スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

韓国の拉致問題対応に危機感を持つのは朝鮮日報だけ?

 日本政府の拉致問題への対応すら手ぬるいと思う今日この頃ですが、韓国の対応は被害者を舐めたものと言うべきでしょう。そうした対応を批判する韓国メディアが少ないのもおかしな話です。

 ・米大統領懇談会に招かれた日本、招かれなかった韓国(朝鮮日報)

 米国のジョージ・W・ブッシュ大統領が28日午前ホワイトハウスの執務室で脱北者および拉致被害者家族と対面した際、日本大使が参加した一方、韓国の関係者は招かれなかった。

 ブッシュ大統領は北朝鮮に拉致された日本人被害者の横田めぐみさんの母、早紀江さんをはじめ、2002年に脱北し現在は韓国に住んでいる金韓美(キム・ハンミ)さん(7)家族、ミュージカル『耀徳(ヨドク)ストーリー』の鄭成山(チョン・ソンサン)監督、自由北朝鮮放送の金聖民(キムソンミン)代表らと会った。国籍で見ると、韓国人5人、日本人1人という内訳だった。

 しかしこの日の面会で加藤良三駐米日本大使が同席した一方、李泰植(イ・テシク)駐米韓国大使の姿は見あたらなかった。この現場を取材する記者についても、米国側の対応は日本と韓国で異なった。日本人記者については駐米日本大使館の協力のもとで読売新聞と共同通信の2社の記者が取材できるよう配慮したが、韓国人記者の取材は許可されなかった。

 27日米下院国際関係委員会のヘンリー・ハイド委員長が早紀江さんと韓国側の証人らを呼んで面談した際にも、駐米日本大使館の副大使は参加したが、韓国の外交官の姿はなかった。

 これについて駐米韓国大使館の高位関係者は「韓国も今回の計画を知ってはいたが、北朝鮮との関係を総合的に考慮せねばならないため、沈黙するしかなかった」と話した。

 外交部では韓国の外交官が招かれなかったことについて公式の説明を行わなかった。ある当局者は「ホワイトハウスが脱北者らと個別に接触を図って行われた懇談会だった」とし、「韓国政府が関与した行事ではない」と話した。昨年、外交部は民間が主催した北朝鮮人権行事について「参観はするが、参加はしない」という原則を発表しているが、今回もこの立場を守ったことになる。

 しかし政府内には「北朝鮮の人権に対する韓米日3カ国の姿勢の違いが象徴的に表れた事件」として憂慮する意見もあるという。ホワイトハウスは2日前、外交筋を通じ、懇談会の日程を韓国側に通知したと伝えられる。

 一方駐米韓国大使館側は、ワシントンを訪れた脱北者・拉致被害者らが「日本はすべての行事に関与し支援を行っているのに、韓国政府からは電話の一本もないというのは、どういうことか」と強く不満を訴えたため、遅ればせながら28日に大使館に招き李泰植大使との面談を行った。

朝鮮日報



 ・【社説】北には何も言えず、拉致被害者家族に事実隠す韓国政府(朝鮮日報)

 韓国国家情報院長は27日の国会で、1977年~78年に北朝鮮に拉致された金英男(キム・ヨンナム)さんら5人の高校生(当時)が、韓国に派遣する工作員の教官を務めていたという事実を、1997年に逮捕された工作員や2000年以後に脱北した人たちの証言によって確認していたことを明らかにした。

 しかし国情院によると、政府は最近開かれた南北閣僚級会談でもこの問題を提起しなかったという。拉致被害者の親たちは30年前に行方が分からなくなった息子が生きている可能性が高いとする情報を報道陣から伝え聞いて、「政府はなぜ今まで知らせてくれなかったのか」と不満をあらわにしたという。

 日本から北朝鮮に拉致され、金英男さんと結婚していたことが確認された横田めぐみさんの母と、脱北者の金韓美(キム・ハンミ)さんの家族が28日、ジョージ・W・ブッシュ米大統領と面会した。懇談会には日本の駐米大使が同席したが、韓国の駐米大使は参加しなかったというう。日本の外務省は横田さんの母の訪米を支援しているが、一方の在米韓国大使館は韓国から来た脱北者らに会いもしなかった。韓国外交部の指示によるものだという。

 この話を聞いて、改めて韓国政府は誰のためにある政府なのかと、やるせない気持ちにさせられた。政府は30年前に失踪した高校生らが北朝鮮で工作員の教育を担当していたという事実を確認したにもかかわらず、10年近くもの間、北朝鮮に抗議すらしてこなかったのだ。それだけにとどまらず、政府は息子たちの身を案じて夜も眠れない日々を送ってきた家族らに事実を知らせもしなかったのだ。

