スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

天安門事件から17年、中国は未だ変わらず

 1989年6月4日に武力弾圧をした天安門事件から今年で17年になります。中国は依然として人権侵害、言論弾圧の姿勢を崩していません。

 ・「天安門大虐殺」の17周忌、世界各地で追悼イベント(大紀元)

 【大紀元日本6月4日】17年前の1989年5月、北京を中心に、中国各地で大学生は政治の改革や、官僚腐敗の厳罰などを訴え、民主運動を起した。中共政権は戦車や大量の軍人を北京市内に調達し、6月3日夜から4日の朝方にかけて、天安門広場周辺で抗議活動をしている大学生への武装弾圧を始まった。戦車が青年たちの体を踏み潰し、機関銃を持つ兵士は学生や市民に向けて乱射し、大勢の人々がこの武装弾圧で殺された。この事件は後に世界を震撼させた「天安門事件」(国内では「六・四事件」と称する)である。本年6月4日は17周忌にあたり、例年同様に世界各地で追悼活動などが行われ、海外に脱出した当時の学生リーダーたちも、引き続き中国の民主実現のために、尽力すると表明した。
北京に進駐する戦車の大群

殺された人々

 香港では5月28日、1千人以上の市民が「愛国民主デモ」に参加、「六四事件の冤罪を晴らし、民主運動を支持する」などのスローガンを掲げた。参加者は中共の独裁政権が崩壊しない限り、六四事件の犠牲者への冤罪を晴らすことや、中国での真の民主の実現は不可能と訴え、中国での脱党運動を支持する意向を表明した。6月4日、香港支聯会が維園でロウソクの追悼集会を開き、会長の司徒華氏は、「中共政権の統計によれば、去年一年間で、国内で8万件の暴動が発生した、換算すると平均6分間に一件が発生する。民衆の公民意識とパワーが強まっていることを示すと同時に、国内の政治腐敗や、官僚と商人の癒着の深刻さを表し、社会弱者層が置かれている悲惨な状況が露呈された」と指摘、今年の記念活動で「民主運動を支持する」との主旨を取り入れた経緯を説明した。
香港でのデモ行進(大紀元)


 東京では6月3日、民主中国陣線日本支部や、中国民主運動海外連合会議日本支部、在日中国人連合会などが上野から秋葉原周辺でデモを行い、中共の「天安門事件」を譴責し、国内外での1千万人の脱党を声援した。

 ニューヨークの中国領事館の前で、「六四事件を記念、民主抗争を支持」と題する抗議活動を遂行、当時の大学生リーダー2人が講演し、虐殺を記録した写真の展示や、ロウソク追悼イベントも行われた。

 そのほかにも、ロサンゼルスや、ワシントン、シドニー、ロンドン、トロントなどの都市で、講演会や、シンポジウム、記念デモ、虐殺写真の展示会、追悼イベントなどが行われた。

 一方、国内での中共政権が「天安門事件」の冤罪を晴らす可能性があるとの説について、当時の学生リーダーである王丹氏は、「これは中共が国内外の圧力を軽減させるための宣伝工作の一環に過ぎず、まったく事実無根であり、その罠を信じてはならない」と述べた。

 米国下院国際関係委員会の副委員長で、人権事務議員団のメンバー、共和党議員クリス・スミス(Chris Smith)氏は、「六四天安門事件」17周年を記念するため下院第794号共同決議案を提出した。

 スミス議員は、「我々は天安門広場で発生した事件を忘れてはならない。民主や自由、人権のために奮闘した勇敢な青年の多くが殺害され、処刑され、生存している者は強制労働収容所に送られた。全世界の民衆はこの事件を永遠に銘記すべき、これは勇敢なる英雄たちの真実であるからだ。将来のある日、中国で民主と人権を尊重する政権が誕生するときに、若者たちの冤罪が正されるはず。我々はこの希望を抱き続け、亡くなった英雄たちを偲ぶべき」と語った。

 スミス議員は、クリントン大統領が執政中に中国の国防部部長・遅浩田氏が訪米した際に、「天安門広場で誰一人が殺されなかった」と発言したことを挙げ、これは真っ赤なうそだと厳しく譴責し、天安門事件のような人権を踏み躙る事件は毎日中国で発生していると指摘した。

 スミス議員は「中共政権はこの事実を隠している。残念なことに、多くの欧米社会の人々も中国の人権状況が改善されていると信じようとしている。実際の情況はまったく異なっている。我々は天安門精神を大事にし、消滅させてはならないのだ。あの人たちは世界で最も勇敢な人である」と述べた。

