スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

最近は宗教までバーチャルな時代に

 私個人としては、宗教は多少の神秘性がある方が良いと思っているのですが、世の中の流れは確実に違う方向へ進んでいる気がします。これは売る方が必死だからこんなことになるのか、信者が求めているのかどちらなんでしょう。

 ・次のキラーアプリは宗教か?--盛り上がりを見せる「教会関連技術」市場(CNET Japan)
 ラスベガス発--米国では最近、ハイテク企業が宗教がかっている。

 ソニー、松下電器産業、Avid、日立製作所といったハイテク企業が、急成長する「教会関連技術」市場で利益を上げるための取り組みの一環として、教会の布教活動を支援している。

 ここ数年、牧師らは、礼拝堂に大画面表示システムや大型ビデオディスプレイを導入し、まるでApple ComputerのSteve Jobsが製品を発売する時のような派手な演出をしている。そのハイテク技術を駆使した説教は、MTV、ビデオゲーム、インターネットに対抗する存在になりつつある。そして、その傾向はさらに拍車がかかり、今や教会では、複数代の最新式のウェブカメラを使って遠隔地の信者向けにウェブ放送を行ったり、最新の音響システムを駆使して崇拝エリア内の音量や音響の向上を図っている。

 「まるでロックコンサートに行くような感覚だ」と語るのは、映像音響処理技術者のPatrick Teagarden氏だ。Teagarden氏のように、教会を主要顧客とする映像音響処理技術者が最近増加傾向にある。「1つ確かなことは、メディアを利用することにより、人々の注目を集めやすくなるということだ。」(同氏)

 この教会関連技術市場の急成長ぶりが示されたのが、米国ネバダ州ラスベガスで4月24日から27日まで開催された電子メディアカンファレンス「National Association of Broadcasters(NAB) 2006」である。NABでは今回初めて、教会を顧客とするハイテク企業や家電メーカー向けの展示エリアが設けられた。

 同カンファレンスでは、「Radio Frequency Interference & The Church Sound System(無線周波妨害と教会の音響システム)」「Worship Software to Expand Your Media Presentation(メディアプレゼンテーションを拡大するための崇拝ソフトウェア)」「Microphones & Religious Applications(マイクロホンと宗教的アプリケーション)」といったタイトルの会議が開かれた。

 教会関連技術市場の市場規模に関する情報の入手は困難だが、Mark Chaves氏の著書「Congregations in America」によると、現在米国内に存在するキリスト教会、ユダヤ教会、イスラム教寺院の総数は30万件以上に上るという。それらの大半は信者数が200~300人程度の小規模な教会だが、2万5000人の信者を抱える教会も2~3件あるという。

 恐らく、米国でハイテクを駆使する教会の最たる例は、ヒューストンにあるLakewood Churchだろう。同教会では2005年に、1週間に3万人という礼拝出席者数を記録した。そのためJoel Osteen牧師は、かつて全米プロバスケット協会(National Basketball Association:NBA)のHouston Rocketsがホームとして使用していた元バスケットボール場を礼拝堂として使用する必要が生じた。

 Osteen牧師は、3台の巨大なビデオディスプレイスクリーンを導入し、そのスクリーンに牧師の映像を映し出すことによって、会場の最上階の席に座っている人々も牧師の姿を見られるようにした。さらに、その会場ではAltman Micro Stripと呼ばれる線形照明がOsteen牧師の説教壇の背後にある壁や回転する巨大な地球儀を照らしている。このAltman Micro Stripは、一連のタングステンハロゲンランプを使って様々な照明効果を演出する。

 またLakewood教会は、HDTVへの移行を計画しており、最近、ソニー製の高画質カメラを8台購入した。CIOinsight.comによると、同教会が所有する映像および上演用設備の価値はおよそ400万ドルに上るという。

