スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

竹島周辺海底調査中止、これでいいのでしょうか?

 今日のニュースによると「日本は海底探査を中止し、韓国は6月に行われる海底地形に関する国際会議での独自名称提案を中止」することで妥結しました。

 結局この妥結は日韓にとってどのような意味を持つのでしょうか。

 ・日韓協議合意…日本は調査しない、韓国は地名提案せず(読売新聞)

 【ソウル=中島健太郎】竹島周辺海域での日本の海洋調査計画に韓国が反発している問題で、日韓両国は22日夜までの外務次官級協議で、<1>韓国は6月の国際会議で、韓国名の海底地形の提案をしない<2>日本は予定していた海洋調査を行わない<3>両国は排他的経済水域(EEZ)画定に関する交渉を5月中にも再開する――ことで合意した。



 ・韓日東海EEZ交渉、早ければ5月に再開(聯合ニュース)

 【ソウル22日聯合】韓国と日本は22日、日本の東海水路測量計画から発生した両国の対立に関連し、午前から午後にかけ断続的に協議を重ねた結果、最終的に妥結に至った。
 日本側は6月30日まで行うと予定していた東海海洋科学調査を中止し、韓国側は国際水路機構(IHO)への独島付近水域の韓国式地名登録を、充分な準備を経た後に適切な時期を見て行うことで合意した。また、今回の事態が東海の排他的水域(EEZ)の韓日間境界が確定されていないために発生した点を考慮し、早ければ5月中にも局長級の協議を行うとしている。

 韓日協議の韓国側代表を務めた柳明桓(ユ・ミョンファン)外交通商部第1次官は、「日本側と昨日ときょうの2日間にわたり法的、政治的立場を説明し意見交換を行った結果、外交的解決を図った」と述べた。

 ただ、日本側は今回の探査を中止するというものでそれ以降については可能とする立場で、韓国側も地名登録を適切な時期に行うとしていることから、事実上いつでも登録は可能との意味合いを含むと思われる。今回の合意は一時的な策の水準と言えそうだ。政府は日本政府の特別な動きがなければ、6月にドイツで開かれるIHOでの地名登録は推進しない方針だ。

 両国外交次官は、午前9時30分から午後3時まで協議を行ったが意見の調整がつかず、柳次官が公式記者会見を行い経緯を説明すると伝えられたが、2度の追加協議を経てようやく合意に達した。


 今回の妥結で韓国側の多くは「韓国の外交的敗北」と見る可能性が高く、日本側は「なぜ海底探査を強行しなかったのか」という疑問が根強く残ると思います。

 しかし今回の妥結は一時的なものであり、日韓ともお互いの態度次第で今回の妥結を放棄することもあり得るのです。だからこそ出来た合意であるとの前提がまず必要になってきます。

 その上でどちらに利があったのかと言えば、一応日本側にあったという結果になるのではないかと思います。「一応」と付けたのは、日本が「韓国の竹島(韓国名独島)領有既成事実化」を一時的に阻止することは出来たものの、日本の領土・領海・EEZに関する調査を他国の抗議によって中止するという妥協をせざるを得なかったからです。

 今回の妥結の結果、日韓は排他的経済水域(EEZ)画定に関する交渉(局長級協議)を5月中に行うことになります。下手すればここで日本の主張に猛反発して国際会議での提案を強行する、というシナリオも考えられます。そうなれば韓国の蛮行がクローズアップされはしますが、国際的に日本の竹島領有に対する立場は弱くなります。多少は状況が日本側に好転したとはいえ、相変わらず日本に不利な状況は変わっていないのです。

 結局今回の日本のように「当然あるべき権利の行使をしない代わりに妥協を引き出す」という行為は諸刃の剣であると感じます。日本は墓穴を掘ったと後悔しないためにもEEZに関する協議できちんとした成果を出して欲しいものです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年04月22日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:10

韓国は竹島を領土と言うのなら、その歴史的根拠を公の機関で説明しなくてはいけないと思います。
説明できない理由は、根拠が無いのに領土だ領土だといっているだけです。
この事を、国際会議の場で日本が説明すれば済むのではないでしょうか。

