スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国が日本の過去に対する認識で攻めの姿勢に入っています。

 日本に対して「A級戦犯を祀っている靖国神社に国家指導者が参拝しない」という条件があればこれ以上文句は言わなかったはずじゃないの、中国さん。

 韓国に対する援護射撃と火事場泥棒的発想、どちらも許せたものではないですね。

 ・竹島問題:北京紙「日本の誤った歴史認識が原因」(中国情報局)

 日本と韓国が領有権をめぐって争っている竹島(韓国名:独島)をめぐり、4月30日付の紙面で新京報は専門家による座談会を開催し、「独島問題は日本の誤った歴史観が原因だ」などと報じた。新京報は北京市を代表するローカル紙。

  座談会には、中国人民大学国際研究学院の黄大慧・東アジア研究主任、社会科学院日本研究所の金熙・研究員、国務院発展研究センター・朝鮮半島研究室の李敦球・研究員の3人が出席した。

  この中で金・研究員は「独島をめぐる対立は歴史問題が発端だ。日本が日露戦争期間中の1905年に占拠したが、第2次世界大戦後に韓国が支配権を回収した」「日本が独島の主権を主張するのには、植民地として占拠したことを正当化したいとの狙いがある」と主張した。

  黄・主任は「独島問題は単なる領土をめぐる争いではなく、日本の歴史認識に関わる問題でもある」「日本がこの問題を解決できないならば、今後も同じような問題が発生してくる」との認識を示した。一方で「関係する国々は問題を冷静に処理するべきで、地域の平和と安定を損なってはならない」との注文もつけた。

  李・研究員は「独島問題をめぐり日韓関係が悪化することは、北東アジアの発展にとって不利益となる」と述べた。

  新京報の論調は4月25日に韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が発表した特別談話を踏襲した形となっており、日本側の主張は伝えていない。なお中国の国営通信社である新華社は20日付で竹島問題を報じたが、事実を伝えるにとどまり中立的姿勢を示していた。(編集担当:菅原大輔)



 ・中国紙が拉致問題を報道「日本も強制連行にけじめを」(中国情報局)

 北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)による拉致問題の解決を目指して横田早紀江さんら「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」のメンバーが訪米したことに関連して、5月1日付の中国日報は「日本は戦前、強制連行などにより外国で多くの人々を拉致した。しかし謝罪と賠償を拒否している」などと伝えた。中国日報は英字紙チャイナデイリーの中国語版で、国際問題を主に報道している。

  中国日報は横田早紀江さんがブッシュ大統領と面会した様子を報道し、同大統領が「めぐみさんが無事に戻ってくるよう祈りましょう」などと述べたことを伝えた。

  一方で中国日報は、戦時中に日本によって強制連行された中国人労働者が賠償を求めて福岡地裁に起こした訴訟に言及。同地裁が3月下旬に原告側の訴えを棄却する判決を下したことについて、「拉致されて日本で長期間にわたって苦しみを味わった原告にとって成果はなかった」と主張している。

  また日本のメディアの報道姿勢に対しても、「北朝鮮の拉致問題を熱心に報道している産経新聞は、福岡地裁の判決を大きく取り上げなかった」と批判を加えた。

  その上で中国日報は、北朝鮮の拉致問題が進展することを支持しながら「この事件により日本の多くの人が被害者家族の痛みを知った。(戦前の)日本による拉致行為に関して、日本政府の姿勢が一歩でも前進することを期待する」と論評している。(編集担当:菅原大輔)


 もしかしたらこの中国情報局の菅原大輔記者が怪しいのかと思いましたが、基本的に中国情報局は中国よりの記事しか書かないので、まあそんなものでしょう。

 私は基本的に新華社通信、人民日報のどちらかでこのような報道がない限り中国政府の公式な態度とは認めないのですが、ひょっとしたら中国国民の世論が「韓国支持」、「火事場泥棒的発想であっても日本から何か奪おう」という発想が強くなってきているのかもしれません。

