スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

上海協力機構は中ロの軍事・経済ブロックづくり

 今回の上海協力機構はイランをオブザーバーに招くなど、米国の求める国際秩序づくりに挑戦的な首脳会議を行いました。最近の中ロの動きは米国の衰退を見越した「新しい国際秩序作り」に見えます。

 ・上海協力機構首脳会議が開幕、安全保障問題をテーマ(読売新聞)

 【上海=加藤隆則】中国、ロシアと中央アジア4か国(カザフスタン・ウズベキスタン・タジキスタン・キルギス)で構成する上海協力機構(SCO)の首脳会議が15日午前(日本時間同)、中国・上海で開幕した。

 会議には中国の胡錦濤国家主席、ロシアのプーチン大統領ら6か国首脳のほか、オブザーバーとして、イランのアフマディネジャド大統領、パキスタンのムシャラフ大統領らが参加。

 安全保障、経済協力などに関する宣言を採択し、同日午後、閉幕する。

 アフマディネジャド大統領は胡錦濤主席、プーチン大統領らとの個別会談を予定しており、自国の核問題への支持を求め、活発な外交を展開すると見られる。

 SCOは設立から5年を迎え、これまでに計3回、イスラム過激派勢力によるテロを想定した合同軍事演習を行う一方、昨年には中央アジアに駐留する米軍の撤退を促す宣言を採択するなど、米国けん制の動きを強めている。今回の首脳会議でも、安全保障問題が最大のテーマだが、「第三国に対する軍事同盟にはならない」と国際社会の懸念払しょくに躍起となっている。

 また、SCOは経済分野での結束も強めており、新華社通信によると、首脳会議期間中、各国間で、水力発電所建設などインフラ整備に関する20億ドル規模のプロジェクト、融資が合意される見通しという。


 ・関係強化で米欧けん制/イラン、正式加盟も視野(秋田魁新報)

 【テヘラン15日共同】イランはここ数年、上海協力機構(SCO)への関心を強め、正式加盟も視野に入れて急速に接近を図っている。背景には、核兵器開発疑惑で米国や欧州との対立が深まる中、中国やロシアを中心とした地域機構との関係を強化し、米欧をけん制する思惑がある。

 イランのアセフィ外務省報道官は「SCOは世界をより公平にすることができる」と指摘。イランやインドの正式加盟で「米欧の対立軸」に発展させる必要性を強調した。


 上海協力機構の表向きの目的は経済協力です。特に中国やロシアのエネルギー資源を求める動きは最近顕著で、この組織もエネルギーの安定的な供給が大きな目的であることは確かです。
 
 しかし、あくまでもそれは表向きの理由であって、中ロは「エネルギーの安定供給」を軸に新たな国際秩序づくりを模索しているのです。彼らが行う合同軍事演習はその一端ですし、イランをオブザーバーで招いたのも米国の対イラン政策を批判するかのような態度の表れです。
 
 そもそもここに参加する国々は、欧米の求める民主主義を積極的に導入しようと思わない国々ばかりです。米国の行っている行為は「民主主義の押し付け」にしか感じない人たちもかなり多く存在するのでしょう。
 
 日本は欧米から民主主義を学んでから恐るべき短期間で近代国家を作り上げました。しかし、それは江戸時代からの識字率の高さでも分かるとおり、民衆のレベルの高さがあってこそです。全ての国にそれが適用できるわけではないところが、米国の戦略の持つ矛盾ではないかと思います。
 
 日本としては、上海協力機構の動きに注意してアジア(よく言う中国・朝鮮だけのアジアではありません)で孤立しないように各国との友好関係を維持していくことが必要でしょう。
 
 ところで少々思ったのですが、彼らは基本的に「大陸国」です。米国・日本のような「海洋国」とは根本的に考え方が違うのかもしれません。ひょっとしたら欧州で起こった「大陸国」と「海洋国」の対立は、冷戦という時を経た後に世界を舞台にして新たな対立を生み出そうとしているのかもしれません。(この辺りは半分妄想ですが、外れているとも言えないですよね。)
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年06月15日 国際 トラックバック:- コメント:11

