スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

韓国政府、テポドン騒動で北朝鮮を擁護

 昨日は韓国政府の無策ぶりを批判する韓国メディアについて紹介しましたが、それが通じてかどうか知りませんが韓国政府も対応を始めました。しかし、日米と協調するわけでもなく、北朝鮮によるわけでもない中途半端なものでした。

 ・政府「北朝鮮ミサイルではなく衛星発射体であるかも」(中央日報)

政府は北朝鮮咸境北道舞水端里(ハムギョンプクト・ムスダンリ)発射場に設置された物体がミサイルではなく衛星発射体である可能性もあるとみて状況を注視していると19日、伝わった。

この延長線で政府は北朝鮮が発射をした後にそれが人工衛星を地球軌道に乗せるための衛星発射体なのか、軍事用弾道ミサイルなのか確認することができるという立場を示している。

政府のこうした判断は北朝鮮のミサイル発射が切迫したと警告している米国と日本政府の動きと違い、注目される。特に政府が国連安全保障理事会回付など対北制裁措置を公開警告する日米と対照的に慎重な立場を見せるのはこうした判断と無関係ではないもようだ。政府はまた発射が切迫したという外信報道と違い、まだ発射は秒読み段階に入っていないという立場を改めて伝えたものとみられる。

これにより政府当局者たちは「発射すると断定したり予断したりする段階ではない」とし「現時点でできる最善の方法はミサイル発射を阻むこと」としている。現在、政府は北朝鮮にミサイルを発射すれば、得るより失うもののが多いと説得する直接、間接的外交努力を傾けている。中国も韓国政府の基調に合わせ、同じように努めているものと伝えられた。

一方、米国と日本は連日対北制裁発言の強度を強くしている。ニューヨークタイムズは北朝鮮がテポドン2号に燃料注入を終えたものとして、これは発射を中断する可能性が極めて低いことを意味すると米国官僚の言葉を引用して18日付で報道した。ライス国務長官は中国に「北朝鮮がミサイルを発射しないように圧力を行使してほしい」と要請し、米国役人たちは国連駐在北朝鮮代表部外交官に直接電話をかけ、ミサイル発射時には米国がきっぱりと対処すると警告した。

トニー・スノーホワイトハウススポークスマンはCNNなどのインタビューで「我々は北朝鮮がモラトリアム(ミサイル発射猶予)を維持することを期待する」と明らかにしている。

日本政府も緊迫した状況だ。19日午前、安倍晋三官房長官、麻生太郎外相、額賀福志郎防衛庁長官が首相官邸にて緊急会合を行った。安倍長官は「日本はすでに(為替管理法改正などを通じて)独自に対応することができる法律の整備が行われている」とし、経済制裁を断行することを示唆した。また午後には、小泉首相が記者会見を開き、直接北朝鮮に向けて警告した。

パク・スンヒ記者

ワシントン=イ・サンイル記者

東京=キム・ヒョンギ特派員



 ・【テポドン2号】人工衛星説を裏付ける技術的要因(朝鮮日報)

 韓国政府は万が一北朝鮮がテポドン2号を発射した場合、これを軍事用ミサイルではなく人工衛星打ち上げ用として解釈しようと、19日以降に急きょそのような雰囲気が強く感知されるようになった。政府はこのような分析が北朝鮮の肩を持っていると見られるかも知れないが、果たしてそれが軍事用ミサイルか人口衛星なのかという点に関して、早急に断定してはならないという立場を取っている。このような判断は盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領にも報告された。

 1998年のテポドン1号発射当時、北朝鮮は人工衛星を打ち上げたと主張し、韓国政府もその主張を認める最終判断を下した。当時、米国政府はミサイルであると断定できず、「ミサイル能力」という表現を使用したのも、ミサイルと人工衛星打ち上げ用ロケットの基本原理が同じであるという点を念頭に置いたためであると見られる。

