スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Dellもとうとうサーバ部門でAMD採用

 やはり最近のAMDは強いですね。DellはIntelとAMDの独占禁止法に関する裁判とは別問題としていますが、それがなければこの採用はなかったでしょう。なぜならIntelから圧力がかかるでしょうから。

 ・デル、ついに決断--AMDの「Opteron」プロセッサ採用を発表(CNET Japan)

 Dellが、2006年中に自社のマルチプロセッササーバにAdvanced Micro Devices(AMD)のOpteronチップを採用することに合意し、Intel製プロセッサしか採用しないという長年のポリシーに終止符を打った。

 同社は米国時間18日に行った第1四半期の決算発表のなかで、この決定を公にした。DellはこれまでIntelプロセッサしか採用していなかったが、それでも同社がAMDのチップを採用するのではという憶測が何年も前から流れていた。サーバのベンチマークでは、AMDのOpteronがIntelのXeonプロセッサを性能の点で上回っていた。

 AMDのMarty Seyer氏(コマーシャルビジネス担当シニアバイスプレジデント)は、Dellの決算発表後に配られた声明のなかで、「Dellとその顧客をAMD64の世界へようこそ」と述べた。Dellの幹部らが決算発表の開始を遅らせたため、詳しいコメントを得ることはできなかった。

 この提携は現時点ではサーバ用チップに限った話だが、それでもAMDにとっては新たな勝利といえる。

 Dellが発表した第1四半期決算の結果は、先週示された警告通りで、決して芳しいものではなかった。同期の売上高は前年同期比6%増の142億ドルとなったが、純利益は7億6200万と18%減少。Dellは、今後は具体的な四半期財務関連指標を示さないとしたものの、第2四半期については第1四半期同様の結果になるはずだと述べた。

 Dellはこの日、30億ドルのコスト削減計画を加速させ、顧客サービス向上に1億ドルを投入することを明らかにした。コストの削減は、サポート効率と製造プロセスの改善によって実現すると、CEO(最高経営責任者)のKevin Rollins氏は語った。Rollins氏は、「もっと有効に価格設定できるよう柔軟性を持たせていく」と語り、人員削減は一切しないとした。

 Rollins氏は決算発表後の電話会議のなかで、Dellがサーバ市場のなかでも比較的小さいカテゴリーである4プロセッササーバに限定してAMDプロセッサを販売していくと語った。同氏によると、デスクトップPC、ノートPC、およびほかのサーバにAMD製チップを採用する計画は現時点ではないという。

 Rollins氏はOpteronに言及し、「われわれの顧客からこの技術に対する要望が出されていた。ただし、2006年はIntel製品も幅広く投入していく」と語った。

 サーバ市場のなかでもかなり市場規模の大きい2ウェイサーバについては、Dellは数週間以内にIntelのDempseyプロセッサを搭載したモデルを発売すると見られており、Intelでも2ウェイサーバ用プロセッサ「Woodcrest」の発売を6月に前倒ししている。

 Dellの創業者Michael Dell氏は、2005年の同社の業績が期待はずれに終わったことを認めた。これに先立つ15日に、同氏はFuture in Reviewカンファレンスで、「前年に比べて、大幅に改善できる機会が数多くあると思う。われわれは、市場の競争がどこまで激化するのか読めていなかった」と述べていた。

 DellのCEO、Kevin Rollins氏はここ数年間、AMDチップを搭載した製品の発売が近いことを何度も示唆してきた。2003年の発表以来、AMDのOpteronはIntelのXeonに対して常に優位に立ってきた。2005年にはHewlett-Packard(HP)やSun Microsystems、IBMからデュアルコアのOpteronプロセッサを搭載するサーバが出荷されたが、それに対してDellはシングルコアのXeonプロセッサしか投入できなかった。

