スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

米国防総省に中国反発

 中国はどの程度まで軍拡をしても「平和的」と言えるのでしょうか。中国はこの時代に軍備拡張を続ける「危険な国」というのが米国だけでなく世界的な常識だと思うのですが。

 ・米の「脅威論」に不快感 中国外務省(産経新聞)

 中国外務省の劉建超報道官は25日の定例会見で、米国防総省が中国の軍事動向に関する年次報告書で中国の軍拡への懸念を示したことについて「中国脅威論をまき散らすもので内政干渉だ」と不快感を表明した。
 劉報道官は「中国は平和的発展の道を堅持し、防衛的国防政策を実行している。主権国家として国防建設を進めるのは当然のことだ」と反論した。(共同)


 この元になる記事がこちらです。

 ・中国の軍備拡張に警告 米国防総省年次報告(産経新聞)

 【ワシントン=山本秀也】米国防総省は23日、「中国の軍事力に関する報告書」(2006年版)を発表した。国防費の公表分だけでも18年連続の2ケタ増を続ける中国の軍備拡張に対し、報告書は「軍拡のペース、幅の広さとも、すでに地域の軍事バランスを危険な状態にしている」と警告した。
 報告書は、短期的な中国の脅威が台湾に向けられていることを確認。こうした軍事力が、台湾有事に対する米軍の介入排除を狙っているほか、資源、領土・領海をめぐる周辺国との紛争も視野に置くとの分析を示した。

 さらに、説明にあたったロッドマン国防次官補(国際安全保障担当)は、米本土を射程内におく改良型の移動式弾道ミサイル「東風31型A」(1万1270キロ)など、「質量そろった戦略兵器の深刻な拡充」を長期的な脅威として指摘した。

 台湾に関しては、福建省など大陸沿岸に配備された短距離弾道ミサイルの数を「710-790基」と指摘。前年版の報告書の「650-730基」から60基の増強を裏付けた。中国軍の総兵力との比較では、全体の約3分の1、海軍力のほぼ半分が台湾に振り向けられたことを示している。

 報告書は、想定される台湾への武力行使について、特殊部隊により政治的混乱を引き起こす限定作戦や、短距離弾道ミサイルによる集中攻撃、台湾封鎖などのシナリオも盛り込んだ。


 ちなみにこんなデータもあります。

 ・中国の国防予算、公表額の1・7倍…英研究所が試算(読売新聞)

 【ロンドン=飯塚恵子】英国際戦略研究所(IISS)は24日、世界各国の軍事力や安全保障情勢を分析した報告書「ミリタリー・バランス2006年版」を発表した。

 この中で、不透明な中国の国防予算について特集を組み、03年度予算は約755億ドルで、中国政府による公表額の約1・7倍にあたる、とした独自の試算を公開した。

 中国が公表する国防予算について、報告書は〈1〉外国からの武器購入費〈2〉防衛産業への補助金〈3〉人民解放軍による外国への武器輸出収入〈4〉調査研究費〈5〉人民武装警察予算〈6〉地域の民兵支援費――など、通常西側諸国の国防予算に含まれる項目が除かれている、と指摘。

 特に、武器購入については「主たる武器供給国はロシア」だとし、大半の武器調達は軍部ではなく、中央政府(国務院)予算から充てられている、と指摘。大使館警備や要人警護を担当する人民武装警察予算も国務院財政省からの支出だとしている。そのうえで、これらを加えた全体の総額は約396億ドルで、中国の購買力平価で換算すると、約755億ドルに達するとした。


 この換算で行くと日本の防衛費の倍近い額を使っていることになります。ミリタリーバランスは各国の軍事力評価には定評があり、この分野では非常に信頼性が高い資料です。

 その資料が倍と評価しているのですから、米国だけが中国の軍事力の伸びを脅威とし、軍事予算に透明性がないと批判常々批判しているのもうなずけます。

 そしてその軍備は直接日本には向けられていませんが、台湾が攻め込まれたときに日本は無視することが出来るでしょうか。在日米軍は今のバランスを崩さないためにあくまでも台湾側につくでしょうし、日本としてはそれを黙ってみているわけには行きません。そのためにシーレーン防衛という概念があるのですし、中国の肥大化を黙ってみているほどお人好しでもないでしょう。

 また、日本には尖閣という「中国に狙われた」領土があります。台湾の次には絶対ここを狙ってきますし、今でも係争地域として国際的に認知させる努力をしています。

 麻生外務大臣や前原民主党前代表など「中国脅威論」を主張する政治家は増えてきましたが、一般的にはまだまだ認知されていないと思います。日本は隣国にこのような「膨張主義国家」がいることを広く認知するよう政府は活動すべきだと思いますし、何らかの対抗策を採っていくべきだと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年05月26日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

ああ仰ってるんですから、日本も「主権国家として国防建設を」進めましょう。

後ろめたいことは一切ありませんよ。

2006年05月26日 煬帝 URL 編集

タローちゃんのとらえ方でいいと思うのですよ。中国は脅威なんです。いつまでもぼーっとしているといつのまにやら軍事で脅されてるって事にならないためにも、国の防衛は必要だと思います。

2006年05月26日 テツ URL 編集

中国はジャイアンになりたいんだなあ。のび太(日本)にどらえもん(米国)がついているのが気に入らないらしい。

2006年05月26日 worldwalker URL 編集

朝鮮半島でしょうかね。

2006年05月26日 おいどん URL 編集

信用できん連中だし。
この位脅しをした方がいい?

2006年05月26日 どらっへ URL 編集

煬帝さん、
自分たちは軍備増強しても平和的で、日本は防衛費が伸びていないにもかかわらず「脅威」だと言い続けていますね。

テツさん、
今の日本の周辺国では中国と北朝鮮は脅威と呼ぶに相応しいと思いますね。

worldwalkerさん、
日本はいつも中国に妥協させられていますからねぇ。のび太みたいなものでしょうか。

おいどんさん、
半島は半人前だから二つ合わせてちょうどいいですね(笑)

どらっへさん、
日本ももっと脅威と感じるべきでしょう。

2006年05月27日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。