スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

民主党小沢代表、年内訪中予定

 中国の小沢代表に対するイメージは良いようです。しかし、アジア重視外交として一番に中国を挙げるあたりが「対小泉外交」を明確にイメージしていて、いまいち信用できません。

 ・小沢代表、年内の訪中検討…アジア重視姿勢打ち出す(読売新聞)

 民主党の小沢代表が年内の中国訪問を検討していることが分かった。複数の民主党幹部が7日、明らかにした。

 小泉首相の靖国神社参拝で両国間の首脳交流が途絶えている中、アジアを重視する外交姿勢を打ち出し、自民党との違いをアピールする狙いがあると見られる。

 9月の代表選で再選された後の訪中を想定し、胡錦濤国家主席や呉邦国・全国人民代表大会常務委員長らとの会談を要請している。

 小沢氏は代表就任前の昨年10月に訪中している。今年5月には、北京を訪れた民主党最高顧問の羽田元首相に対し、唐家セン・国務委員(前外相)が小沢代表の訪中を求めていた。(唐家センの「セン」は王へんに「旋」)


 小沢代表は旧田中派の経世会出身です。その関係上中国との関係は最初からそれほど悪いものではありません。中国外交は基本的に人で対応を変えますから、そういった意味でも中国側の良好な対応が期待できます。

 それに加えて民主党前代表の前原氏は「中国脅威論」を唱えるほどの中国警戒派でした。あの人の靖国に関する発言以外は、非常に現実に即した考え方で私には納得できる部分が多かったです。しかし、中国にとってはあまり好ましい相手ではなかったでしょう。その後に就いた小沢代表は靖国のA級戦犯分祀を唱え、中国の信頼を買うことに成功したと思います。

 今の中国は日本に対して強硬な発言を行いつつも、靖国神社へ閣僚が参拝しなければこの問題を政治問題としないと言っています。現実問題として中国は、外資に依存した経済や人権問題などのアキレス腱を抱えています。そして米国が共和党政権であるうちは、それほど米中の政治関係も好転しないと判断しています。そこで日本との関係をこれ以上悪化させることは中国にとってもあまり良くないため、内実はそれほど強気になれていないはずです。

 日本は今こそが中国との対等な関係を築くチャンスです。だからこそ靖国やODA、遺棄化学兵器などの問題を妥協せず、国益を考えて違憲をぶつけていくべきだと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年06月08日 政治 トラックバック:- コメント:4

笑かしますよねえ!
民主党ってこれだから政権とるまでいかないんですよね。
いつもフラフラフラと国民が???不在です、コロコロ変わられたらいやついていけない。
気付かないのも面白い...。

2006年06月08日 テツ URL 編集

中共挑発して帰って来たら少しは株も上がるんだが。

2006年06月08日 煬帝 URL 編集

小沢なんて万年野党で実力なんてない。過大評価もはなはだしい
だいたい小沢は今民主党に来たわけじゃなくて、ずっと民主党にいたんだよ。マスコミも国民も騒ぎすぎなんだよ。

2006年06月08日 worldwalker URL 編集

テツさん、
民主党は自民党以上に右と左の差が大きい人たちが同居している党だから困るんですよね。
小沢代表はそれでも清濁併せ呑もうとしているようです。今までの純化路線に懲りたのでしょう。

煬帝さん、
前原前代表も中国脅威論を言い出したときには良かったんですけどねぇ。

worldwalkerさん、
まあ、それでも民主党が良くなっていけばいいのですが、今まで以上に方針が見えなくなっていますね。

2006年06月10日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。