スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

Winnyの入ったパソコンを使うかどうか規則で決める?

「Winnyの入ったPCでは作業しない」経産省原子力安全・保安院が規則化(gooニュース)

 

WinnyがインストールされたPCでは、業務を行なわない――。経済産業省原子力安全・保安院は22日、原子力発電所の点検用資料などがインターネット上に流出したことを受けて、情報管理の規則を定めた。



 こうした情報管理の規則を定めるのは素晴らしいことだと思いますが、ファイル交換ソフトのインストールされたPCを利用しないというのはあまりにも当たり前すぎるのではないでしょうか?原子力発電所のようなところはテロにも狙われやすく、逆にテロリストにとってはどのような情報でも欲しいところでしょう。

 そんな人たちが自前のPCを職場に持ち込んでいたこと自体が問題なわけで、ファイル交換ソフトを使うなというのはもっと瑣末な問題でしょう。

 私物に頼らなければPCの数が足りないというならお寒い限りですが、国の重要施設のパソコンに私物を利用しているというのは、国に税金を収めている者として何とかして欲しいところです。(一般企業なら、漏洩したときその企業だけの問題で済みますが)

 経済産業省は情報管理の認識が根本から間違っている気がするのですが・・・

 これから一般的な企業は個人情報保護に関しても経済産業省の監督を受けるわけですから、もう少しきちんと対応して欲しいものです。
スポンサーサイト

2005年07月24日 IT トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。