スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

埼玉県知事、「従軍慰安婦」を否定

 個人的にはよく発言してくれたという気持ちなのですが、それよりもひとつ気になるのが、今回の記事が「しんぶん赤旗」からの引用なんです。

 ・「『従軍慰安婦』いなかった」(しんぶん赤旗)

埼玉知事 展示記述の修正表明

 埼玉県の上田清司知事は二十七日の県議会本会議で、「東西古今、『慰安婦』はいても『従軍慰安婦』はいない。兵のいるところに(『慰安婦』が)集まってきたり、兵を追いかけて民間業者が連れていったりするのであって、軍そのものが連れて行くなんてことは絶対にない」と発言しました。小島信昭議員(自民党)の一般質問に答えたものです。

 小島議員は県立歴史と民俗の博物館と県平和資料館の展示内容について、「近代史を、政府や国に国民・県民が苦しめられ苦難に耐えた闇の時代のように描かれている」などと批判しました。

 上田知事が「工夫や内容の充実が必要だ」と答えたのに対し、小島議員は「子どもたちや県民が学ぶ施設が、偏った内容でよいのか」と重ねて展示内容の見直しを要求。

 上田知事は「自虐的な感情を出させることなく真の史実、日本の正確な立場を学べるようにすることが大切だ」としたうえで、「従軍慰安婦」について「間違った記述があるので、修正しなければならない」とのべました。

共産党県議団が発言撤回を要求
 上田知事の発言にたいして日本共産党埼玉県議団の山岸昭子団長は同日、「知事は発言を撤回すべきだ」という談話を発表しました。


 これって非常に客観的に内容を書いていると思うのですが、赤旗の記事って信じられませんね。一応最後の段落だけは共産党の宣伝ですが、埼玉県知事の発言は意図的にねじ曲げて記事にされているような感じもしません。

 それはともかく、「従軍慰安婦」など存在しないと言う意見には賛成です。戦後の歴史観は、「日本が悪いことをした」と言う自虐史観に支配されていたのですが、共産党のように左翼の人たちは「日本の陸海軍(と軍国主義政権)が悪いことをした」と主張し、自分たちはそれに対して抵抗したことを強調しています。

 その点に関して、共産党が主張するのにはある程度理解はしますが、朝日新聞や毎日新聞、そして旧社会党の議員らが発言するのには賛同しかねます。ちょっと話はずれましたが、「従軍慰安婦」は旧日本陸軍を不当に貶めるものです。賠償以前に彼らの名誉を傷つけるのは許せません。

 今日の日本人にある「軍隊アレルギー」はこうした事実に反する事項の押しつけによって増幅されてきました。ただし、こうやってインターネットにより簡単に情報収集が出来るようになり、一般的な書籍でも客観的な歴史分析の記載された書籍が世に出回るにつれて、「従軍慰安婦などおかしい」と思う人が増えてきました。今回の赤旗の記事はそうした人が見れば別になんてことはない記事に見えます。

 でも、赤旗の読者が見れば、「こんな酷いことを言っている人がいる」と思うのでしょうね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年06月28日 政治 トラックバック:- コメント:9

よみうりにも載ってたよ。

2006年06月28日 worldwalker (・∀・) URL 編集

 良くやったと言いたいけど、これからが大変。
 撤回しないで頑張って欲しい。

 ついでにこの知事に資料とソースで支援した方がいいのかな?

 しかし、また、反対したのは赤か。
 赤軍でも裁いてろ! 馬鹿たれども!

2006年06月28日 どらっへ URL 編集

この発言に対して、朝日新聞は「政府も認めているのに、こんな発言をするとはけしからん!」という論調です。
普段はさんざん否定しておきながら、都合の良い時だけ「政府発表」を持ち出す。
さすが朝日、「ジャーナリスト宣言」を出しただけのことはありますw

しかし、たった一人の売国奴の発言が、後生まで「政府の公式見解」として残ってしまう……。
言葉ってのは、時に非情で、時に残酷で、時に感情的ですねぇ。
こればかりは認めてあげますよ>アサピー

2006年06月28日 you URL 編集

拝啓、上田知事あっぱれ也。 よくぞ言ってくれた、あとは発言を撤回しないで下さい。


さいたまの総連 民団施設にも課税して下さい。 草々

2006年06月29日 (^-^)風顛老人爺 URL 編集

「陸軍の何処の部局が管理してたのか」だけでも説明出来る論者はいるんでしょうか?

「軍が直接関与してた」と言うなら幾らでも関係書類が出て来る筈。
散々探して「取り締まり」に関する書類が数枚。
これで信用しろって方がどうかしてる。

2006年06月29日 煬帝 URL 編集

コメントありがとうございました。
やはり複数のメディアで掲載されていたんですね。

ただ、ネット上で探したところ全然見つかりませんでした。読売新聞も見たのですがなかったです。

それはともかく、「従軍慰安婦」があったとする人たちは自称「元慰安婦」の証言だけが頼りです。陸軍が招集したというものは全くなかったはずですよね。煬帝さんの仰るとおり風紀維持のため慰安婦のことを記載した文書が存在しただけですね。これでは軍が関与している証拠にはとうていなりません。

こんなことを意図的に隠して報道するマスコミも信じられませんね。

2006年06月30日 さいごう URL 編集

上の人に同意。
軍は関与してない。。。
上田知事がんばって!!!

2006年06月30日 k(kmura) URL 編集

拝啓、頑張れ上田知事。

左巻きの団体が抗議・金蔓が無くなるので焦りわめき立てているが、

論外であります。

上田知事、あなたは埼玉県の誇りですわ。

応援いたします。 草々

2006年06月30日 (^-^)風顛老人爺 URL 編集

慰安婦の記述

近隣諸国(主に韓国・中国など)と日本で、歴史認識の違いで議論になる事柄のひとつに、
慰安婦などに関する事柄があると思われますが、

日本では、慰安婦について、職業婦人だとか業者が行なったことだとか
いろいろに論じられていますが、
最近の、台湾の教科書でも、2社3種類の教科書に慰安婦についての
記載がされています。

   「いわゆるA級戦犯」小林よしのり 2006年6月30日 幻冬舎 
   のp70~71にも
   女性国際戦犯法廷に関連して、慰安婦についての記述があるようですが
   ( 各国検事団は、中国、台湾、韓国、北朝鮮など9カ国から参加、
     主催者には、台湾から 台北市婦女救援社会福利事業基金会
     http://www.twrf.org.tw/chinese/directors.asp  
    なども参加 )

以下に國中(9年一貫の7,8,9學年)の検定教科書の
内容を紹介しています。

( 翻訳は大体ですので、原文の画像もご参考ください。
  http://bbs.com.nifty.com/mes/cf_wrent/FREKISHI_B031
   Bar HISTORIA(フリートーク)
     2005年10月26日  
 )

2006年07月23日 グリーン中山 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。