スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

上海総領事館事件で中国の肩を持つ高井潔司

 この人には本当に参りました。とことん中国に肩入れしています。前にも高井潔司氏の中国情報局における記事を引用(参考)したのですが、この人はもう完全に冷静に見ることは出来ない人になり果てていますね。

 ・非難だけでは済まない現代の情報戦(中国情報局)

 中国を読み解く視点(13)-高井潔司(北海道大学教授)


 ◆共産党同士が情報戦略を指南

 出張や帰省などで比較的ひんぱんに航空便を利用するが、機内では決まって産経新聞を読むことにしている。中国関係の記事が多いこともあるが、それより何より、北海道ではこの新聞が発行されていないためだ。取り寄せることも可能だが、半日か一日遅れることになる。九州でもそうだと聞いたので、この新聞はいわゆる全国紙とはいえない。

 それはともかく、中国報道には特別なスタンスを持っていることに加えて、時々読むと、紙面に慣れていないこともあって、非常に新鮮である。先日も一面コラムの「産経抄」(6月1日付)に、「やはりというべきか。江沢民時代の中国が、日本共産党に日本の世論対策をこっそり相談していた」と自社の月刊『正論』の対談を紹介しながら、「情報工作に抗する勇気と知恵が日本に欲しい」と説いていた。長い間喧嘩していても、さすがに共産党同士だから、修復するとそんな関係に変わるものかと読み進んだが、相談を受けた不破哲三議長の回答は、「これからの戦いは国際世論の争奪戦だ。国際世論をどう見方につけるかが大事で、日本のメディア対策でなくもっと世界の世論を」というものだった。別に感心するほどのアドバイスとも思えないが、「産経抄」は、「この時の不破氏の答えは後の中国による反日宣伝パターンと符節が合う」と大いに持ち上げ、「不破氏はズバリ『これからの戦いは国際世論の争奪戦だ』と答えた」と驚いてみせる。

 このコラムに限らず、どうも中国の動きについて、一つひとつ過剰に取り上げ、驚いたり、怖がったりし過ぎていないだろうか。しかも、自身をいつも純粋無垢の生娘のような立場に置いて。中国は本当に不破氏の指南を受けて国際世論の争奪戦に乗り出したのだろうか。それほど中国が情報戦に疎いとは思えない。そもそもこの「産経抄」でさえ、「思えば、毛沢東は天才的な宣伝上手であった」と書いている。

◆外務省の諜報対策強化の純粋無垢な中味

  「生娘のような」といえば、6月11日付読売新聞1面トップの記事は「諜報対策を強化、外務省上海事件を受け」とあり、「工作をうけたらすぐ報告」「正直に言えば処遇配慮」「異性の接近注意を明記」と、強化策の主な内容を凸版見出しで伝えている。こんなあたり前のことを、わざわざ強化策として明記しなくてはいけないとは本当に情けない。マニュアルがないと何もできないマニュアル社会の弊害がここまで来たということか。はたまた外務省がこの事件の幕引きのために「強化策」として、こんな当たり前の「大臣訓令」を出してきたのか。

  中国の公安に厳しく付きまとわれ、悩みぬいて、自殺された上海総領事館員の方には誠に申し訳ないが、こういうワナにはまってしまったこと自体、かなりの部分、自己責任を問われることではないのか。事が中国との間のことで、なかなか日本国内でこうした意見を言う雰囲気にはないが、おそらく日本の多くの方も内心、そう思われていると推察する。もちろん中国のやり方は卑劣である。もっといえば拙劣。このいきさつは中国ではあまり報道されていないので、中国の友人にこの間の経緯を説明したら、まったく中国の公安ときたら最低ですね、と嘆いていた。

◆まず情報戦、諜報戦の自覚を

  筆者も元新聞社の海外特派員として中国などに滞在したり、出張したことがあるが、「異性の接近」に対する注意は、基本中の基本。別にマニュアルが会社にあったわけではなく、日常的に先輩記者から例を挙げて注意されていた。

  情報戦にしても諜報戦にしても、そう公にする問題でもない。双方が様々な形で仕掛けている。中国のメディアでは、日本の公安が残留孤児を使ってスパイ活動を強いていたとの事例をことさら大きく取り上げ、日本批判の材料に使っていた。

  情報戦においては、相手の行動をことさら誇張し、非難することも一つの戦術であろうが、このグローバル化、相互依存の時代には、それだけでは事は済まない。むしろ、様々なレベルの人が情報戦、諜報線を自覚しながら対応することが極めて重要ではないか。外務省の諜報対策強化も、その文脈で理解すべきなのだろう。(写真は上海国際会議センター。6月15日の上海協力機構「SCO」首脳会談はここで開催される)


 私も基本的には上海領事館員本人の責任に帰する部分があると判断した部分には納得します。しかし、彼の論法によれば、「泥棒に襲われる家が悪い」、「強姦されるような服装をして歩いている方が悪い」、「放火されるような構造の家が悪い」と言い、犯罪の責任を被害者に転嫁する非常に勝手な理屈に聞こえます。

 また、今回の事件の再発防止のために外務省が行った対策は、信じられないほど低レベルと感じたのは私も同じです。しかし、そこに議論の矛先を向けて中国の卑劣さを隠そうとする姿勢にも呆れます。

 この場合、責任の一端は領事館員にあったとしても、主となる原因は中国政府にあります。中国政府の責任を追及する姿勢と、情報・諜報への対応は別の次元で考えていくべきです。この人のように、「情報戦への意識が足りないからこのようなことになったのであり、原因の主は本人にある。中国政府はよくあることをしていただけ。」という論理には私は与しません。

 別にこの人の記事の揚げ足取りをしているわけではなくて、いつも最初は共感できる書き方で、最終的な結論は全く納得できないものになっているのが許せないのです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年06月13日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

不法な諜報工作が発覚した時に「直接抗議する」のではなく大使館・領事館に常駐する武官や情報工作員をペルソナ・ノン・グラータで追い出すのが一般的な報復だったようです。
そのために相手国の情報工作網を探知しても手を着けずに泳がせておくとか。

実際、今回の件で「強硬に抗議」しても中共には大して効き目がないでしょう。
本来は日本国内にある中共の情報網を叩き潰すくらいの報復をしてもいのに日本にはそれが出来ない。

きつい書き方をしているし、管理人さんが不愉快に思うのも分かりますが、この文章がまるっきり間違っているとは私は思いません。

2006年06月13日 煬帝 URL 編集

外務省の秘密保持の仕方は、甘いとは思うけど・・・。
悪人は、中国それだけの事実。

2006年06月14日 k URL 編集

皆さんコメントありがとうございます。

煬帝さんの仰るように「強硬に抗議」が意味のないことだとも分かっていますし、この人の意見を全面的に否定しているわけではありません。

ただ、領事館員は本人の責任はあるものの、曲がりなりにも自殺してまで後悔をしていました。(責任を取ったとは言いません)

だからこそ国家として今出来る方法で中国へ抗議したのだと思います。日本は全てが甘いのですが、そこに責任を押しつける考えは、私は違うと思います。

煬帝さん、今回の件はありがとうございます。私はこうやって自分の意見を考えて書いているつもりですが、違う人の考えに触れるときが一番勉強になります。誹謗・中傷でない意見はすごく望んでいます。

それでは皆さん今後ともよろしくお願いします。

2006年06月14日 さいごう URL 編集

つまり加藤工作員と同じ種類の人間と言うことですね。

加藤工作員「いやあ、チベットは中国に統治されて幸せだったでしょうねえ」
...

2006年06月16日 worldwalker URL 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2009年01月24日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。