スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

筆坂 秀世「日本共産党」を読んで(追記あり)

 ちょっと遅ればせながら筆坂 秀世氏の「日本共産党」を読みました。前々から言っていることではありますが、私は日本共産党は嫌いですが、筆坂氏には頑張ってもらいたいと思っています。
日本共産党日本共産党
筆坂 秀世


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 私は日本共産党(以下共産党と呼びます)の党員でもなければ内情に詳しい人間でもありません。ですので共産党のことは表に出てきている部分でしか評価できません。

 そしてその表の部分が非常に回りくどく、しかも読んでいる人を混乱させるような表現(言い訳じみている表現ばかりだと私は思います)ばかりなので共産党を理解するのは非常に難しいです。

 さらに理解できたとしても共産党の「革命政党」で「革命の邪魔になる勢力は排除(殺人・破壊も厭わない)」ところを絶対に認めることは出来ません。このあたりは「オウム真理教」が「アレフ」になっても信用できないのと同じで、いくら表で「共産党は変わった」と口にしても信用することは出来ません。

 ただ、そんな共産党でも内部事情を理解したいという気持ちは強く、暴露本の類から不破氏・宮本氏の本まで色々と読んでいますがあまり理解が深まったとは言えませんでした。

 それが今回筆坂氏の「日本共産党」を読んで、内部の状況がだいぶ理解できた気がします。このあたりは逆に共産党の内部にいる人から見れば「嘘と偏見に満ちている」と思うかもしれません。であれば具体的な例を付けてコメントいただきたいです。

 前にも筆坂氏関連の記事を書いたら(自称)共産党員の方などから根拠のない反論をいただきました。私は筆坂氏の本に書いてあることが本当だと思いますが、嘘だという人は批判だけではなくきちんと説明してもらいたいと思います。

 もう一度書きますが、この本は共産党に興味がある人にとってかなり有用なものとなると思います。皆さんも読んでみることをお勧めします。

 (追記)
 今回色々と共産党のことを書きましたが、末端の党員は非常に親切な人が多かったりします。日常の些細な自治体の不具合でも共産党の区議(市議)に言えば努力して改善してくれます。(他の政党に頼むよりも早いことが多い)
 また、民商は零細企業にとって経営に関する味方ですし、あれで金を取らないのが不思議なくらいの時もあります。

 ただ、誤解してもらっては困るのが、全て党員を増やすための一つの方法ですので、それほど恩に着る必要はありません。彼ら末端の党員は暴力革命集団「日本共産党」へ勧誘する「加害者」的側面と親切な良い人でありながら上層部に数値目標を設定されて必死になっている「被害者」的な面も持っているとの認識を持っておく必要があるでしょうね。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年04月23日 政治 トラックバック:- コメント:15

 共産党は「国(中国)は違えと共産党は同じ」なんて言った連中ですからね。
 信じる気なんぞ有りません。

2006年04月24日 どらっへ URL 編集

の入党者が多いと思います。
それは、共産党が弱者の見方として実際に機能している面があることを真っ向から否定できないからだと思います。現状として賃金不払いなどでの交渉や医療関連などの福祉分野での共産党の活動は他の類似団体より非常に親身なのも事実です。共産党擁護のように読めるかも知れませんが、見聞き知った実情を述べてみました。このような現状があるため、それらの問題に真剣に取り組もうと思う真面目な若者などが共産党の本質とは別に共産党と関連する場所を選択してしまうという現状を変えることが一番効果的だと思います。党の本質は紹介された著書などに書かれているものと遠いものではないと思っていますので真面目に考えて真摯に問題に取り組もうとする人材が集まる場を何とか作れれば違うのではないかと思います。

2006年04月24日 フレア URL 編集

>共産党の内部にいる人から見れば「嘘と偏見に満ちている」と思うかもしれません。
適当なことばかり言って逃げる習性の持ち主です(笑)。あっ、ついつい本音が、すいません。
さらにどらっへさんと激しく同じです。
どらっへさんってmumurブルログの....すげー!