 またCIOinsight.comによると、イリノイ州サウスバーリントンにあるWillow Creek Community Churchでは、年間予算総額2700万ドルのうち100万ドルをハイテクに投資しているという。

 教会によるこの種の(ハイテク)投資が、新たな「信者たち」を引き付けている。

 「大手電気メーカーは例外なくこの市場への進出を目論んでいる」と語るのは、教会に最新の音声映像技術を提供するStark Raving Solutionsの経営者Dan Stark氏だ。

 しかし、かつては製品を売るためなら性的コンテンツの利用も厭わなかったハイテク企業や電子メーカーも、教会に対しては異なる販売戦略を取っている。

 オンラインメディアツール販売企業のAudio Visual Martは次のようなオンライン広告を掲載している。「現実を直視しよう。われわれは皆経験していることだが、日曜日の朝、(教会で)居眠りをしている人がたまにいる。しかし、あきらめるのは早い。ハイテクを駆使すれば、全く新しい方法で信者らに刺激を与えることができる。」

 ミシシッピ州メリディアンに拠点を置く楽器と音響設備のメーカーPeavey Electronicsは、Sanctuary Seriesと呼ばれる新製品を開発した。

 牧師や聖職者らは、教会のハイテク化に着手する際、まず最近増加傾向にある崇拝用技術に精通した技術者を呼ぶ必要がある。Teagarden氏は、教会を専門とする技術者のグループに対し、同氏なら低価格カメラ3台、ビデオスイッチャ(複数のカメラからのビデオ画像を受信し、視聴者が見る映像を選択する装置)1台、さらにディスクに直接録画が可能な米Focus製DVカメラ用HDDレコーダ「Firestore FS-4」1台で教会のハイテク化が可能と語っている。

 Teagarden氏のプランにかかる費用は2万5000~3万ドルだという。

 教会がこれらの装置を備えることにより、説教の記録、編集、配信が、DVD、インターネット、テレビを通じてわずか数時間で行えるとTeagarden氏は語る。

 Sharing His Light Productionsのマネジングディレクターを務める同氏は、「長年、多くの教会がこの技術を求めていた」と語った。


 別に他人の信仰する宗教を否定する気はありません。キリスト教や仏教だって昔の姿そのままであるはずはないし、そのときの技術を取り入れて進化してきたはずです。

 今でこそクリスマスツリーに電飾を付けていますが、一番最初は奇想天外な発想に驚いた人が多いかもしれません。それと同じように「テレビ会議システム」や「巨大なプロジェクター」などは今だから驚くだけなのかもしれません。

 しかし、宗教は科学技術が人間に与えた「負の部分」を補う存在であって欲しいと思うのは私だけでしょうか。何でも科学万能主義の世の中だけに藤原 正彦氏の「国家の品格」のように情緒を大事にしなければならない場面が逆に増えつつあります。だからこそ宗教は科学技術の対極にあって欲しいと思います。

 なんとなく根拠なしに思うのですが、最近では宗教もゲームをしているのと同じ感覚で「娯楽」でしか無くなってきているのではないでしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年05月01日 IT トラックバック:- コメント:3

これは宗教じゃなくて「伝統を踏まえたイヴェント」でしょう。

宗教性についての格好の言葉があります。
「神秘とは、世界がいかにあるかではなく、世界があるというそのことである」-ルートヴィヒ・ヴィトゲシュタイン「論理哲学論考」より

2006年05月02日 煬帝 URL 編集

おいどんは、宗教屋は嫌いですな。

2006年05月02日 おいどん URL 編集

煬帝さん、
おお、なかなか深いですね。結局は最新技術を使ったかどうかではなくて、宗教そのものに魅力があるかどうかでしょうか。
でも、世界があると言うことだけで神秘を感じられるなら宗教そのものがいらなくなってしまいそうです(苦笑)

おいどんさん、
私も大がかりに集会などを開いたり、パフォーマンスをする宗教は嫌いです。

2006年05月02日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。