スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

携帯電話でネット閲覧、30代から50代が牽引

 IT MediaとCNET Japanが同じような記事を掲載しているので、なんとなく記事に困っている印象も受けるのですが、中身を見てみるとなかなか興味深いです。特に35歳以上が携帯電話でのネット閲覧を牽引していると聞くとちょっと興味を持ちません?

 ・携帯電話からのネット閲覧が急増、中高年層が牽引--米調査(CNET Japan)

 携帯電話の所有者が世界的に増加し、無線サービスを利用する35歳以上のユーザーが増えたことにより、携帯電話からのインターネット閲覧が増加していることが新たに報告された。

 Ipsos Insightによる2005年度版「The Face of the Web」報告書は、携帯電話の所有者の増加、コアユーザーによる携帯電話からのネットサーフィンの増加、そして35歳以上の成人による無線モバイル技術の利用の増加などが顕著であることを示している。

 日本、韓国、中国の都市部において90%の世帯が携帯電話を所有しており、西欧では80%、カナダでは60%となっている。米国では4世帯のうち3世帯が携帯電話を所有していた。

 2005年では、携帯電話所有者の28%が携帯電話でインターネットを閲覧しており、2004年の25%から増加している。注目すべきは、若年層のユーザーとともに35歳以上の成人ユーザーがこの伸びを牽引していることだ。

 「より年齢の高いこのようなグループは実際、携帯電話をよく研究し始めており、その便利さを享受している。彼らは単なる電話機能よりも、テキストメッセージや電子メールあるいはインターネット閲覧といった機能を利用するために携帯電話を使っていることがわれわれの調査で明らかになった」とIpsos InsightのシニアリサーチマネージャーAdam Wright氏がCNET News.comに述べた。

 携帯電話を所有する世帯に属する35~54歳の成人の27%が携帯電話でインターネットを閲覧したことがあると回答している。Wright氏によると、2004年では21%に過ぎなかった。また55歳以上で携帯電話からネット閲覧をしたことがあるのは12%だった。

 通常、シニア層は消費者として高い購買力を持っているため、それらの統計データは「Mコマース(Eコマースの携帯電話版)」にとって重要な意味を持っている。またシニア層は最大の伸び率を示した。

 18~34歳の携帯電話所有者は、依然としてネット閲覧の最大ユーザー層であるが、36%から増加していない。

 国別では、無線デバイスからのネット閲覧に関してフランスと米国が最大の増加を示しており、それに日本が続いている。日本では携帯電話所有者10人のうち4人がネットを閲覧しており、2003年に比べて倍になっている。

 同報告書では、携帯電話使用とインターネットの相関関係の調査結果も明らかにしている。12の世界市場のうち10の市場で調査したところ、過去30日間でインターネットにアクセスした人の90%が携帯電話を所有していた。


 ・携帯からのネット閲覧、PCしのぐ勢いで成長(IT Media)

 世界の携帯電話ユーザーのうち、インターネットを閲覧したことがあるのは28%。日本では成人10人のうち4人が携帯からネットを利用している。
2006年04月19日 07時59分 更新
 市場調査会社Ipsos Insightが4月18日発表した調査によれば、携帯電話からのネット利用は一部の国でPCをしのぐ勢いで伸びている。

 世界の携帯電話ユーザーのうち、インターネットを閲覧したことがあるのは28%。2004年末の25%と比べてやや上昇した。この伸びは35歳以上のユーザーがけん引しているという。

 世界の多くの国で無線機器からのインターネット閲覧が堅調に伸び、特にフランスと英国で大きく増加。日本でも急成長が続き、携帯電話でネットを閲覧するユーザーは成人10人のうち4人に増えた。これは2003年に比べて倍に当たる。

 一方、米国やカナダでは横ばいの状況で、外出先でのインターネット用プラットフォームとしてはノートPCの方が浮上しているようだという。


 欧州の状況は知りませんが、米国では携帯電話でネット閲覧している人など見たことがありません。カナダもそれは同じようです。あくまでも自分の経験だけで言っていますが、彼らはPCやPDAに接続してネット閲覧するか電話がメインのようです。

 この傾向は中国や欧州でも同じかと思っていたのですが、その状況は変わりつつあるのでしょう。それにしてもどのようなサイトを見ているのでしょうね。

 日本では35歳から54歳までの世代が見るものといえば、「株価」、「オンラインバンキング」、「SNS」、「ブログ」、「2ch」といったところでしょうか。特に最近の投資ブームは携帯電話でのネット閲覧の追い風になっている気がします。

 また、ブログを携帯電話で閲覧したり、携帯電話から投稿できる機能は急激に発展しています。私のところのFC2ブログは携帯電話の管理機能が付いているのですが、この管理機能でPC版とほぼ同一の機能を提供しています。文字入力の困難ささえ克服すればブログに関してPC並のことが出来ます。

 これらの機能は特に「中高年」をターゲットにしたものではありません。しかし、今まで「中高生(分かりにくいですね)」をターゲットにしたコンテンツばかりの携帯電話のネット環境が多様性を持ってきた証拠でしょう。私も「着メロ」、「着うた」、「壁紙」、「ゲーム」ばかりの携帯電話コンテンツにはほとんど興味はありません。だからこそ最近増えてきた様々な機能は歓迎すべきものです。

 しかし、それにしても「35歳から54歳」って中高年なんですよね(苦笑)私もそのカテゴリにはいると思われる(?)(一応匿名でブログをしているもので、年齢も細かくは書きません)ため、ちょっとだけ寂しい気持ちになりました。もうそんな年なんですね・・・。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年04月19日 携帯電話・PHS トラックバック:- コメント:2

こんばんは。
私も匿名でブログやっていますが、中高年に当たるとは....。

日本の携帯電話でのメールやり取りの姿をそこら中で目にしますが、あまりいい印象は受けませんね。私は緊急の仕事用、かつ閲覧のみですが、あんな携帯電話などで打ってられないというのが本音です。
私も含め高年齢化を迎えるに当たり、もっと使いやすいモノを開発して欲しいですね。

2006年04月19日 テツ URL 編集

結局今のところPCのキーボードに勝る入力機器にはなっていませんから、はっきり言えば閲覧限定でしょうね。
それもあの小さな画面ですから見るのは大変です。
そこがなんとか出来ればいいのですが。

2006年04月19日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。