 そうかと思えば、韓国大使館は米国政府の招きで訪米して公式の場で証言しようとする脱北者たちと接触することすら避けていたという。「声高に騒いで北朝鮮を刺激すれば、拉致問題の解決にマイナスとなる」との理由を掲げているが、それが現政権の方針によるものだということを知らない者はいない。

 その論理で行けば、国際社会で拉致問題を訴えつづけてきた日本は拉致問題を解決できないということになる。しかし事実は正反対だ。口をつぐんできた韓国政府は拉致被害者の消息すらつかめていないのに対し、日本政府は国交正常化と経済支援というアメを用意して北朝鮮に13人の日本人を拉致したことを認めさせ、小泉首相は直接北朝鮮を訪問して拉致被害者5人とその家族を日本へ連れ戻した。

 韓国政府が拉致被害者家族にも口を閉ざしてきたこの4年の間に、韓国と北朝鮮を行き来してDNA調査などの複雑な作業を経て、横田めぐみさんの夫が韓国人拉致被害者であるという事実を突き止めたのも日本政府だった。

 それに対して韓国政府は今度の南北閣僚級会談を前に「拉致問題を提起する」と言っておきながら、「韓国戦争(朝鮮戦争)以後に消息が分からなくなった人たちの問題解決に向け努力する」という曖昧な合意だけして帰ってきた。

 こんな状態にあっても、韓国政府は拉致問題について大口を叩くつもりなのだろうか。


 最初に書いておきますが、朝鮮日報の記事が優れていると書いているわけではありません。所詮「日本との比較で韓国の拉致問題への対応は負けている」、「日本の方が米国に優遇されている」という屈折した劣等感の表れが今回の記事に如実に表れています。

 しかし、その点を差し引いても朝鮮日報は他の韓国メディア(私はハングルが読めないので日本語サイトを持っているところ限定)の中では一番まともなことを書いていると思います。

 だってどう考えても韓国政府の拉致問題の対応はおかしいでしょう。「太陽政策」だか知りませんが、拉致によって人生を台無しにされた国民がいるんです。日本政府のおかげで韓国にも多くの拉致被害者がいることがはっきりしたのです。なぜそれでも北朝鮮に気をつかうのでしょう。

 自分たちも拉致をしたことがあるから?そんなのは理由になりません。正しいことは正しいと主張することが出来る政府こそが評価されてしかるべきです。韓国は北朝鮮の悪事を多少黙っていても統一と核保有という甘い汁を吸いたいのでしょうか。

 韓国には「原理原則」を貫ける政治家はいないのでしょうかね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年04月29日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:7

金大中と盧武鉉、この2人がいなかったらもっとマシな国だったかもしれないねえ。極左政権による太陽政策が10年近く続いているんだから。

2006年04月29日 worldwalker URL 編集

韓国政府が金大中を拉致したのは、韓国がこうなってしまうのを憂えてのことだったのかもしれませんね。

2006年04月29日 さいごう URL 編集

今や対北融和が国是のようですからね。

金大中、拉致までしたんならどうして始末しなかったのか。

2006年04月30日 煬帝 URL 編集

韓国拉致しやがった、自国内で解決しろっての・・・・まあ、韓国が世界十位?のGDPで、支えている内は解決しにくですが、正直中露が同調してくれればそれでいいので、どうにかするでしょ、次期総理と希望を抱きます。

2006年04月30日 k URL 編集

今も昔も屈折した優越感を持つ日本国民というのも結構いますね。日本の新聞もマスコミも似たりよったりだと思いますけど。
ところで中国・ロシアが日・米の側につくと思いますか?中国は日米側につくわけないでしょう。ましてや中国が議長国。日米に韓を抱き込まむことが六カ国協議を有利に進める手になる。米が強くでると、中・ロとは対抗することになってしまいます。

2006年04月30日 ヒロ URL 編集

なんだかんだいって、国際協調少しは、中、露も考えて着地点を拉致に関しては考えるとおもっただけです。韓国は、意固地になってる気がするので動かない気がするというただの感想です。

2006年04月30日 k URL 編集

煬帝さん、
また不謹慎な話になってしまうのですが、金大中が大統領になっていなかったら今の対北朝鮮関係も違ったものになっていますよね。

kさん、
拉致に関しては中露も口を挟むつもりはない(というか中国は6カ国協議に出すべき話題ではないと言っています)でしょうから、米国だけが頼りですね。

ヒロさん、
コメントありがとうございます。
日本のマスコミも大概は信用できませんね。事実を事実として報道してくれればそれで良いのですが、それすら出来ないマスコミばかり(苦笑)

2006年04月30日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。