スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

テポドン2号に日本の技術?

 北朝鮮の軍事技術に日本の技術が多用されているという噂は何度か聞いたことがあります。それもほとんどが秋葉原のパーツの類ではないでしょうか(苦笑)今度の技術はどの辺りなんでしょう。

 ・日本の技術で極秘製造か テポドン2号(共同通信、Yahoo!ニュースより引用)

 【ソウル20日共同】韓国紙、中央日報は20日、北朝鮮が発射準備を進めているとされる長距離弾道ミサイル「テポドン2号」が、日本の技術を使って平壌に近い南浦近郊の軍需工場で極秘に製造され、5月初めに咸鏡北道花台郡のミサイル発射台に移されたと報じた。
 情報筋などによると、ミサイルに使われた電子部品は平壌の半導体工場で生産。電子部品の大半は、日本の部品と技術を基につくられたという。
 移動は大型トレーラーで偽装工作をして行われたが、日米の衛星が追跡、発覚したとしている。
 韓国大手各紙は20日、韓国政府がミサイルを軍事用ではなく「人工衛星」と判断していると伝えた。朝鮮日報は、ミサイル発射が差し迫っているとの日米の報道は信頼できないと韓国政府が判断しているとも報じた。


 基本的に日本の技術が北朝鮮に漏洩しないようにするために「ワッセナー・アレンジメント」という枠組みがあります。

 ワッセナー・アレンジメントとは、(1)通常兵器及び機微な関連汎用品・技術の移転に関する透明性の増大及びより責任ある管理を実現し、それらの過度の蓄積を防止することにより、地域及び国際社会の安全と安定に寄与する。(2)グローバルなテロとの闘いの一環として、テロリスト・グループ等による通常兵器及び機微な関連汎用品・技術の取得を防止する。
(外務省「ワッセナー・アレンジメント」より)


 要は他国に技術が移転することがないようにするものです。ただし、これは通常兵器に限ったもので、大量破壊兵器向けには別の枠組みがあります。

 核兵器、生物兵器、化学兵器等の大量破壊兵器及びその運搬手段としてのミサイルの拡散の防止に関しては、冷戦時代からその拡散の阻止を念頭に置いた貿易管理の国際的な枠組みが構築されてきました。昭和45年3月には核兵器そのものを規制する「核拡散防止条約(NPT)」、50年3月の「生物兵器禁止条約(BWC)」の発効、さらに、62年7月には、大量破壊兵器の運搬に寄与し得るミサイル、その部品及び製造設備等の輸出規制である「ミサイル関連機材・技術輸出規制(MTCR)」、平成9年4月には、化学兵器と生産施設の全廃を定めた「化学兵器禁止条約(CWC)」が発効しています。このほか、汎用品については、「原子力供給国会合(NSG)」や「オーストラリアグループ(AG)」による輸出規制が図られてきました。
(警察庁「警備警察50年」より)


 これらの条約体系により基本的に守られているはずですが、実際にはなかなか技術の移転を止めることが出来ませんでした。

 理由は主に二つあり、一つ目は規制の仕方にあります。かつては規制の対象を列挙してリスト化したものを規制する「スペックダウン方式」という規制であったため、規制の対象から外れれば輸出も規制されませんでした。さすがにこの方式はまずいと言うことで、平成14年4月から「キャッチオール規制」というリスト以外にも大量破壊兵器に転用される恐れのあるものは全て規制する方式に変わりました。しかし、これまでの間に輸出されたものも大きかったでしょう。
 ところでヤマハやミツトヨの事件はこの規制に該当していた可能性が高いです。

 参考:警視庁、精密機器メーカー「ミツトヨ」を外為法違反で家宅捜索(当ブログ)
   :ヤマハの無人ヘリ輸出は国益無視(当ブログ)

 二つ目は、主に北朝鮮ですが、日本は広い海岸線を持っているため漁船や工作船で持ち出されれば発見できない可能性が高いというものです。こればっかりは警戒を強化するしかないのですが、全てを発見するのは難しいでしょう。

 日本政府も最近ではかなり危機感を持っており、対応はだいぶ良くなってきています。しかし根本となるスパイ防止法がないため、この規制に該当してもそれほど大きな罪に問われないのが現状です。

 これからもこのような汚名を受けることがないように、スパイ防止法を早く制定してもらいたいものです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年06月21日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:7

猫耳型らしいです。ウソ。

2006年06月21日 おいどん URL 編集

捜索を受けた科協から技術、部品が流れているのでしょう。国内に工作員がいっぱいいるから、こんなの簡単でしょう。早く、スパイ防止法成立させないと。

2006年06月21日 憂国 URL 編集

人工衛星のことってだまされた?
それで、情報が流出しちゃったのかな?
あの手この手で、きそうだから怖い。
隣に住んでる人が工作員かもしれないもんね。

ってことで、人工衛星打ち出したの?(ーー;)

2006年06月21日 つっきーというかあや URL 編集

 早く処断致しましょう。
吊し上げて、晒すのです。

 その行為が如何に日本国民を危険に晒すか、自分のみで思い知った方がいい。

 まあ、朝鮮人かもしれませんけど。

2006年06月22日 どらっへ URL 編集

第二次大戦当時の技術で飛ばせますからね(元祖はV2)。
現代の弾道ミサイルはそれの発展形。

だったら最先端技術はそんなに必要ないでしょう。
もっともっと複雑で繊細な技術を必要とする兵器はごまんとありますから。

2006年06月22日 煬帝 URL 編集

日本の技術は盗まれ放題。web上で盗めるようになってるんだから (@_@;)

2006年06月22日 worldwalker URL 編集

つきさん、
人工衛星は過去に一度打ち出したと言っていますが、実際に確認は誰もしていません。(もちろんその衛星経由の映像もありません。)
ここ数日では間違いなく打ち出していませんよ。

皆さん、コメントありがとうございました。
日本は技術立国という割には、その技術を守ろうとする体制に不備がありました。これからの日本の発展を保証していく意味でも、スパイ防止法は欠かせませんね。

2006年06月22日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。