スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

民族統一大祝典とは何だったのか?

 民団と総連の和解が破綻しかけたことによって、6.15の民族統一大祝典に民団・総連ともに参加することになっていたことは忘れられようとしています。この祝典に対して、民団だけでなく韓国側からも批判が出ています。

 ・【社説】反米・親北朝鮮の宣伝場になった6.15行事(中央日報)

3泊4日間にわたった「6.15民族統一大祝典」は「親北朝鮮(親北)、反米(反米)」が競った場だった。

北朝鮮側代表たちは韓国側の分裂と反米扇動のための理念的スローガン「民族共調」を叫びたてた。民主労総と公務員労組が製作した資料集には、北朝鮮が褒め称える先君政治の内容と北朝鮮国歌の歌詞まで掲載された。「我々民族同士力を合わせて在韓米軍を追い出し、統一を成し遂げよう」という反米プラカードが行事場のあちこちに掲げられた。

今年6度目であるこの大会は、はじめから対韓国統一戦線戦術のための北側の宣伝場だった。「6.15共同宣言」の内容である相互尊重と内政不干渉などの和解の精神はどこにも見当たらなかった。

特に今回の大会は「6.15精神」が果たして何であるかを考えるのに十分だった。「ハンナラ党執権時は南北関係の破綻と戦争勃発」という安京浩(アン・ギョンホ)北朝鮮側民間代表団長発言のためだ。「6.15宣言」を正面から踏みにじる発言をした当事者が北朝鮮側団長なのに、どうして「6.15」を掲げて行うことができるのか。自家撞着もこんなことはない。

何より納得できない行事は「南北共同授業」だ。もちろん「6.15宣言」による南北緊張緩和像を学生たちに知らせる必要はある。しかし休戦線での南北対立など安保の現実に対する説明もなく「京義線に乗って平壌(ピョンヤン)を経てヨーロッパに行こう」と講義をすればそれは幻想を吹き込む洗脳であるだけだ。こうした講義をするためには北朝鮮が鉄道連結の合意を破棄した背景も一緒に説明すれば学生たちも総合的な判断ができるではないか。

この大会が北朝鮮の理念的攻勢の場になったのはこの政府の盲目的な北朝鮮保護による。今回も政府は安団長の発言に口先だけのあいまいな遺憾表明をして済ませた。このようだからこの政権に対して北朝鮮は自分たちが上だという判断をして傲慢さを見せるのだ。こんなやりかたの行事では韓国側が自ら足元をすくわれる。

どうしてこんな行事が続かなければならないのだろうか。


 ・民族統一大祝典北朝鮮側代表団、平壌に向け帰国(聯合ニュース)

 【光州17日聯合】南北共同宣言6周年を記念し光州で開催された民族統一大祝典に参加した北朝鮮側代表団は17日、平壌に向け韓国を後にした。
 北朝鮮側代表団は韓国側代表団とともに同日午前、光州学生独立運動記念塔を視察したのを最後に3泊4日に渡る日程を終え、午後4時に光州空港を出発した。南北当局代表団は出発を前に光州市内で昼食をとり、今回の祝典の意味と成果を振り返り、南北関係全般について広く意見を交わした。

 南北代表団は14日からの祝典期間中、国立5・18民主墓地を参拝したほか、各種記念行事や体育競技を行うなどして和合を誓った。しかし、10日に北朝鮮側民間団長を務める祖国平和統一委員会書記局の安京浩(アン・ギョンホ)局長がハンナラ党を強く批判したことと関連し、統一部李鍾ソク(イ・ジョンソク)長官が強い遺憾を表明するなど、外郭では様々な問題が浮上した。民族大祝典に参加しようとする一部海外関係者の入国を認めない韓国側当局を北朝鮮側が批判したことについても、統一部が遺憾を表明したのに続き、韓国側民間代表の白楽晴(ペク・ナクチョン)委員長も安局長に会い強い遺憾の意を伝えた。白委員長はこれに関連し、北朝鮮側が批判は韓国側当局に向けたもので韓国側委員会に対するものではないことを明らかにしたと述べたが、韓国側委員会はこの行事が南北双方で準備したものであるだけに、一方的な立場表明は望ましくないとの意向を伝えたと説明した。また韓国側当局代表団は北朝鮮側のミサイル発射の動きに対し、深刻に憂慮しているとの立場も強く示した。統一部当局者はミサイル発射懸念と関連し、「われわれがここでできる努力は全て尽くした」と述べている。

 一方南北当局は、昨年平壌で行われた南北共同宣言行事から、植民地解放60周年の8・15記念行事、今回の6周年行事まで民間行事に共同で参加し別途の共同行事を行ったという点から、8月に平壌で開かれる8・15記念行事にも双方ともに参加するものと思われる。


 これはもっともな話で、開催される前に分かっていたことでしょうに・・・。と愚痴を言ってもしょうがないのですが、内容的にはあまりにも北朝鮮寄りで、親北の代表格であるウリ党の統一部長官すら遺憾の意を表明したほどです。

 ちなみに日本からは民団側の参加は見送られています。

 ・民団・朝鮮総連の6.15行事「共同参加」、実現せず(中央日報)

在日同胞団体の在日本大韓民国民団(民団)と在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の和解努力が出発から揺れている。