「第二次冷戦時代」が来るんでしょうか。

2006年06月15日 煬帝 URL 編集

主導権争いで、対立軸を作るにはいたらないでしょう~~。
と楽観視しておきます。

2006年06月15日 k URL 編集

 アメリカも中国もロシアも皆倒れてくれれば、理想なんですけどね。
 大国の都合で振り回される世界なんぞ見たくないんで。

 ともかく、資源確保は必要なんですから、日本は領土問題で強気に出るべき。
 領海及び、領空侵犯機は撃沈&撃墜していい。

>「大陸国」と「海洋国」

 そう考えると、第2次世界大戦は「大陸国」の争い。
 太平洋戦争は「海洋国」の争いだったんですね。

>第2の冷戦

 チョンはどっちに付くんだろうなと思った。
 日本と同じ側には居ないでくれ。

2006年06月16日 どらっへ URL 編集

海洋国vs大陸国か。
わかりやすく言ってしまうと、イデオロギーだの思想だのの戦いではなく、単に資源の奪い合いとも思えます。
単純になってきたと言えばそれまでですが、それだけに簡単にケリが付きそうにはないですよね。
エコロジーだの原子力の時代だのと言っても、未だに世界は石油で動いてますから。

そう考えると、日本海に確認されたメタンハイドレードは、早急に確保する必要ありです。
メタンハイドレード活用の目処が立ってから……なんて言ってると、よけいな火種になりかねませんから。
(日本が資源を保有する……という意味でも、重要ですし)

>どらっへ氏
>チョンはどっちに付くんだろうなと思った。
どちらかが勝ちそうになれば、そちらに付きます。
それが彼ら“半万年属国”の文化ですからw

2006年06月16日 you URL 編集

多分、付いた方が負けるんでしようね。
故に双方から要らない子扱い。(笑い)

2006年06月16日 DRACHE URL 編集

オレに言わせるとどう見ても対日包囲網。中国ロシア南北朝鮮。

2006年06月16日 worldwalker URL 編集

>オレに言わせるとどう見ても対日包囲網。中国ロシア南北朝鮮。
全然包囲されてませんよ?
日本は「海洋国」ですから、むしろ東南アジアや環太平洋地域に近い。
逆に今回の件で、大陸国と縁が切れたことを喜ぶべきだと思います。
近攻遠好外交を結ぶ絶好の機会ですし、是非とも彼らには独自の経済圏を作って欲しいものです。

……まあ、参加国図部手のGDPを合計しても、日本のそれには追いつかないんですがねw

2006年06月17日 you URL 編集

皆さんコメントありがとうございます。

SCOは朝鮮半島の加盟はなかったと思うので、対日包囲網とは若干違うと思います。

ところで私が例として出した「海洋国」と「大陸国」の件ですが、先の大戦は日本と米国という「海洋国」同士の覇権争いと、ドイツとソ連の「大陸国」同士の覇権争いが絡み合って出来たものだと認識しています。

ただ、「大陸国」、「海洋国」と分類はしても、結局昔は加工品の輸出先、今ではエネルギーの安定供給先など国益に繋がる生命線の争いだったと認識しています。

これからは多分中国のエネルギー需要が増えるため、いかに中国の先手を打つかに日本の戦略があると思います。

2006年06月17日 さいごう URL 編集

>>全然包囲されてませんよ?

地理的にって言う意味じゃねえよ。
じゃあ、ABCD包囲網もなかっててことだな。

2006年06月18日 worldwalker (・∀・) URL 編集

たぶん、貴方のおっしゃる「対日包囲網」というのは、目論見としては間違っていないと思います。
ただ、中露以外の参加国は「一応メリットがありそうだから参加しているけど、いざとなれば日本の経済力・技術力が欲しい」と考えていると思います。

こっちも「地理的に」と言う意味ではありませんよ?
単純に資源的な意味合いと、経済ブロックとしてみた場合の包囲網の話しです。
当時のABCD包囲網は、日本の資源・経済を「完全に」封じていましたが、上海協力機構のそれは穴だらけで、幾らでも手の打ちようがあります。
その理由が「日本の経済力」と私は観たわけですが……間違ってますかね?

2006年06月18日 you URL 編集

YouはMeの言い分にいちいち突っ込まんでもいいよ。オレに言わせるとって書いてあるだろ。

2006年06月20日 worldwalker URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。