スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ビルゲイツ氏、退任へ

 うーん、これがどのように影響していくかを読むのは非常に難しいですが、これからさらにOSやオフィススイートはWebに依存していこうとし、変化の狭間にいるときに退任するのは大きな出来事だとは思います。

 ・MS会長B・ゲイツ氏、2008年6月に事実上の退任へ(CNET Japan)

 Bill Gates氏がMicrosoftにおけるフルタイムの仕事から身を引く意向であることを明らかにした。Microsoftは株価の低下やGoogleとの競争、次期OS「Vista」の開発遅延などの問題に直面している。

 米国時間6月15日の株式取引終了後に記者会見を開いたGates氏は、今後2年間をかけてMicrosoftでの日常業務から徐々に身を引いていくと述べた。

 またGates氏はただちに、最高技術責任者(CTO)のRay Ozzie氏にチーフソフトウェアアーキテクトの座を譲ることも明らかにした。また、アドバンストストラテジおよびポリシー担当チーフテクニカルオフィサーのCraig Mundie氏をチーフリサーチ&ストラテジーオフィサーに就任させ、リサーチやインキュベーションの業務を担当させるという。

 Gates氏はこれまでMicrosoftに常勤し、その合間を縫ってBill & Melinda Gates Foundationの業務にあたってきたが、退任後はBill & Melinda Gates Foundationの仕事を優先させる意向だ。

 同氏は声明で「ビジネスや技術の分野において、Microsoftはこれまでにないくらい強力なリーダーシップを発揮している。社内にはRayやCraigのような優秀な技術者がおり、わたしは幸運だと思う。2008年6月まではMicrosoftに常勤し、RayやCraigと協力しながら、滞りなく仕事を引き継ぐ予定だ」と述べた。

 Gates氏は2000年、CEO職をSteve Ballmer氏に譲り、会長として同社にとどまると発表し、技術業界に驚きを与えている。また、それと同時にGates氏は、チーフソフトウェアアーキテクトに就任していた。

 Microsoftは、好調な業績を維持するも、今後の成長見通しや新たな競合企業に対抗する能力が原因で、株価に停滞が見られていた。Microsoftの株価は15日、過去52週間の最高値28.38ドルから、22.07ドルで通常取引を終了している。同社株価は、2001年の35ドルから下降傾向にあった(Gates氏の引退計画を受けて、15日の株価は3セント下げている)。

 現在51歳のGates氏は、Altairコンピュータ用のBasicプログラミング言語を販売する目的で、高校時代の親友だったPaul Allen氏と共同で1975年にMicrosoftを創業した。同社は1980年代に、AppleのMacintosh用アプリケーションを開発するなどして大成功を収めた。

 しかし、IT業界のトップに上り詰めることになったきっかけは、同社がOSビジネスへの参入を決断したことだった。同社のWindows OSは、世界の90%以上のPC上で動作している。この成功により、Gates氏の純資産は自身が保有するMicrosoft株を中心に、1999年にはあっさりと1000億ドルを越えてしまった。Gates氏は現在、同社株を約9億7700万株保有している。

 Forbes誌によると、同氏は2005年時点で500億ドルの純資産を保有する世界一の富豪だという。

 Insight 64のアナリストNathan Brookwood氏は、「確かにGates氏は、良くも悪くもこの業界を牽引してきた。1981年を振り返っても、1つのOSが世界中のPCの95%を統合するなど、ほとんどの人は予測していなかった」と述べている。

 「Microsoftが成長を遂げるのにともない、(Gates氏が与える)技術レベルでの影響力は重要性を弱めていった。技術的立場から見た場合、同氏が常勤だろうが非常勤だろうが大差はないと思う」(Brookwood氏)

 NPD TechworldのアナリストStephen Baker氏は、電子メールでインタビューに応え、「同氏は技術知識のある初めての起業家だった。エンジニアでも金儲けはできるし、そうしてかまわないことを正当化したのだ」と述べた。

 Gates氏は、自社の経営にあたり、純粋な技術的問題よりもビジネスの成功を優先した。そのためもあって、同氏とMicrosoftには技術コミュニティーから長年激しい反発があったと、Baker氏は述べている。「今日のGoogleを見ると、同社が同じ方向に向かっているのが分かると思う。称賛される起業家が技術的に良いことをしていながら、利益追求と製品開発のはざまで困難に直面している」(Baker氏)


 MicrosoftはWebアプリケーションのへの軸足はそれほど重心を移動させているわけではありません。やはり本命は次のOSである「Vista」でしょう。

 しかし、世の中は信じられない速度で進化してきています。今やインターネットとのつながりを考えずには次世代のアプリケーション開発は出来ません。その中でひょっとしたら今の地位をGoogleに脅かされるかもしれない、と言うところでのCEO退任です。本当にどうなっていくのかは想像できません。

 私にとってビルゲイツが完全にMicrosoftから手を引いてしまったら、彼がいくら金を持っていようが興味ありません。あるのはMicrosoft、特にWindowsとOfficeの未来だけです。多分長期的な話になると、これからは一人勝ちできるほど甘くはないだろうと思います。そのときに誰と争っているか、AppleになるのかGoogleになるのか、その辺りを考えてみるのも楽しいかな、と思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年06月16日 IT トラックバック:- コメント:5

次のOSは家電並みに簡単になるんだろうなあ。子供や老人も使えるように。

http://sawasho.com/blog/archives/images/billgates_02r.html



数十年前、スピード違反で州警察に逮捕さる。

2006年06月17日 worldwalker (・∀・) URL 編集

最近特にgoogleの急成長が目立ちますからねえ。google earth4ってすごいですよ。

2006年06月17日 おいどん URL 編集

セミリタイアですかね。

どこか身近なようで現実は雲の上のような存在です。
今後OSのシェアがどう動いていくか気になります。

2006年06月17日 フレア URL 編集

未だに信用できないんですよね>webアプリ
「自分が覗きに行く」タイプはともかく「自分のデータを残す」タイプは特に。
インターネットでは、通信の秘匿性なんてあってなきがごとしですから。

2006年06月17日 you URL 編集

youさん、
私もその辺りが気になります。

セキュリティと利便性が現時点では反比例してきていますね。個人レベルでもかなりのセキュリティ意識が高まってきている現在、AJAXやWeb2.0だけが進化の道なのかMicrosoftやGoogleには考えてもらいたいですね。

2006年06月17日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。