 この二つの記事について簡単に論評するならば、一つ目は「韓国政府の受け売り」だし、二つ目は「この訴訟自体が胡散臭いもので、(中国政府と)日本のプロ市民・過激派の臭いがぷんぷんするものであり、日本の拉致問題と同列に並べるに値しない」というものです。

 もしかしたら中国政府はローカル紙で観測気球を上げ、様子を見つつ新たな外交カードとして利用しようとしていると言う疑いもあります。とにかくこのような記事に対しては政府の毅然とした態度を見たいものです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年05月01日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:9

開いた口開いたままです。
何だか当てつけのようにも思えるし、そうでないようにも思える。
しかし、
>「A級戦犯を祀っている靖国神社に国家指導者が参拝しない」という条件があればこれ以上文句は言わなかったはずじゃないの
という主張はどこへいったの?とのことに誠に同感です。
いとも簡単に約束が破られ、破棄されるなら、日本の外交も頭使えよ!って思います。

2006年05月01日 テツ URL 編集

 『強制連行』など、作り話がまだ通じると思っている事事態がお目出度いですね。

 確か、中国のメディアは政府の言いなりだった以上、これが中国の意思でしょうな。

 はっきり言って話し合いをする必要が無い。

 先程、報道Sで明らかに靖国参拝反対と言う『一部の意見』を『アメリカの意思』と誤認識させるような報道が流れてました。
 朝日の売国ぶりには反吐が出ます。

2006年05月01日 どらっへ URL 編集

見た見た、あの爺さんの見解がどうしたのって感じでした。歴史問題については、中国も韓国と一緒かそれ以上に深刻に思えます。日本の政治家は、欧米で反論を張って欲しいです。

2006年05月01日 k URL 編集

まず反日ありきで、お話になりません(笑)

2006年05月01日 worldwalker URL 編集

中共の思惑。
このまま日韓の対立が続けばアメリカの同盟国を労せずして離間出来る。
そのためには韓国の味方をしてその主張を擁護する。
韓国を引くに引けない立場にまで追い込むことが自国の利益となるし、状況次第では尖閣諸島を奪い取れるかも知れない。

上手いのはこれには金も特別な工作も不要なこと。
思慮が足りない韓国は利用されてるのに気付かず泥沼に足を踏み入れ続ける。

2006年05月02日 煬帝 URL 編集

>煬帝さん
なるほど、曹操が韓遂を寝返らせたのと同じ手法ですね。
さすが、腐っても中国。

でも、韓国が味方陣営に入って、何か得しますかね?
日本としては、特亜が3国から2国に減るだけで、痛くもかゆくもないですが……。

2006年05月02日 you URL 編集

テツさん、
どうせ日本政府を批判するのが目的ですから、それに対抗するしかないのは分かっているはずですよね(苦笑)

どらっへさん、
それにしても報道ステーションはレベルが低くなりましたね。同じ嘘でも久米の方がまだ説得力はありますね(苦笑)

worldwalker さん、
そうそう、反日のための理論武装(理論にもなっていませんが)でしかありませんね。

煬帝さん、
興味深い話ですね。でも日本は韓国と手を携えなくてもいいですが、そうなると6カ国協議で日米側が不利になるとの考えもありますね。

youさん、
先ほど書いたように、6カ国協議で韓国を中国・北朝鮮側に付けることが近い目標ではないかと思います。

2006年05月02日 さいごう URL 編集

 今更ですが・・

>もしかしたらこの中国情報局の菅原大輔記者が怪しいのかと思いましたが、基本的に中国情報局は中国よりの記事しか書かないので、まあそんなものでしょう。

 ・・・その通りだと思います。あそこに中国よりじゃない記事が出たためしは(少なくても私の知る限り)ありませんし・・。

 こちらもこの程度の記事であればいちいち反応せず、冷静に相手の出方を伺うスタンスで良いと思います。

2006年05月03日 雷電 URL 編集

雷電さん、
確かにそうですよね。
私みたいな人が多く取り上げて話題にするほどでもないですよね。

2006年05月03日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。