スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

韓国、為替介入政策を変更?

 書く時期を逸してしまったので、今更書くのもどうかと思っていた韓国の為替介入政策(通称「ワロス曲線」)は意味がないことにやっと気付いたようです。

 ・ウォン高 政府が積極的に市場介入へ(KBSワールドラジオ )
2006-04-26 17:08:34 Updated.

ウォン高が急激に進んでいることから、政府は為替市場の安定に向けて本格的に市場介入する方針を打ち出しました。
政府関係者は「これまでは少しずつ市場介入する方法をとってきたが、投機勢力の攻撃を防ぐのにとどまる程度だった。
しかしこれからは迅速に大々的に介入して韓国に通貨当局が存在することを投機勢力に確実に認識させる。一部では当局の保有資金が多くないと言われているが、今年の国債20兆2000億ウォンのうち借款発行を除くと、11兆ウォンの余裕がある」と述べました。


 この「ワロス曲線」について知りたい方は、

 ・「ワロス曲線」おさらいスレ(オススメ!)

 ・ワロス曲線は悪夢再びの予兆?rx178の最近気になる朝鮮半島

 などを見てもらえると分かりやすいと思います。単純に言ってしまえば、
1.何者かがウォンを大量に買いウォン高になる。
2.韓国政府は一定のウォン高になると市場介入する。
3.しかし安値になった瞬間に何者かが持っていたウォンを売り飛ばす。
4.また最初から繰り返し

 以上のことを繰り返すため、ドル-ウォンのレートはノコギリの刃のようになります。これを「ワロス曲線」と呼んでいます。(主に2ちゃんねると韓国ウォッチャー)

 この取引で何者かは「安値でウォンを買い、高値でウォンを売る」という取引を一日の間で大量に繰り返すため、大量の利益を得ます。逆に困っているのは韓国政府で、すでに大量の資金を使っています。

 で、話は最初の記事に戻るのですが、このような市場介入は意味がないことにやっと気付いたようです。このような小刻みの市場介入はかえって相手側に利するだけです。こういった勝負には「徹底抗戦」と「現金の多さ」が決め手になることがほとんどです。

 それにしても今更積極的に出るってどの程度なんでしょう。これで韓国の経済が破綻なんて言うと笑うに笑えないんですが(苦笑)
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年04月27日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:3

「兵力の逐次投入は下策」という兵法の基礎の基礎も知らないんでしょうか。

2006年04月27日 煬帝 URL 編集

多分彼らの脳波は「カメハメハ」よりすごいパワーを持ったwwww...言っていて恥ずかしくなります。

脳構造は昨日テレビ出ていたパン&ジェームズより劣るでしょうね。

今頃になって気づくとは...身内だけにばらまいていたのかなとも思ったりします。

2006年04月28日 テツ URL 編集

煬帝さん、
多分知らないですよ、もしかしたらあれで効果を発揮していると思っているのかもしれませんね。

テツさん、
実は韓国政府高官の自作自演だったりして(笑)

2006年04月28日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。