スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

覚醒剤で末期症状の北朝鮮

 北朝鮮では密輸用に製造された覚醒剤が各種の締め付けによって国内で流通するようになってしまっているそうです。もちろん購入できるのは収入の高いエリート層でしょうから、国家運営に直接影響してくるのではないでしょうか。

 ・北朝鮮で覚醒剤が蔓延 密輸規制影響、国内に拡散(産経新聞)

 北朝鮮国内で覚醒(かくせい)剤中毒者が急増している可能性が高いことが17日、日韓のNGO(非政府組織)などの調査で分かった。北朝鮮は外貨獲得のため、偽札とともに国家事業として覚醒剤を含む麻薬を製造、流通させているとされるが、最近の国際的な取り締まり強化の影響などで、覚醒剤が内部に流出し、朝鮮労働党や軍の関係者から一般労働者まで幅広く蔓延(まんえん)しているという。専門家は「危機的な状況に陥っている」としている。
 北朝鮮内で急速に広まっている覚醒剤は「オルム(氷)」や「ピンドゥ(氷豆)」と呼ばれている。ソウルの北朝鮮人権団体「良き友人たち」は今月8日付の機関紙で、「北朝鮮の20-30歳代の男性の間で麻薬服用者が増加傾向」「北朝鮮と中国国境地域の咸鏡北道の場合、働き盛りの青年層の約5%が麻薬を服用している」と指摘した。

 韓国の聯合ニュースによれば、北朝鮮では地方だけでなく平壌など都市部にも中毒者が拡散。「適度な麻薬服用は長寿に役立つ」とのうわさが広がり、党と軍幹部の中にも覚醒剤を使用する例は少なくないとの北朝鮮消息筋の話を伝えた。

 日本のNGO「救え!北朝鮮の民衆/緊急行動ネットワーク(RENK)」が北朝鮮内部から得た情報によると、覚醒剤は国家保衛部(秘密警察)や咸興市の「興南製薬工場」、平壌市の「平城科学院」で製造されているほか、各地で科学者と投資家による個人生産が行われている。北朝鮮の覚醒剤密輸への国際的な取り締まりが強化されたことで、大量に余った覚醒剤が国内で流通、上流階級を中心に中毒者が増えているという。

 また、各地の一般製薬工場では従業員に配給するコメが途絶えたため、違法と知りながら覚醒剤を製造。市場に販売した代金で食糧を購入し、従業員に配った。これで覚醒剤拡散に拍車がかかったとの見方もある。

 山梨学院大の宮塚利雄教授は「覚醒剤に関する国家の管理が緩んでいることもあるが、憂さ晴らしや享楽を目的とした使用が広がっている。食べ物不足を覚醒剤を使ってまひさせてもいる。相当危険な状態だ」と話す。

 RENKのメンバーが北朝鮮内で覚醒剤密輸業者から聞き取りした内容によれば、覚醒剤を取り締まるはずの保安(警察)や保衛当局者も「没収」という形で覚醒剤を所有し、恒常的に使用しているケースが目立つ。地方都市では中学生の覚醒剤使用者も確認されているという。

 RENK代表の李英和関西大教授は「改革開放の遅れなど体制への不満から幹部や新興富裕層が覚醒剤に手を出し、中毒になるケースが大半だ。国家事業として麻薬製造を行ってきたツケが回ってきた。軍部幹部にも中毒患者が蔓延するのをみると、末期症状であり危険な状態だ」と指摘している。



 ・北朝鮮で麻薬中毒者が増加、青少年の5%が服用(聯合ニュース)

 【ソウル8日聯合】北朝鮮人権団体の「良き友人」が8日付の機関紙で、北朝鮮で20~30代の男性の間に麻薬服用者が増加する傾向があると伝えた。好奇心から麻薬に手をつけた後、生活難による苦痛と空虚感のために麻薬を絶てず中毒になっているという。
 北朝鮮と中国国境地域の咸鏡北道の場合、働き盛りの青年層の約5%が麻薬を服用していると指摘した。麻薬服用は犯罪にもつながるとし、年初に平安北道新義州や咸鏡北道会寧などで発生した鉄道事故の犯人はすべて麻薬を服用した状態だったとの陳述があったことを明らかにした。

