スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

レノボ、米国務省に反論

 私は個人的には国家の重要な事項のために使うPCは万全を期するべきだと思うし、米国務省の判断が間違っていたとは思っていません。

 ・米国務省購入PCの「スパイ疑惑」にレノボが反論(CNET Japan)

 5月19日、米国国務院は、2006年の3月20日に国務院がレノボから1300万ドルで購入した1万6000台のPCについて、安全問題を考慮して、機密文書を扱わない業務だけで利用するという発表をした。「国務院が購入したレノボ製PCのうちの900台をワシントンと世界各国の大使館を繋ぐセキュアネットワークに導入しようとしていた」と、共和党のFrank R Wolf議員が公開したのがその発端。その結果、米中経済安全保障関係検討委員会(the U.S.-China Economic and Security Review Commission)が一斉にレノボPCの導入に抗議し、今回の発表に至った。また5月19日の国務院の発表後、同社の株価は発表後5日間で10%以上値下がりした。

 この発表に対し、レノボの董事会主席の楊元慶氏やレノボの役員クラスの人々は、中国の各メディアに対して反論のコメントを出している。レノボがIBMのPC部門購入以降、米国においても米国のルールを守ってきており、かつ欧州などでは、すでに国防部門など政府部門からの受注を受けているというのに今回の仕打ちを受けたと不満を隠せない。また今回購入したレノボ製PCは、米国政府が導入したPCの1%に過ぎないにも関わらず、全世界で展開するレノボブランドに悪影響を与えると訴える。楊元慶氏はこう語る。

 「今回のレノボPCのスパイ疑惑は、米国の少数の国会議員やメディアで言われてきたことで、それが米国国会にあがってきたものなだけである。この市場化競争にそぐわない行動に対し、レノボは深い憂慮を表す。レノボは、米国政府が競争ののちにレノボPCを落札したことで分かるとおり、実力を伴った企業である。レノボは米国政府の要求にかなったPCをリリースした。レノボは完全に国際化した企業であり、中国が率先して国際化した企業であり、社会責任感を持った企業である。安全性に疑問を持ち、排除するような動きは、レノボの名誉を傷つけ、レノボの他の国際業務に悪い影響を与える可能性すらある。米国国内においては、中小企業や個人向け市場など、レノボがこれから広げようとしている市場もあるが、これら市場での今回の発表による悪影響もないとはいえなくなった。米国は他の企業もそう思うように最重要市場だ。われわれは米国に対し、公平構成な外国企業への待遇を要求する」

 さらにこんな意味深なコメントも。

 「もし米国政府がレノボに対してこのような態度を堅持するなら、中国政府も自身の安全に憂慮しているはずだ。既にレノボと中国政府は関係を築いているため、中国政府に今回起きたことを報告した。今後それにより真正面から建設的なフィードバックが行われるだろう」

 ただしそれが何なのか、詳しくは語られていない。


 もちろん機密情報を扱うPCをインターネットを介したネットワークに接続すること自体がおかしいのかもしれません。

 さらに言えば米国製のPCさえ使っていれば安全というものでもありません。

 しかし、政府が情報漏洩というリスクを最小化していく上で「決して友好国とは断定できない」中国の企業製のレノボPCを機密を扱うネットワークからはずすと言う選択は間違いではないと思います。

 逆に少し前の新聞報道でありましたが、日本の防衛庁は海自の情報漏洩を機に私物PCに代わって防衛庁が買い与えたそうですが、単なる一般競争入札で最低価格を提示したDellのPCに決まったそうです。これは単純に「秘密を扱う」かどうか分からないので何とも言えませんが、そんな簡単に決めていいのか不安に思いました。

 はっきり言ってしまえば、重要な情報を扱うPCは隔離しておき、ネットワークに繋がず家で残業したファイルを持ち込んだりしなければ、どこの会社のPCであろうとそれほどの被害はないと思います。

 しかし、それが出来ないからこそ海自の情報漏洩のようなことが起こるわけです。レノボの件も「差別だ」という意見も分からなくはないですが、国家の秘密を守る上でこうした措置は「リスクを最小化」するために必要だと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年05月26日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:7

米国の憂慮はわかる。中国は何でもやってくる国だから。中国系米国人の産業スパイの検挙数の多さを見たらわかるのだが。まあ、それなら最初からIBMをレノボに売らなきゃ良かったんだが、IBM側の事情が勝ったようだから。東芝も売却を持ちかけられて断ったくらいだからパソコンの販売は儲からない商売になってしまったんだろうなあ。

2006年05月26日 worldwalker URL 編集

何故デルからも購入しなかったのだろう?
私もレノボ好きになれません。IBMの時は好きだったのに。別に国柄というわけではありませんが、しっくりきませんです。
最近の人って、何でもかんでもHDDに保存しますが、そうすることでいつもだだ漏れの状態と隣り合わせということを忘れているような気がしますね。大切なデータはこまめにMOにでも取る方が無難ですのに、面倒くさい、遅いなどの理由で...。

2006年05月27日 テツ URL 編集

国際的企業といっておきながら中国様に言いつけると恫喝でしょうか。矛盾してます。国際社会皆中国様の仕返を恐れて遠慮しているのでしょうか?

2006年05月27日 東芝 URL 編集

レノボ→まだIBMの商標で物売ってるだろ。他人のふんどしでとってる会社に、信用性なんかあるわけない。
元IBMの組み立ての信用だ

2006年05月27日 k URL 編集

何処のメーカーでもPCは一遍バラしてチェックするくらいはしないといかんのだな。

機密を扱う場合は。

2006年05月27日 煬帝 URL 編集

そういえば、IBMなんですよね。新聞のチラシや雑誌広告ではいかにもIBM製品ってことですけど、文字情報だけでレノボの記事を読んでいると、そのことを忘れてしまいそうです。

2006年05月27日 おいどん URL 編集

> 「もし米国政府がレノボに対してこのような態度を堅持するなら、中国政府も自身の安全に憂慮しているはずだ。既にレノボと中国政府は関係を築いているため、中国政府に今回起きたことを報告した。今後それにより真正面から建設的なフィードバックが行われるだろう」

この台詞、要約すると「ウチは中国政府とズブズブの関係なんだぞ? お前らのことは、中国政府に報告したからな。首を洗って待ってろ」ってことでしょ?
こんな事を言ったら、ますます“スパイ疑惑”が深まるだけなのに。

しかし、どうして中国人ってのは、こう恫喝的な物言いしかできないかね。
商売で相手を脅してたら、客の信用なんて得られるわけがないのに。
まあ、甘い言葉ですり寄ってくる中国人も、十分信用できませんがw

2006年05月27日 you URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。