 中共政権が将来、「天安門事件」という歴史を公正に評価することが実現できるかの質問に対し、スミス議員は、「これは非常に良い質問だ。胡錦涛政権とその他の指導者は、自ら犯した反人道の罪状を認めたくないのは明らかだ。しかし時間の推移につれ、新しい指導者が誕生するときに、もしかして、この指導者は宗教信仰の影響を受けたり、欧米社会の教育を受けたりしているとしたら、彼は自由を有することの重要さを気づくはず。そうなると、中国国民が自由を享有できる日がやってくる」と見解を示した。

 当時、天安門広場に掲げられていた毛沢東の画像にインクや、玉子などを投げつけたため、中共から「反革命破壊罪」を言い渡され、16年の懲役刑を服した魯徳成氏は出獄後、2005年にカナダへの脱出に成功した。同氏は大紀元の取材で『私は当初の決断を後悔していない、これからも自分が選んだ道を歩んでいく。「独裁政権は必ず崩壊し、民主は必ず勝利する」と確信している。中共政権が国民に犯した罪は計り知れないほど重大で、この悪党には必ず天罰が下る』と語り、国際社会に対し、中国国内で民主のために奮闘し続けている大勢の無名の勇士たちを支援して下さることを懇願し、彼らは中華民族の大黒柱と希望であると述べた。



 多少長くなりますが、他の新聞の記事も引用します。

 ・風化進み観光でにぎわう 天安門広場、事件から17年(共同通信、Yahoo!ニュースより引用)

 【北京4日共同】中国当局が民主化運動を武力で弾圧した天安門事件から17年の4日、天安門広場は警察車両や私服警官が通常より多めに配置され、当局が警戒を強める一方、地方からの団体観光客や家族連れでにぎわい、事件の風化が一段と進んでいることをうかがわせた。
 中国政府は天安門事件につながった大学生らによる民主化運動を「政治風波(騒ぎ)」(外務省)として、武力弾圧を正当化し続けている。共産党の一党独裁の下、国内メディアはこの日、事件に関する報道を一切しておらず、若い世代では事件そのものを知らない人も増えている。



 ・<中国>天安門事件から4日で17年(毎日新聞、Yahoo!ニュースより引用)

 【北京・西岡省二】中国当局が民主化運動を弾圧した天安門事件から4日で17年。北京の天安門広場ではこの日、目立った警戒態勢は敷かれず、普段通り国内外からの観光客でにぎわった。
 中国外務省の劉建超報道局長は1日の定例記者会見で「前世紀である80年代末に中国で発生した『政治風波(騒ぎ)』であり、中国側はとっくに結論を出している」と述べ、武力弾圧を正当化する従来の立場に変化がないことを明らかにした。
 一方、事件の遺族らは評価の見直しや賠償などを求め続けている。人権団体「中国人権」(本部ニューヨーク)は先月下旬、遺族の丁子霖・中国人民大学元助教授ら126人が中国政府に送った書簡を公表。事件を「大虐殺」と非難し、全国人民代表大会(国会)の議題として議論することなどを求めた。
 事件当時大学3年生で運動に参加した会社員女性(38)は4日、同広場を訪れたが「事件の記憶は永遠に消し去ることができないでしょう」と言葉少なだった。



 ・天安門事件から17年 ポッドキャストで遺族らの肉声配信(産経新聞、Yahoo!ニュースより引用)

 【北京=福島香織】中国の民主化を求めた学生らを武力で鎮圧した1989年の「天安門事件」から4日で丸17年となるのを前に、ニューヨークに本部を置く人権団体「中国人権」は2日、事件の遺族や関係者たちへのインタビューによる肉声を、インターネットで急速に広がっているポッドキャストで配信を始めた。
 ポッドキャストは、利用者が登録したネットラジオ局から最新の音声ファイルなどが自動的にパソコンにダウンロードされる仕組みで、利用者はパソコン上や携帯音楽プレーヤーで好きな時間に聞くことができる。「中国人権」はこれまでも事件の当事者らの声をさまざまな方法で発信してきたが、ポッドキャストを用いるのは初めての試みという。
 番組のサイトは六四●案(www.64memo.com)。天安門事件で息子を失った母親たちによるグループ「天安門の母」代表の丁子霖さんや、天安門の毛沢東元主席の肖像画にペンキを塗り反革命扇動罪などで16年間投獄され、現在、カナダに住む魯徳成氏らの録音番組が2日からアップされ始めた。
 電話で番組の収録に応じた丁さんは、事件の再評価を訴えるとともに、「5月27日に胡錦濤国家主席ら3人の国家指導者に手紙を送ったが何の返事もない。30日昼、公安当局から私と夫の軟禁が通知され、夫が診察を受ける以外の自由はありません」と語り、困難な状況に置かれていることを明らかにした。
 同サイトでは趙紫陽元総書記の5・19講話や天安門事件後の北京病院の惨状を伝える当時の現場録音、海外テレビの映像など事件の生々しい記録なども公開されている。
●=木へんに當