 北朝鮮社会では地方だけでなく平壌など都市部でも、身分の上下にかかわらず麻薬中毒が拡散している点が深刻さをうかがわせる。ある北朝鮮消息筋によると、北朝鮮には「適度な麻薬服用は長寿に役立つ」とのうわさが広がっており、党と軍幹部の中でも麻薬を服用する例は少なくない。こうした家庭の10代の青少年による麻薬服用が社会的な問題となっているが、親が職位や財産を利用して麻薬を取り引き、服用する場合もあるという。

 麻薬を取り締まる人民保安省でも麻薬の常習的服用者がはびこり、取り締まりを十分行っていないともされる。こうした状況を受け、金正日(キム・ジョンイル)総書記は2002年3月、アヘン栽培と麻薬密売の禁止を指示したとされる。ことし3月には人民保安省が麻薬取り引きと製造、輸出などに関与した場合には最高で死刑を適用することを骨子とした布告令を発表した。同団体関係者は、当局の布告令は国際社会の疑惑のまなざしを意識した措置との評価もあるが、実際に北朝鮮住民の麻薬服用状態が危険水位に迫っているとの判断によるものとの見方を示した。

 しかしこうした動きにもかかわらず、麻薬の取り引きや服用はなくなっていない。一説では、各地の製薬工場で従業員にコメを供給する方法が途絶えたため、違法と知りながら覚醒(かくせい)剤などを製造し市場に販売した代金で食糧を購入、従業員に配ったことから、事態が急速に深刻化したという。消息筋は、「外貨稼ぎで始まった麻薬密売が今や内部を侵食し、全国的に麻薬中毒に陥っている状況だ」と述べた。


 「国際的な取り締まり」とありますが、この覚醒剤が日本に流入している割合はかなり高いと思われます。先日の覚醒剤密輸業者の逮捕でも分かるように日本の警察・海上保安庁は取り締まりに力を入れています。その辺りがかなり影響しているのではないでしょうか。

 北朝鮮は日本などから見たイメージ以上に末期症状になっている可能性が高いと思います。今回のミサイル発射騒動にしてもそうした国内状況を隠蔽して、未だに北朝鮮は「脅威」だと思わせることが目的でしょう。

 日本や米国など国際社会は引き続き制裁の手をゆるめるべきではありません。これを機に人道援助など馬鹿げた行為を考える輩がいないことを祈ります。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年06月18日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:8

ジャブが効いてきているようですね。もう少しで死に体です!このまま制裁を強化してほしいところです。
しかし、対話対話と叫ぶ基地外は今の状況をどう思っているのでしょうか?

2006年06月18日 テツ URL 編集

 妄想の領域に引きこもりか。
 それよりもこんな奴相手に拉致問題が解決できない方が嘆かわしいな。
 まあ、『言葉が通じない』のは否定できないけど。

2006年06月18日 どらっへ URL 編集

祖国がつまらん国だから、現実逃避したいんだろうなあ。

2006年06月18日 worldwalker (・∀・) URL 編集

自国民をシャブ漬けにしてどうする。

アヘン戦争前の清国より酷いじゃないか。

2006年06月18日 煬帝 URL 編集

韓国による北朝鮮宥和政策がこのまま進めば、人道支援が活発化する可能性もちょっとあるかもしれませんね。
更に韓国との友好を主眼にしている日本国内の団体が、そこに協力しかねません。

2006年06月18日 ねこねこ URL 編集

皆さん色々心配していますが。
私の一番の関心事は、ヤク中脱北者がどれだけ出てくるか……ですね。
国内でヤクを買えない貧民層が、ヤクを求めて国外脱出。
ヤク中なので恐いもん無しですし、案外あり得るかもしれませんよ。

2006年06月18日 you URL 編集

皆さんコメントありがとうございました。
ほとんどの方がコメントで指摘されているように、国内向けに使っているのは最低の行為です。
個人的には北朝鮮国民の保護も含めてすぐにでも北朝鮮政権を打倒しなければならないと思っています。

それでは今後ともよろしくお願いします。

2006年06月19日 さいごう URL 編集

もし脱北者でヤク中がいても中国では更正プログラムなどしないかもしれませんね。
人道支援はそのような人の更正などに使うべきですよね。

2006年06月19日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。