スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

北朝鮮ミサイル問題、朝日・日経の社説は何が言いたい?

 この二つとも今日の社説で北朝鮮のテポドンの発射騒動に関連した内容を扱っています。脅威を正しく認識することは決して悪いことではないのですが、社説では「世界の声に耳を傾けるべきだ(朝日)」、「中止してもらわねば困る(日経)」などと言っている場合ではなく、もっと建設的な意見を出すべきです。

 ・北朝鮮 警告に耳を傾けよ (朝日新聞:6/19付社説)

 拉致問題がいっこうに前に進まない。「解決済みだ」と言い張る北朝鮮は、核開発に続き、今度は新しいミサイルの発射準備を黙々と進めている。

 日本には手詰まり感がある。いら立ちも募る中で、北朝鮮による人権侵害に取り組むという法律ができた。

 日本人拉致問題の解決に政府は最大限の努力をする。北朝鮮を脱出した人たちの保護や支援に努め、脱北者らを支える民間団体の活動を助ける。拉致問題などで進展がない場合は、北朝鮮船の入港や貿易を止めるといった経済制裁をする。そんな内容だ。

 2年前に米国で成立した北朝鮮人権法にならった面がある。

 米国法は北朝鮮住民の自由や人権、拉致問題で改善がない限り、人道目的以外の援助を禁じた。脱北者を助ける民間団体への支援では金額を具体的に示した。脱北者の米国亡命に道も開いた。

 米国に比べると、日本の北朝鮮人権法は抽象的だ。すぐに効果を発揮するわけでもなさそうだ。

 とはいえ、拉致被害者の家族らの居ても立ってもいられない思いを代弁している。国会が発した警告でもある。北朝鮮は重く受け止めなければならない。

 拉致は決して許すことのできない人権侵害だ。しかも日本人が被害に遭っている以上、一日も早く解決できるよう政府が力を尽くすのは当然のことだ。

 脱北者についても、政府は支援策を具体的に考えてもらいたい。日本は約100人の脱北者を受け入れている。ほとんどが帰還事業でかつて北朝鮮に渡った在日朝鮮人や日本人の配偶者だ。日本に戻っても、苦しい生活が続いている。

 人権法は拉致問題を国際社会に訴える狙いもある。制定を急いだのは、来月の主要国首脳会議に合わせ、拉致問題で世界の包囲網を強めたい思惑もあった。

 ただし、各国との連携を深めようとするのであれば、拉致とともに北朝鮮の様々な人権侵害にも目を向けないと、説得力を増すことにはなるまい。

 国連総会は昨年末、北朝鮮の人権状況を批判する初の決議を採択した。政治犯の収容所や処刑、思想や表現の自由に対する全面的な制限を挙げ、さらに拉致問題でも懸念を示している。

 今回の法律で、経済制裁にあたって「国際的動向等を総合的に勘案し」と発動に条件をつけたのも、効果を上げるには国際的な連携が欠かせないと判断したからだろう。

 そんな中で、世界の懸念をあざ笑うかのように、北朝鮮は新型の弾道ミサイルを実験するそぶりを強めている。

 愚かなことだ。発射を強行すれば、日朝平壌宣言などで北朝鮮が示した約束を踏みにじるうえ、地域の緊張を高め、北朝鮮への不信をさらに深める。世界からの強硬な対応を招き、北朝鮮のためにもならない。

 北朝鮮はいまこそ日本をはじめ世界の声に耳を傾けるべきだ。


 ・社説1 北朝鮮はテポドン発射をやめよ(日経新聞:6/19付社説)

 北朝鮮がミサイル発射の動きを見せて日本など周辺諸国を緊張させるのはこれで何回目だろうか。状況を注視している日米の安全保障当局は「テポドン2号」とみられる長距離ミサイル発射に向けた北朝鮮の動きを「挑発的な行動」とし、直ちにそれをやめるよう警告した。ミサイルが発射されれば、北東アジアの安全保障にとって深刻な事態となり、北朝鮮はいま以上の国際的孤立に追い込まれる。

 北朝鮮の意図は想像するしかないが、特に米国を意識し、いったん問題を起こし、それを取り下げることで譲歩を装い、米国にそれに見合った譲歩を求めたいのだろう。冷戦時代のソ連の交渉戦術である。当時の米政府高官はソ連は交渉会場にいつも象を連れてくると例えている。米側が象を連れ出すよう求めると、ソ連側は了解し、次に米側にも譲歩を求めるのが常だった。

 象に当たるのが今回のミサイル発射の動きである。米国による広い意味での金融制裁が効果をあげ、それを撤回させるための手段とも解説される。ブッシュ政権には北朝鮮の脅しに柔軟対応する兆しはない。したがって北朝鮮は発射準備をぎりぎりまで進める危険な瀬戸際外交にはまり込んでいくしかないようにみえるのが現在までの状況である。