民団などによると、半世紀以上も反目してきた両団体の和解を象徴する初めて行事として関心を集めた「6.15南北首脳会談6周年民族統一大祝典」への共同参加が中止の危機に直面した。

民団中央本部が主導した朝鮮総連との和解合意に民団の地方組織が強く反発したことを受け、民団が6・15大祝典にひとまず不参加を決めたからだ。 これに伴い、民団と朝鮮総連の歴史的和解にも暗雲が立ちこめる見込みだ。

民団は1日、東京で中央執行委員会を開き、「6.15共同宣言実践日本地域委員会」参加問題を議論したが、反対意見が続出したため、朝鮮総連と一緒になる日本地域委員会への加入を保留することにした。

民団は、70年代に敵性団体と規定した在日韓国民主統一連合(韓統連)のクァク・ドンヒ常任顧問が6.15記念行事の日本地域委員長を引き受けたことに批判を提起したという。

また地方本部との共感なしに中央本部が一方的に朝鮮総連との和解を宣言したことに批判が集中した。



 ところでこんな中、同日の光州市でこのようなイベントが行われていたことをご存じでしょうか?

 ・15日からノーベル平和賞受賞者会議 /光州(朝鮮日報)

 歴代のノーベル平和賞受賞者と受賞団体代表14人が、15日から17日まで光州に集い、韓半島(朝鮮半島)と世界の平和を願う会議を開く。光州市は12日、「5·18光州民主化運動(光州事件)の精神を世界に広め、韓半島の平和統一に向けた和解・協力ムードをつくるため、ノーベル平和賞受賞者、受賞団体代表を招いて、金大中(キム・デジュン)コンベンションセンターで『光州サミット』を開くこととした」と発表した。存命中のノーベル平和賞受賞者は27人で、受賞団体は16だ。

 今回の会議では金大中前大統領(2000年受賞)とミハイル・ゴルバチョフ旧ソ連大統領(1990年受賞)が共同で議長を務める。両氏のほか、マイレッド・コリガン・マグワイア氏(英国・1976年)、リゴベルタ・メンチュウ氏(グアテマラ・1992年)、ホセ・ラモス・ホルタ氏(東ティモール・1996年)、シーリーン・エバーディー氏(イラン・2003年)、ワンガリ・マータイ氏 (ケニア・2004年)の計7人が出席し、また国際平和局(1910年)、赤十字国際委員会(1917年)、アムネスティ・インターナショナル(1977年)、アメリカ・フレンズ奉仕団(1947年)、国際連合難民高等弁務官事務所(1954年、1981年)、核戦争防止国際医師会議(1985年)、パグウォッシュ会議(1995年)の各受賞団体の代表7人も出席する。関心を集めていたダライ・ラマ14世(1989年)は入国が許可されず、映像メッセージが公開される予定だ。

 また、ノルウェーの人権・平和運動家で前首相のヒェル・マグネ・ボンデヴィーク氏、日本の土井たか子元衆議院議長、米ライス大のマルコム・キルリス元総長が個人の資格で参加する。出席者らは16日に国立5·18民主墓地に参拝した後、「5·18民主化運動の精神と韓国の民主化」「東アジアの民主主義拡大と人権状況の改善」「東アジアの平和のための国際協力」「6·15南北共同宣言と韓半島の平和」などのテーマで討論を行う。大学生との討論会も開き、韓半島と世界の平和を願う「光州宣言」を発表する予定だ。

 ノーベル平和賞受賞者による会議は、ローマにあるゴルバチョフ財団が1999年から毎年開催してきた。今年の会議は昨年の会議を見学した朴光泰(パク・グァンテ)光州市長が誘致した。

光州=クォン・ギョンアン記者


 日本の土井たか子って・・・。同日の同じ市内で開催されたイベントで、祝典に参加したと考えるのはおかしな話でしょうか?別にだからどうとは言いませんが、これだけ北朝鮮への圧力が強まる中、このようなイベントに参加したこと自体不思議な話ではあります。どのように弁明するか聞いてみたいものです。

 それはともかく、今回の祝典が北朝鮮の政治的な目的に利用されたことは疑いもなく、それを開催させた韓国(特にウリ党と政府)が一番の責任があるのは確かです。それに参加したノーベル平和賞受賞者もその程度の人だったんだなぁ・・・、とため息が出てきます。ノーベル平和賞なんて元々胡散臭いとしか思っていませんでしたが、今回で確証が持てました。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年06月18日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

「休戦中の敵国」のプロパガンダを自国内で堂々とやらせるってのは国家として狂ってますね。

土井たか子は旅券無効にして再入国出来ないようにして欲しい。

2006年06月19日 煬帝 URL 編集

土井なんてもう国内での政治生命はとっくに終わってるw
北や中でしか活躍の場はないでしょう

2006年06月19日 k URL 編集

煬帝さん、kさん、
コメントありがとうございます。
土井たか子氏は日本で政治生命は終わったも同然なのに韓国で何でそんなにもてはやされるのでしょうね。

やはりあちらの血がなせる技なのでしょうか。帰化したとはいえ、朝鮮半島出身者が日本の立法府の長に就いたことが誇らしいのかもしれませんね。

2006年06月19日 さいごう URL 編集

土井たか子は弁明するなんて気はまったくないでしょう。これまでも祖国への忠誠を全く隠さなかったくらいですから。

2006年06月21日 worldwalker URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。