ちていると思います。
しかし親北・反日国家である韓国の国民は、日本との共同歩調をとることに拒否反応を示すでしょう。
場合によっては、韓国の家族会が他の韓国人から白い目で見られる可能性もあります。
ぶっちゃけ、状況が違うのです。

もう一度言いますが、韓国の家族会と共同歩調をとる必要は無いと思います。
むしろ、日本の邪魔をするようならば排除すればいい。
過激と取られるかも知れませんが、私の本音です。

2006年06月29日 you URL 編集

時々会いに行く親族」って発想でいるならもう何も言うことはありませんよ。

ただ、めぐみさんの問題に関して横から口出しするとかは控えてくれればいい。

2006年06月29日 煬帝 URL 編集

この問題に関してyouさんの仰るように韓国と共同歩調を取ることなどしない方が良いという意見も非常に納得できます。
ただ、今回の件でも北朝鮮の矛盾を何点も発見できました。

これからも日本だけで拉致問題を解決するのではなく、協力できる場面は協力することで拉致問題に対する「国際的な包囲網」を作る意味でも非常に役立ちます。

韓国人は最終的に信用ならないのは私も同じですが、協力できる面があれば協力していくことで日本にとってもメリットがあるというのが私の考えです。

2006年06月30日 さいごう URL 編集

日本は南朝鮮をないと思っていい。協力や共同歩調なんて夢のまた夢。
拉致家族を取り戻す戦いは障害物競走なんだよ。北も南も障害物だ。

2006年07月01日 worldwalker URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。