スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国の経済成長率はでっち上げと政府認定

 この程度は想像していましたが、実際に政府の口からこのような言葉が出てくると「やはり・・・」と思います。ただ、あまり鵜呑みにも出来ないと思います。

 ・【中国】「出世のために統計でっち上げ」人民日報が警告(中国情報局)

 15日付の人民日報は他メディアを引用し、地方役人が出世のためにGDPなどの統計を都合よく改ざんしていると警告を発した。また地方政府はGDP成長率を追い求めるあまり消費拡大を二の次とし、過剰投資を招いているなどと指摘した。

 温家宝・首相は3月に開かれた第10期全国人民代表大会第4回会議で、第11次5カ年規画(略称:『十一五』)の対象期間となる2006年から10年までの経済成長率の目標を年平均7.5%とすることを発表した。

 これに対して省、自治区、直轄市といった31の地方政府が発表した経済成長率の目標は年平均10.1%。最高は13%、最低は8.5%。いずれの場合も中央政府の目標を上回る。国家発展・改革委員会(国家発改委)は4月13日、現実的に経済発展計画を立てるよう求める通知を発表した。

 15日付の人民日報は統計の改ざんに関わったとする地方政府の元幹部の声を伝えた。この元幹部は、上級レベルの自治体からノルマが課せられていたことや、数字をうまく操作できなかったために職を追われたことなどを明らかにした。またこの幹部は「統計をちゃんと取ったことがない。いつもでっち上げていた」と述べているという。

 さらに同紙は、社会科学院・経済研究所の袁鋼・研究員のコメントを紹介。袁研究員は「投資拡大のペースは非常に早いが、消費がGDPに与えるインパクトは小さいままだ」などと説明している。(編集担当:菅原大輔)


 とりあえず中国にまともな統計が取れると思ったら間違いでしょう。上海などの大都市はともかく、地方都市レベルではまともな統計一つないのでは、と思います。

 ただ、この記事には私の考えですがそのまま受け取るべきではないと思います。その理由は二つほどあります。

 一つ目は、中国の経済成長に国際的な注目が集まりすぎると、インフレの懸念が高まるとともに人民元のさらなる切り上げを求める声が強くなると政府は心配していると思われます。そこで「実際はそれほどでもない」と思わせることでそれらの圧力を回避しようとしています。

 二つ目は、中国経済が「投資拡大」から「内需拡大」へと政策転換を図るためのサインと思われます。中国の一人当たりGDPは千数百ドルです。(ちなみに日本は三万ドル以上)外資によって中国の発展は継続している訳ですが、このまま言っても経済特区だけに高所得層が固まっているという構造は崩せません。そこで、中国国内で経済が循環する構造を構築できればもう少し中国人の所得も上がり、消費拡大につながると見ているのではないでしょうか。

 どちらにしろ政府の発表に何らかの意図があるのは確実です。ここは中国の経済成長率は「嘘」だったと言う点だけは事実であると判明しただけでも意味があると思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年05月15日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:10

経済も軍備も張子の虎か(笑)

2006年05月15日 worldwalker URL 編集

 実際、水不足がひどくて
工業が停滞しているみたいです。

2006年05月15日 現役海上自衛官 URL 編集

投資先として危険過ぎると経営者は考えないのかな。

私だったらまず外すところですが。

2006年05月15日 煬帝 URL 編集

日経新聞が散々買い煽りしましたからねぇ、、、金利の安いから中小企業がこぞって逝ったとか・・・

2006年05月16日 なま URL 編集

>現役海上自衛官氏

あんなに黄砂が舞ってる土地で、まともな工業製品が作れるのでしょうか?

2006年05月16日 you URL 編集

 公害全般ひどいみたいです。
そのうち、上海喘息とかの用語が出てくるかもしれません。経済のことは良くわかりませんが、彼らが東シナ海に本格進出する前に、公害で自滅するのではと思ってます。希望的で楽観的ですけど。。。

2006年05月16日 現役海上自衛官 URL 編集

worldwalkerさん、
経済に関してあれほど成長しているはずがないという指摘は昔から結構ありましたよね。

現役海上自衛官さん、
公害の方よく映像で見ますが、ものすごいですね。黄砂にも有害物質がかなり含まれているらしいですし、日本もとんだ被害者になってしまいましたね。

煬帝さん、
まだまだ中国と比べるとインドの投資環境もそれほど整っているわけではないし、難しいところですよね。

なまさん、
はじめまして、
日経新聞こそ経済に詳しくないような気がします。よく成り立っているものです。
今後ともよろしくお願いします。

2006年05月16日 さいごう URL 編集

実際、中国12億の市場だと言ってもてはやされてますが・・・。購買力ある、マーケットになる富裕層は10%ぐらいだと。ことあるごとに12億の市場という言葉ばかり出ますがいい加減認識改めた方がいいと思います。

2006年05月16日 k URL 編集

インドは、工業力は低い物の、ソフトウェア関係はかなりのレベルですよ。
工業力も、日本に技術研修に来るインド人は、かなり真剣に勉強してます。
何でも、インドでは「学ぶ余裕がある者、金銭的余裕がある者は、社会に貢献しなくてはいけない」という理念があるみたいで、その辺りが研修生のまじめさにつながっているのかなと思います。

この先、欧米や日本からの投資が進めば、インドは化けると思いますよ。

2006年05月17日 you URL 編集

k さん、
実際12億(13億?)の人口のうち、経済進出してうまみがあるのは1割にも満たないでしょうね。国土も同じでしょうね。

youさん、
私も近い将来はインドに投資すべきだと思いますが、まだそれほど人材が国内で育っていなく、都市のインフラも未熟な印象を受けます。
ただ、人材は世界各国で優秀な人材が出始めてきていますね。

2006年05月17日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。