今日も応援クリックさせていただきました。

2006年04月22日 KNTY URL 編集

自分たちの領土だから説明の必要はない、と言っていますがそれはあまりにも失礼でしょう。

やはり何とかしなければいけませんね。

2006年04月22日 さいごう URL 編集

拝啓、大義や歴史的国際法的根拠は日本にありました。 この結果は残念であります、 しかし 国際会議の席上に於いて韓国に豹変させぬ様に注視するしかありませんね。 マスコミも 一大事なのだから 事実を坦々と報道せよと感じました。 余談ですが、石原東京都知事が ピント外れな質問をする新聞記者に 君は トロッコか 汽車かと問い返した場面が思い起こされてなりません。 マスコミ関係者 経営者 ジャーナリストと称する人々の見識を疑います。 乱筆乱文御容赦あれ。 草々

2006年04月23日 (^-^)風顛老人爺 URL 編集

これは、日本側の判定負けだと
思います。今後の対応に期待
しましょう。

2006年04月23日 イプサム URL 編集

韓国は、協定なんか決めても守らないのだから、強行策しかないのではないかと思います。
90年代の合意、日本竹島。韓国うるるん島基点とする・・・も暫定的に共同水域とするも守りませんでした。この辺がロシアや中国が妄言し続けている原因でしょうし、韓国も、ドイツで強行するような疑いが強いです。その場合、日本は駐留中に韓国軍を追い出すような事をできるのかと思います。

2006年04月23日 k URL 編集

(^-^)風顛老人爺さん、
コメントありがとうございます。
何度も言っているのですが、韓国は別に領有権を主張するのはいいのですが、「自分のものだから議論に値しない」という姿勢はいかがなものかと思いますね。

イプサムさん、
わざわざありがとうございます。
結局は結論を後回しにしたようなものですね。

kさん、
私もその通りだと思います。妥結したことなど忘れてまた主張してくるでしょうね。

2006年04月23日 さいごう URL 編集

 私は失敗だと思います。
第一、あいつらが日本との約束事の類を守った事が無い。

 強行調査すべきだと思っております。

2006年04月23日 どらっへ URL 編集

結局は外務省が「ここらで妥協を」という線引きをしていただけのような気がします。
これでは海上保安庁や自衛隊がかわいそうです。

2006年04月24日 さいごう URL 編集

無責任な一国民として言わせてもらえば、日本は海洋調査を強行して、韓国に測量船を拿捕されればよかったんですよ。国際法上、自国の領海内を航行中の未武装の船(しかも民間所有ではなく国所有の調査船)を他国の武装船が拿捕するということは、外交問題どころか国際紛争ですよ。紛争となったら国際的な注目が竹島問題に集まることでしょう。

そうなったらどうなるのか?
国際法上、いかに韓国の主張が独善的でおかしいかと、いうことが世界中に喧伝されることになります。
また紛争ということになれば国際的な第三者機関「国連」が仲介ということで、「この問題を国際司法裁判所に委ね平和理に解決したらどうですか」みたいな提言がなされるはずです。
分担金を滞納しまくっているクセに国連総長を韓国から出そう
とか主張している韓国のこと。まさか、その国連からの提言を無碍に無視するなんてマネはしないよなあ(笑

まあ国連の提言を無視したらしたで、ウォン高で再び経済崩壊するのではないかと言われている韓国のこと。
前回のように国連の下部機関であるIMF(国際通貨基金)の支援が受けられなくなるのは避けたいわけで・・・

かくして
国際司法裁判所に韓国を引きずり出すという日本政府長年の悲願が達成し国際法上、まったく落ち度のない日本の主張が認められ竹島が還ってくるという筋書きが考えられなくもない。
こうゆう展開になるのが嫌だから真っ先に韓国は、国連海洋法条約に定められた強制的な紛争解決手続きを拒否する「宣言書」を送付したりと必至なんだけどさ。
今回の件が大事にならなくってホッとしてるのは日本よりも韓国だと。

そういや前の韓国経済危機(所謂「IMF危機」)の時、外資系企業が次々と韓国から融資を引き揚げる中、危険を承知で最後まで韓国に残った外資系金融機関は日本だったんだよな。
そこまでして韓国経済に貢献してきた日本の金融機関なのに
「経済危機の原因は日本の金融機関が融資に応じなかったから」
なんぞと主張するヤツはでてくるわでねぇ~もう本当にコイツラは~
そういやその時、確か韓国の偉い人は日本に
「今後、謝罪と賠償は要求しないから援助してくれ」
と泣きついたハズですが、今じゃすっかりそれを忘れてますね。

2006年04月26日 たかもり URL 編集

こんばんは、
コメントいただきありがとうございました。
出来れば引用元を記載していただけるとありがたいです。

確かにこのコメントに記載されている通りですね。調査を強行していれば何もかもうまくいったのですが、妥結してしまったために今の状況になってしまっていますね。

2006年04月26日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。