スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Microsoft、WMP11ベータ版提供へ

 MicrosoftがiPodとiTunesに対抗するためにリリースするそうなんですが、実際使いやすいのか微妙です。目玉のMTVと連携したオンライン楽曲販売もまだ未知数ですし、どうなんでしょう?

 ・マイクロソフト、Windows Media Player 11のベータ版を一般公開へ(CNET Japan)

 Microsoftは今週、同社の新しいメディアプレーヤーソフト「Windows Media Player 11(WMP 11)」のベータ版を公開する。オンライン音楽販売市場ではAppleが圧倒的な強さを見せているが、MicrosoftはiTunes叩きを狙って新バージョンを大幅に作りかえている。

 WMP 11ベータ版の無償提供は米国時間17日からの予定だが、同ソフトウェア用に対応する携帯メディアプレイヤーはすでに一部で出回り始めている。

 WMP 11は、オンライン音楽販売市場でAppleを首位の座から引きずり降ろそうとするMicrosoftの最新の試みだ。Appleは、楽曲販売とデジタル音楽プレーヤーの販売で、常に競合他社を上回ってきている。

 WMP 11のベータ版は17日に正式公開されると見られているが、15日に発売されたiRiverの「Clix」にはすでに同ソフトウェアが同梱されている。また、Inquirer.netでも自社サイトでWMP 11を無償公開している。

 Microsoftは、iTunesとiPodで音楽関連市場を牛耳るAppleに挑むため、今回はハードウェアメーカーに加えて、音楽業界の有力ベンダーとも提携し、これまでよりセンスの良い選択肢の提供を目指している。MicrosoftはMTVと提携し、「Urge」というサブスクリプション形式のオンライン音楽配信サービスを開発した。Urgeの正式公開は17日の予定だが、すでに15日にはアクセス可能になっている。

 MTVとの提携は独占的なものではない。WMP 11は「MSN Music」やNapsterのサービスにも対応するほか、SamsungやCreativeなどのハードウェアにも搭載されることになっている。また、これはサービス-ソフトウェア-ハードウェアをいっそう簡単に連動させようとするMicrosoftの試みだが、それでもハードウェアをリードするAppleのiPodには対応しない。

 WMP 11はWindows XPとVistaの両方に対応するが、タイムテーブルはOSごとに異なる。

 Microsoftが17日に公開するのは、「Windows Media Player 11 for Windows XP」のベータ版で、これは数カ月前から「Windows Vista」の開発作業の一部としてベータテストが進められてきていたが、ただしUrgeサービスはこれまで公開されていなかった。2007年に一般発売予定のVistaは、現在限定的にテストが進められており、また第2四半期中には約200万人のテスターに対してベータ版が提供されることになっている。

 いまのところ、WMP 11には好意的な評価が集まっている。また、iPodとの互換性はないものの、WMP 11はiTunesとの競争に役立ついくつかの機能が追加されている。

 その1つは、多数の楽曲を含むライブラリでも、楽曲リストをスクロールして、簡単に目的の曲を選べるようになっている点だ。WMP 11ではアルバムジャケットの画像を手がかりに楽曲を見つけだせる。iTunesでは、テキストでしか楽曲リストを特定できず、ユーザーは大量の文字を読まなくてはならない。

 同ソフトウェアには燃料計のようなものも搭載されており、携帯音楽プレーヤーにあと何曲読み込めるかが視覚的に分かるようになっている。

 MTVのUrgeにはWMP 11のなかからアクセスできる。Urgeでは1曲99セントで200万をこえる楽曲が提供される。また、9.95ドルおよび14.95ドルのサブスクリプションサービスもオプションとして用意されている。

 WMP 11は来年発売予定のWindows Vistaにも同梱される。なお、WMP 11の正式版は今年中に出荷の予定となっている。


 WMPは私にとって非常に使いづらく、Windows環境下でiPodを持っていないにもかかわらずiTunesで音楽は管理しています。そのような人が多いかどうかは分かりませんが、WMPが使いづらいと言う人はよく聞きます。

 今回のメジャーバージョンアップでどの程度使いやすさが変わるか分かりませんが、(私の印象では)Microsoftのアプリケーションは見た目重視で使いやすさが全然考慮されていないんですよね。もし今回のバージョンアップでだいぶ改善されたのなら、Windowsに元から入っているアプリケーションなだけに影響は大きいでしょうね。

 「Urge」というMTVと連携したオンライン楽曲販売はよく分かりません。結局はデジタルオーディオが何か(iPodかそうでないか)に依存し、後は1曲当たりの値段くらいしか関係ないのかな、と思います。とにかく日本でも1曲100円程度のサービスが出れば爆発的に普及しそうな気がします。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年05月16日 ソフトウェア トラックバック:- コメント:10

私も同じく使いづらいと思います。
でも私は市販のやつを以前から使っていますので、アップルのもダメでした。

ウィンドウズとマックでOS競争してくれないかな?

2006年05月16日 テツ URL 編集

自分は逆ですねーiTunesが使いづらく感じるんですよ。
楽曲販売については国によって変わるので日本国内ではまったく未知数ですね。

2006年05月16日 petit URL 編集

私は音楽配信サービスは使わないんで、普通のファイラーに手を加えて楽曲の管理をしています。
使ってる機器もフォルダに対応してるので、それで十分なんですよね。

そんな私は、iTunesもWMPも使ってません。

2006年05月16日 you URL 編集

WMPはまだバージョン6を使ってます。軽くていいです。

2006年05月16日 worldwalker URL 編集

私はWinampも使ってますしiTunesも使ってます。持ってるCDを簡単に読み込んでリストしてくれるのが便利なんですよね。気に入ったものだけMP3に変換して(CD-Rに焼いて)、メモリプレーヤーで聴いてます。BlogPeopleにも登録させていただきますね~^^でわでわ。

2006年05月17日 ARCH URL 編集

個人的にはiTunes+iPodなので、WMPは使いませんが、それでも一応今回の新バージョンも気になりますw

ところで、WMPのCDDBって邦楽のタイトルが苦手だった記憶があるのですが、あれって改善されてるんでしょうかね・・・?

2006年05月17日 はにゎ URL 編集

テツさん、
私もiTunesが手放しで言い訳ではないのですが、相対的に使いやすいだけです。
でもこうやって競合してお互い洗練されていけば良いですね。

petit さん、
はじめまして、
オンライン楽曲は日本での抵抗勢力がまだまだ力が大きく、安く提供はできなそうですね。
それでは今後ともよろしくお願いします。

youさん、
それが一番かもしれませんね。ところで、MP3にするときに色々ソフトはあるのですが、WMPが対応するのが遅く、MP3を使えなかったためにふりになったところはあると思っています。

ARCHさん、
こちらこそありがとうございます。
こちらも登録しておきます。
今後ともよろしくお願いします。

はにゎさん、お久しぶりです。
私もここ数年は使っていないのですが、昔は全然対応していなくて自分で入力したこともありましたね(苦笑)

2006年05月17日 さいごう URL 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008年03月27日 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008年04月18日 編集

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008年04月22日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。