 Rollins氏によると、今回の判断は2005年にAMDがIntelを独禁法違反で訴えた裁判とは無関係だという。AMDはこの裁判で、IntelがAMD製品を除外するDellなどの一部顧客に報奨金を支払う不平等な価格設定を行ったと主張している。IntelはAMDのこの考えを否定しており、Rollins氏もDellがAMD製品を採用したからといってIntelから不利な扱を受けることはない、との考えを示した。

 「Intelはこれまでも素晴らしいパートナーであり、これからもそうであり続ける。われわれが採用するプロセッサの大半は今後も同社製になる」(Rollins氏)

 Intelの広報担当Scott McLaughlin氏は声明のなかで、「われわれの幅広い製品を強力に支持し、われわれのロードマップの強みに信頼を寄せてくれるDellに感謝している。(4ウェイサーバという)ニッチ市場では苦戦したが、2006年後半に出荷される次世代のIntel XeonプロセッサMP(開発コード名:「Tulsa」)は、競争力の高い製品になる」と述べた。


 私はサーバのプロセッサのパフォーマンスを比べたことがないので、実際にAMDがどれだけ良いのかは詳しいことは分かりません。しかし1月から3月期のサーバ用プロセッサのシェアは22.1%で前年同期と比べると254%も拡大しているそうです。これだけユーザーが選ぶからにはそれほどの違いがあると見て良いのでしょう。

 ただ、Dellも全てのサーバ用プロセッサをAMDに変えるわけではありませんので、すぐにシェアには影響しないと思います。しかし、Intelを使い続けているというDellのイメージが崩れたことで他のメーカーも追随してプロセッサの変更に踏み切るところがあると思われます。

 それにしてもDellは関係ないとは言いますが、独占禁止法の裁判以降流れはAMDに良い方向に向かっています。本当にIntelが圧力をかけていたのかはまだ裁判の途中なので結論が出ていませんが、途中経過を見れば今まで圧力があったとした方が自然という見方が普通でしょう。

 あとはパーソナル向けのプロセッサにどれだけシェアを伸ばせるかですね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年05月19日 IT トラックバック:- コメント:6

パーソナルユースでも、低価格帯ではsempronが、ヘビーユーザー向けにはAthlon64が、モバイルではTurionやmobile Athlonが市場に出てきてますよ。
(ショップブランドじゃなく)
特にヘビーゲーマーには、Athlon64 FXシリーズが好評です。
(こちらは自作・ショップ系ですが)

まあ、金欠気味な自作ユーザーにとっては、AMDしか選択肢が無いのが現状ですし。
同一マザーボードで32bitCPUから64bit対応CPUへ交換できるのは、AMDだけですから。
(メーカー製PCでこういうバージョンUPに対応できる体制が出来たら、PCのリサイクルはもっと進むんでしょうけどね……)

2006年05月19日 you URL 編集

個人的には買ったことがありませんけど、確かにゲーマーには人気ですよね。価格攻勢次第で、大きくシェアを伸ばせそうな感じですけど、そうもいかないんですかね。

2006年05月20日 おいどん URL 編集

オレはインテル。

2006年05月20日 worldwalker URL 編集

youさん、
CPUだけ見ればセレロン系が安いですが、自作する人は後々バージョンアップをしたいですよね。それを考えるとAMDがいいですよね。
パーツを交換すると、余った部品でもう一つPCが出来ます。これもリサイクルですね(笑)

おいどんさん、
今のところ大手PCメーカーのシェアがあまり大きくないんですよね。
でももうすぐ変わるでしょう。

worldwalkerさん、
うちもですが、うちのPCは全てペンティアム3です(苦笑)

2006年05月20日 さいごう URL 編集

>AMD新型ソケット「Socket AM2」いよいよ解禁!

これでAMDのPCでも、DDR2が採用されますね。
おまけに、相変わらず低価格帯CPUでも新規格に対応した製品を出してます。
マジで、そろそろ買い換えようかな……。

2006年05月24日 you URL 編集

買い換えるお金がありません(涙)

2006年05月26日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。