これからもよろしく御願い致します。

2006年04月24日 テツ URL 編集

また遊びに来ました。
勉強になるブログですね。
いつも参考にさせてもらっています。
応援クリックしておきます。

2006年04月24日 stayup URL 編集

どらっへさん、
私も信じていません(苦笑)

フレアさん、
この点もう少し記事にて追記させていただきますが、基本的に党員の末端は「加害者」でもありながら「被害者」の面も持っています。
また、彼らは無邪気なほど一生懸命頑張っていますね。

テツ さん、
私も実は拒否反応が出るんですよね。でも興味はあるんです(苦笑)

2006年04月24日 さいごう URL 編集

追記の通り、加害者であり被害者ですね。私も実際に接した事がありますが見方によっては新興宗教に属している人たちと変わらない印象があります。(互いに違うというでしょうが)

ただ、特に学生などあまり実体を知らない・知りえない立場でかつ、真面目で実直な人たちが弱者の味方になりたいと思い、気が付いてみたら・・・というケースもよく見受けます。この点も新興宗教と類似しているのではないでしょうか。そのような今のご時世では貴重な人材をよい形で受け入れる受け皿がもう少し増えるといいですね。最近は政治的背景の無い真面目なNPO・NGOも増えて来たので、このあたりに期待しています。

2006年04月25日 フレア URL 編集

フレアさん、
でも気になるのは、政治的背景があるNGOかそうでないかは分かりにくいんですよね。
だからこそ「共産党」と名の付かないNGOやNPOでも安心できないところもありますね。

2006年04月25日 さいごう URL 編集

党員でも何でもないのですが、このあたりの話をすると長くなってしまいます。NGO・NPOの政治的な問題の見分け方やまともな団体なのかの判断などはご指摘の通り、難しいと思います。ですが、政党直結だけではない道筋が出来つつあることは評価したいと思います。行政では、現在協働というフレーズが流行っているようなので今後に多少期待ですね。

2006年04月26日 フレア URL 編集

 非政府系と反政府系では似ているようで全く違うものですよね。

 私も「政府に出来ないこと」をやろうとしている組織はどんどん増えるべきだと思います。

2006年04月26日 さいごう URL 編集

>mumurブルログ

 共感する事が書いてあったので単に貼ってるだけですよ。
 私は関係してないです。(苦笑)

2006年04月29日 どらっへ URL 編集

この本の中では志位さんに対する批判はそんなになく、
むしろ処分を喰らった筆坂さんに対して志位さんが
「涙を流して同情してくれた」というエピソードさえ書かれていた。
だけど、その志位さんは
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-04-21/2006042102_03_0a.html
ここに書かれているように筆坂さんを「転落した」と評している。
哀しいね。

2006年05月13日 共産党のビラ配りをする人 URL 編集

共産党のビラ配りをする人さん、
コメントどうもありがとうございます。
志位委員長の発言は立場上仕方のないものでしょう。私が同じ立場だったとしても同じ発言をすると思います。
私には志位氏が非常につらい立場だと思っています。ひょっとしたらソ連のゴルバチョフのように党内を掌握したら改革をしてくれるような気がしています。

2006年05月13日 さいごう URL 編集

生活相談と称して議員がやってる事って結局党員獲得なんですね。

それが良く分かりました。
共産党が人殺しもしていた事も分かりました。
共産党はもう嫌です。

2006年07月20日 通行人 URL 編集

通行人さん、
コメントありがとうございます。
出来れば共産党や社民党、民主党以外にリベラル系のうけざらがほしいところですね。

2006年07月21日 さいごう URL 編集

>共産党が人殺しもしていた事も
>分かりました。
>共産党はもう嫌です。

アメリカ独立革命もフランス革命も否定しなければなりませんね。
自由も民主主義も嫌ということになりますよ?


2006年11月04日 ちょっよ、 URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。