スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

自民党、自衛隊海外派遣恒久法案まとめる

 これによってイラク特措法やテロ特措法など特別措置で自衛隊を海外派遣していたものが、この法律だけで海外派遣できるようになるそうです。

 ・自衛隊、国連決議なしでも海外派遣…恒久法案概要(読売新聞)

 自民党の国防部会防衛政策検討小委員会(石破茂小委員長)は14日午前、自衛隊の海外派遣に関する恒久法案の概要をまとめた。

 〈1〉国連決議や国際機関の要請がなくても、国会の事前承認などを条件に政府の判断で派遣できるようにする〈2〉武器使用の基準を緩和する〈3〉治安維持任務を可能にする――などが柱だ。

 7月中に法案化し、与党に提示する方針だ。

 法案概要では、政府の裁量で自衛隊を派遣できる要件を緩和する一方、国会の関与を拡大した。国会の判断で派遣終了を可能としたほか、国連決議や国際機関の要請がない場合は1年ごとに国会承認を得ることを盛り込んだ。

 自衛隊の活動には、市民の救助、破壊活動の防止などの治安維持活動を新たに加えた。派遣先国の軍事組織への教育訓練なども実施する。さらに、警護活動の際も含め、暴動などの非常事態に限って正当防衛や緊急避難以外でも使用を認めるなど、武器の使用基準を大幅に緩和した。イラク派遣の際に問題となった、活動が認められる「非戦闘地域」は、「非国際的武力紛争地域」に名称を改めた。



 ・自衛隊、国連決議なしでも海外派遣 恒久法案概要(産経新聞)

 自民党国防部会は14日午前、党本部で防衛政策検討小委員会(委員長・石破茂元防衛庁長官)を開き、自衛隊の海外派遣を随時可能にする「恒久法」制定に向け石破氏が提示した法案概要をたたき台に今夏までに条文化する方針を確認した。
 概要は「国際平和、安全の維持が危うくされている場合」に、従来の国連決議や国際機関の要請だけでなく、紛争当事者の合意による要請や領域国の要請がある場合や、わが国として国際的協調の下に活動することが特に必要と認める事態でも、自衛隊派遣を可能と規定。現行法で認めていない治安維持活動や警護活動などの任務拡大も盛り込んだ。

 概要はこのほか、武器使用権限も拡大し「自己または他人の生命または身体の防衛のため必要と認める相当の理由がある場合」、「活動目的を達するために特に必要と認める相当の理由がある場合」に、武器使用を可能としている。

 一方、こうした国際平和協力活動を開始する際に原則として国会の事前承認を求めるなど文民統制の強化も盛り込んだ。


 まだまだ修正されていくのでしょうから、このままの形で出るとは思いません。今までは海外派遣のたびにPKO以外では国会の承認が必要な状況でしたが、これでは世界に取り残されてしまうし、国際的に自衛隊の存在感を発揮しているとは言えません。

 この動きは歓迎すべきものですが、さらに憲法の現状と乖離していく可能性が高いです。そもそも現状にあわない憲法は早く改正すべきです。

 ところでこのような海外派遣恒久法と憲法改正の間に「安全保障基本法」のような存在が抜けているのも日本の法律の不備だと思います。海外派遣を柔軟にするのは良いのですが、国の安全保障をどのような方針で行うのかという明確な指標がなければ今後も改正を何度もしなければならないでしょう。

 ことは国家防衛の基本であるため、今後とも法整備をきちんと行ってもらいたいものです。私としてはまずは歓迎と言うところでしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年06月15日 政治 トラックバック:- コメント:8

こうして「憲法と現状を乖離させていく」事によって、憲法を現実に合わせるよう改正するための布石……と、私は読みましたが。
それと「安全保障基本法」は、憲法9条改正との交換でしょう。
先に作っても、憲法9条という枷がある以上、張り子の虎に過ぎません。
まだ機は熟していない……と、私は見ますが。

2006年06月15日 you URL 編集

自国防衛もきちんとお願いしたいです。

2006年06月15日 おいどん URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006年06月15日 編集

わけの分からない理屈で抵抗する連中が湧いて来るんでしょうね。

欝。

2006年06月15日 煬帝 URL 編集

同じく諸外国もわかりますが、自国防衛ももっと強化して欲しいですね。

2006年06月15日 テツ URL 編集

もっと重要法案いっぱいあっただろう。

2006年06月16日 worldwalker URL 編集

武器使用要件の緩和ですが、素案では、暴動などが起きた時に、自衛隊法で規定されている治安出動の規定を準用するような内容と思われます。ということは、警察官の権限プラスアルファです。やはり、きちんと「軍隊」と位置づけないと何かと無理が生じてくるものです。

2006年06月17日 猫研究員。 URL 編集

皆さんコメントありがとうございます。

こうした法案でひとつひとつ法律の不備を無くしていくことも重要ですが、憲法の問題や安全保障に対する基本的なコンセンサスがないままこうやって決めていくことは時間の無駄だと思っています。

まずは憲法改正が必要だと思います。

2006年06月17日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。