スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国の信教の自由

 何度かここのブログでもエントリにしていますが、中国は本当に「信教の自由」をないがしろにし、「人権侵害」も甚だしい国です。日本としてはあまり放置しておくのもよくないでしょう。

 ・勝手に新司教任命 中国にバチカンが「待った」(産経新聞) 

 ローマ法王庁は4日、中国政府公認の宗教団体「中国カトリック愛国会」が、法王の意向を無視する形で新司教を相次いで任命したことについて、法王が「深い遺憾」の意を表したとする声明を発表した。声明は、任命を「宗教の自由への重大な違反」と非難している。法王自らが強い調子で抗議するのは異例。バチカンでは、一時は間近とみられていた中国との外交関係回復が遠のいたと受け止められている。
 愛国会は、ローマ・カトリック教会の陳日君枢機卿(香港教区)らの反対にもかかわらず、4月30日に雲南省昆明教区の新司教を任命。今月3日にも、安徽省蕪湖教区の新司教を任命した。

 声明によると、ほかの神父らも任命式に出席するよう圧力をかけられたという。声明は「さらに司教が任命されるという情報」があるとし、同様の行為を繰り返さないよう警告している。

 バチカンと中国の関係は1951年に断絶。バチカンは司教を任命できるのは法王のみとしているが、中国は法王による任命を内政干渉とし、対立している。(共同)


 この辺りの話は別に珍しい話ではなく、法輪功の話などから比べればかわいいものです。相手が巨大だからこそこの程度で済んでいるのかもしれませんが、弱小宗教組織なら潰されているところです。

 大体「司教の任命を内政干渉」とするところに中国政府と共産主義のおかしさがあります。基本的に共産主義は科学を信仰し、「科学信仰宗教」と言っても良いほどですから当然宗教を認めていません。ただ、それを徹底させると他の国の圧力が厳しくなるのである程度は認めているのですが、その矛盾があらためて日の目を見たと言っていいでしょう。

 さらに中国政府は対抗勢力が出来るのをすごく嫌います。法輪功の弾圧も、法輪功が政治的な活動をしてきたからこそあれだけの弾圧になっているわけですし、カトリックも政治的に利用される可能性が皆無というわけではないでしょう。だからこそあれだけ厳しくしているのだと思います。

 日本は中国のこうした人権侵害について放っておくのがよい策でしょうか。私はこのような事件に関して全て「遺憾の意」を表明するとともに是正を求め、それらを全て日本の外交カードにしていくのが上策だと思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年05月04日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:6

カトリックでは聖職者の任免権は教皇を中心とした中央(所謂「教皇庁」)にあるので、逆らったら「破門」されます。

そうなると「異端」扱いです。

カトリックは中共の思い通りにならないでしょう。

2006年05月04日 煬帝 URL 編集

中国共産党政府の人権意識は皆無ですから(笑)

2006年05月05日 worldwalker URL 編集

 欧州を核とするカトリックも中国を理解しただろう。
 遅すぎるよ。

 今の教皇殿が早くお目覚めになる事を祈ってる。
 中国に『自由』なんて存在しない。

2006年05月05日 どらっへ URL 編集

煬帝さん、
でもこの対立って1951年から続いているんですよね。まだ一悶着ありそうですよね。

worldwalkerさん、
「人権」と言う概念がないのかもしれませんね。

どらっへさん、
この調子で「対中国包囲網」が出来てくれればありがたいですね。

2006年05月05日 さいごう URL 編集

中国4000年を中共50数年と混同するな。
中共には宗教の自由はありませんが、中国には地下組織としての宗教はあります。
中共を滅ぼさない限り、世界平和はありません。
日本の政治家、官僚もローマ法王庁の対応を参考にしろ。

2006年05月06日 我田引水 URL 編集

混同しているというのは私のことでしょうか?
もしそうであれば、そのような意図で書いた文章はなく、またそう言った表現もしていません。
地下組織としての宗教とは「法輪功」も当てはまるでしょうし、歴史的にも大乗仏教が大きく栄えた時もあり、その他の宗教(儒教、道教が宗教にはいるかは微妙ですが)も中国の歴史上で宗教が全くなかったと言っているわけではありません。
 我田引水さんの仰ることに基本的に反対意見はありませんし、否定の意見をエントリ中に書いたわけでもありませんが、その点どうでしょうか?

2006年05月06日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。