スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

高機能化を捨てたiPodの成功

 iPodの成功は何によってもたらされているのか、そこのところを書いた記事を見つけました。  スローライフを志向するiPodの強み(CNET Japan)

 この記事で表現されている「スローライフ」という言葉が、ウォークマンのように「機能を削る」という付加価値であればよく理解できるのですが、いまいち私には理解できませんでした。

 「スローライフ」とはgoo辞書によれば、

スピードや効率を重視した現代社会とは対照的に,ゆったりと,マイ-ペースで人生を楽しもうというライフスタイル。」


となっています。しかし、iPodがハイテク化のアンチテーゼとして「ゆったりとマイペースで」と言っているわけではない気がします。

 iPodやiTunes、そしてiTMSが求めてきたのは、

 「生活の中に音楽を聞くという行為を身近にするか」

 だったように思います。最近電車の中では音楽を聞きそうもない中年(すでに自分のそうかもしれませんが)の男性の方々がiPodを使って音楽を聞いていたりします。意外と中高生はまだMDプレイヤーが多い気がします。

 自分の身近な例だけで結論を出すのは少し強引なんですが、iPodはこのように音楽にあまり接していなかった人たちを音楽の世界に引っ張ってくる役割を果たしていると思います。

 もちろん、他の競合製品よりも売れているのは理由があるのですが、それが「スローライフ」ではなく、「「機能を削る」という付加価値」を与えるのに成功したのがiPodではないかと思うのです。

◆参考になりましたらクリックお願いします◆
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2005年08月12日 iPod、Mac、Apple トラックバック:- コメント:2

どうしても高機能を売りにしがちなハードにおいて、無駄を省いたシンプルを売りにしたからこそ、iPodは売れたってことなんですねぇ・・w

iPodの関連特許に関する揉め事のニュースもありましたが、iPodでAppleは儲かってる節もあるでしょうし。
やっぱりAppleというブランド力はすごいですね・・・

2005年08月13日 はにゎ URL 編集

 毎回コメントありがとうございます。

 オーディオプレイヤーに関してはAppleがブランド化を確立できたのに対して、ソニーはウォークマンという有利な条件を抱えながらブランド化に失敗したのが対照的です。

 しかし本当にAppleは消費者の所有欲を高めるようなモノ作りが上手ですね。

2005年08月14日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。