 このような韓国政府の判断は、ひとまずは技術的要因についての分析を土台にしている。通常、軍事用ミサイルは固体燃料を使用し、人工衛星用は液体燃料を使用するが、北朝鮮のロケットは液体燃料を使用している点がそれである。韓国政府はまた、液体燃料ロケットを軍事用に転換するためには、一般的に地下から発射するのに対し、北朝鮮は地上に発射台を設置しているため、人工衛星打ち上げ用のロケットである可能性が高いと見ているようだ。

 だが、韓国政府もこう分析している反面で、軍事用ミサイルであるとの見方も捨てている訳ではない。しかし、ミサイルであると断定するためには、さらに2~3つの証拠が必要だと見ている。まず、ミサイルとロケットは発射後の軌道が異なるため、判断には軌道分析を行なうことが前提条件になるとしている。また、ロケットがミサイル軌道で6000キロ以上の長距離(アラスカ、ハワイが射程圏内)を飛んだとしても、重さ700~800キロまたは1000キロ以上の大量破壊兵器(弾頭)を搭載していなければ、武器としての意味はないと分析している。

 弾頭の重量に関して、韓国政府は、1998年のテポドン1号はごく小型の衛星を搭載していたと見ている。現段階において政府は、テポドン2号に弾頭が搭載されているかどうか、搭載しているとすればどの程度の重量なのかに関する推定は未だできていない。

 しかし、韓国政府は軍事用にせよ人工衛星用にせよ、基本原理は同じであるため、人工衛星用ロケットであったとしても、テポドン2号の発射が地域の安全保障環境を阻害する要因になるとみている。

シン・ジョンノク記者


 要は何を言いたいかと言えば、

「日本や米国が騒いでいるのは実は人口衛星かもしれません。まだ判断するには早いのではないでしょうか。」

 と言っているのです。ただ、これほど的はずれな話はありません。人工衛星にしろ弾道ミサイルにしろ、基本的にロケット部分はどちらにも流用可能です。(人工衛星自体を作る技術はあるかどうか不明ですが)そんな技術を持っている国が、IAEAの査察を拒否、NPT脱退宣言、そしてKEDOの軽水炉事業を拒否して自国で開発すると宣言する始末です。普通に考えればそのミサイルに何が搭載されていようと注意深く観察を続けるのはもちろんですが、発射されたときに圧力を強めるのは当然でしょう。

 韓国政府が「まだどちらとも言えない」と言うのは当然かもしれません。だからといってそこで思考停止してしまっては政治家として失格でしょう。どちらにも対応が出来る順部をしておくことが必要ですし、核ミサイルを発射させないようにするのが、周辺国の外交というものでしょう。

 結局まだまだ後手に回っている印象は拭えないようです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年06月20日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

韓国政府は何処まで危機が現実化したら行動するのか、そもそも行動する気がないのか、はっきりして欲しいですね。

2006年06月20日 煬帝 URL 編集

予想どうりの反応です。

2006年06月21日 worldwalker URL 編集

 役に立たないんだから、口を閉じて居ようと思わないのだろうか?

 無能ほど、訳分からん理論で喋りたがる。
 日本人だろうとなんだろうとそれは変わらんな。

 ミサイルじゃなかったら、あの衛星写真は何なんだ?

 技術とノウハウで天と地の然程ある米国と韓国。
 どっちを信じるか、初めから、答えは決まっている。

 頼むから、正々堂々と向こうに付け。
 一緒にテロ国家認定してやるから。

2006年06月21日 どらっへ URL 編集

H2Aに核廃棄物を満載して、朝鮮半島に「打ち上げ失敗」してやろうか?
これももちろん「人工衛星」なんだよな?>韓国

……そういえば、つい最近H2Aを打ち上げた時、北朝鮮が「日本がミサイルを発射した」とか言ってたな。
朝鮮人には「宇宙開発用ロケット」と「弾道ミサイル」の区別が付かないのかも知れんw

2006年06月21日 you URL 編集

こんにちは
日本も人工衛星の打ち上げしましょう。で、途中で故障して、北朝鮮で落ちる....どうなるかなあ!
戦争やって騒ぐでしょうに。
韓国でもいいねえ。アホも大概にせなあかんな。

2006年06月21日 テツ URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。