 ・弾圧正当化の姿勢変えず 中国当局、警戒強める(共同通信、Yahoo!ニュースより引用)

 【北京3日共同】中国当局が学生らの民主化運動を武力弾圧した1989年6月の天安門事件から4日で17年。胡錦濤指導部は昨年11月、事件直前に死去し、民主化要求が高まるきっかけとなった胡耀邦元共産党総書記について事実上の名誉回復を行ったが、武力弾圧については正当化する姿勢を変えていない。先月末からは民主活動家に対する監視を強めるなど、4日を控えて厳しい警戒態勢を取っている。
 事件犠牲者の母親で中国人民大学の元助教授、丁子霖さんは先月、天安門事件を「大虐殺」と非難、再評価を求める書簡を公表した。しかし丁さんは最近、電話取材に「今は何も話せない」と語り、当局の監視が厳しくなったことをうかがわせた。


 もう中国としては天安門事件をなかったことにしたいようです。でもこれだけ経済の自由化を進めている過程で情報も政府が一元化できなくなってきています。

 言論統制の動きはこれまで何度も紹介していますし、どれだけ政府が気にしているかも分かると思います。しかし、そうやって統制すればするほど「情報を持つもの」と「情報へアクセスできないもの」の情報格差が大きくなってきます。それは将来的に反政府的な感情へと繋がるものです。

 中国が民主化(資本主義の導入でなく)を進めていく過程でどうしてもこの矛盾をどうにかしなければならないときが来るはずです。そのときに中国は天安門事件以上の大きな暴動が来る可能性が非常に大きいと私は思っています。

 今まさに中国は政権が存続できるかの危ういところにきています。日本はこの中国に従って人権侵害や言論統制を見逃し、中国の対日批判だけを無条件に受け入れる外交をよしとするのではなく、きちんと将来を見据えた外交を行える政治家こそが国家のリーダーになって欲しいと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年06月04日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:12

 南京虐殺博物館とか言う『嘘』いや、『虚像』を作り上げている暇があるなら、天安門事件博物館とか作って、国際認定かなんか知らないけど、受けて自分達の恥を未来永劫に伝え続ければよろしいでしょうに。

 その中国の姿勢が腹立たしいです。
 やっぱり、あれは悪逆極まる『中華人民侵略帝国』ですよ。

 大日本帝国をお前達と一緒にするな。

2006年06月04日 どらっへ URL 編集

胡耀邦・趙紫陽の人脈に繋がってた連中は粛清されるか雌伏して来たんでしょうね。

いつマグマが地表に噴き出すか。

2006年06月05日 煬帝 URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006年06月05日 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006年06月05日 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006年06月05日 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2006年06月05日 編集

GDPの伸び率10%を標榜しているけれど、平均物価の伸びは2.5%。平均所得の伸びはそれ以下の水準・・・・これだけ景気がいい筈なのに失業率が上がっている。
優良企業はドンドン内部留保を増やしてるけど香港の銀行や株式市場でやってるから、国内ではカラッケツ。
国有企業の残した不良債権問題は長らく棚上げ・・・・ドルを大量に買い支えたので国内の元資金量は相当すくなくなってる筈。

軍事予算の大幅増額は、独裁国家の末期に見られる不満分子押さえ込みパターンと見るべし!
この国の体制(どんぶりのひび)が割れるのも近いカモネ!!

2006年06月05日 あきら URL 編集

軌道修正を図る勇気もない中国共産党政府。
そのうちポシャるでしょ。
身体が大きくなりすぎた恐竜と同じ運命をたどりますよ。

2006年06月05日 worldwalker URL 編集

世界中で忘れてはならない事件です。オリンピックが心配。

2006年06月05日 おいどん URL 編集

各国の記者団が押し寄せれば、また掘り返されると思いますが>天安門事件
さてさて、共産党はどうやって情報を封殺するかな?

2006年06月05日 you URL 編集

まあ、中国はつける薬がないので放置

2006年06月05日 k URL 編集

どらっへさん、
結局自分たちに都合の良い歴史を捏造し、世界に伝えようとしているのは日本でなく中国なんですよね。

煬帝さん、
遠い未来ではないでしょうね。

あきらさん、
第二の天安門事件も近いかもしれませんね。そのときは全てが破綻するでしょうね。

worldwalkerさん、
結局体制を維持しようとするばかりに体制自体がなくなろうとしていますね。

おいどんさん、
オリンピックも開かれたとしてきちんとしたものにはならなそうですね。

youさん、
記者への圧力を平気でかけそう(笑)
多分逆効果ですが・・・(笑)

k さん、
韓国ほどうざったくはないので放置もありかもしれませんね。

2006年06月05日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。