 北朝鮮は自分たちが有効と考えてきた瀬戸際外交がもはや有効ではない事実に思いをいたし、ミサイル発射をやめる以外には賢明な選択がない現実に気づく必要がある。それを選ばず、ミサイル発射に突き進めば、国連安全保障理事会が動き出し、経済制裁をめぐる議論が始まる。シーファー駐日米大使は「あらゆるオプションがテーブルに載る」とも述べている。安保理決議がない場合でも日米などの有志連合による制裁協議が始まる可能性もある。

 北朝鮮によるミサイル発射は2002年の日朝平壌宣言に明確に反するだけではない。「国連憲章の目的及び原則並びに国際関係について認められた規範を順守する」とする05年の6カ国協議の共同声明にも反する。6カ国協議の参加国に対する背信であり、これまで北朝鮮に理解ある姿勢をとってきた中国、韓国、ロシアの立場にも影響を与えずにはすまされない。

 ミサイルが飛来する事態は抽象的な脅威ではない。北朝鮮のミサイルの精度が高くないとすれば、それはどこに飛ぶかわからぬ怖さがある。もし東京都心に着弾したら、地獄絵の光景が展開される。発射は中止してもらわねば困る。


 北朝鮮にミサイル発射の中止を高圧的に言おうが、懇願しようが発射を中止することはありません。もし中止するのであれば他に理由があるからです。

 朝日新聞や日経新聞はこんなことを言ってどうするつもりなんでしょう。ミサイルが発射されないことを祈るだけなんでしょうか。一応ジャーナリズムを名乗っているのなら、もう少し建設的な意見は出来ないものでしょうか。

 社説は新聞の中で新聞社の意見を書くことが出来る数少ないところです。その意見に対して批判することは読者(その社説しか読んでいない人も含めて)の自由です。だからこそ、読者は社説に期待するのであり、その社説が自分の意見に合致すれば、その新聞は「信用に足る」と思うのです。

 今まで朝日新聞、日経新聞は私の意見と合わない記事ばかりでしたが、それなりに彼らの考えは分かりました。しかし、これでは考えも何もありません。



 思うに、朝日新聞、日経新聞ともに北朝鮮への「制裁」もしくは「国際的圧力」を望んでいないのだと思います。ただ、これだけ日本への敵対的行為を進める北朝鮮に対してあからさまにすり寄る姿勢は購読者の支持を失います。そこで彼らは北朝鮮に自制を促すことにすれば、日本の制裁発動にも賛成せず、かといって北朝鮮に味方している印象も持たれないと思ったのでしょう。

 なんだか本当に卑怯な新聞ですね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年06月19日 朝日新聞 トラックバック:- コメント:8

そこまでいうなら、話で解決してきてくださいよね。当然のことながら、脅されているのは日本なので、もちろんこちら側の補償までして頂くってことで...。

朝日も日経も読売も毎日もバカな社説は控えろ!といいたいです。

2006年06月19日 テツ URL 編集

なんの意見も言ってない。
ただただ、分析の後にミサイル発射はないように~~
なんじゃそりゃ??という社説。
これでは、社説になってない。

2006年06月19日 k URL 編集

 まあ、それでも日経読みたいと思ってる私もちょっと毒されてるな。
 読んでる人間の心理を把握したいだけで信心してる訳ではないけど。
 今は取ってないけど。(爆)

 しかし、落としたら、全面反撃だ!位、普通の国の新聞なら言うと思うんだけど?

 日本をマトモにする為にはクーデターとか期待するしかないのかな?

2006年06月19日 どらっへ URL 編集

朝日、毎日、日経も所詮韓国の新聞と五十歩百歩というところでしょうか。しかし、少なくとも韓国の新聞には熱烈な祖国愛がある。省みて日本の新聞には中国、韓国に対する思い入れが祖国日本に対するそれに優先される。中央日報、朝鮮日報に負けますね。

2006年06月20日 憂国の一市民 URL 編集

必要にかられて一時的に日経を読んでいますが
ちょうど「今日の社説は何なんだ?」と呆れていました。

2006年06月20日 フレア URL 編集

この社説子は将軍様が自社の社説を読んで心を動かされるとでも言いたげですね。

日本政府がどう対応するべきか(当然強硬な対応しかないのですが)を真剣に論じるべきところを、脅威になってる当事者にお願い(ご意見)して済ますとは知能に致命的な欠陥を抱えてるとしか思えませんね。

2006年06月20日 煬帝 URL 編集

みなさん、コメントありがとうございました。

皆さんのコメント通り、やはり何が言いたいのか分からない文章になっていますよね。やはり穿った見方だと、煬帝さんの仰るように北朝鮮向けのメッセージか?と思わせますね。

あと、憂国の一市民さんの仰るように朝鮮日報や中央日報の方がこれに比べればましですね。

2006年06月21日 さいごう URL 編集

新聞なんて事実だけをそのまま報道してればいいのに、朝日や毎日なんて主観に満ちた恣意的な記事ばっかりだよな。4月から新聞取るのやめました。記事なんて全部ネットで読めるし、テレビ蘭もYahoo!TVで見れるから。

2006年06月21日 worldwalker URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。