スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

平成電電、とうとう破産

 一度当ブログでも記事を書いた平成電電に関する記事です。(参考)このときは民事再生法の適用を申請し、スポンサーも現れたためなんとか立ち直ることが出来るかと思われていたのですが、スポンサーからも「再生の見込みが立たない」宣言され、結局破産することとなりました。

 ・ドリームテクノロジーズ、平成電電への再生支援を中止--平成電電は支援要請(CNET Japan)

 ドリームテクノロジーズは4月16日、平成電電再生のためのスポンサー支援を中止することを決定したと発表した。ドリームテクノロジーズは、平成17年12月より平成電電に対し支援活動を行ってきたが、本日現在においても依然として再生の見込みが立たず、このままではドリームテクノロジーズの財務状況に対しても重大な悪影響を及ぼす可能性があることを中止の理由としている。

 平成電電は、平成17年10月3日に東京地方裁判所に対して民事再生手続開始の申立てを行い、ドリームテクノロジーズが再生支援のためのスポンサーとなっていた。当初はコスト削減と人員整理により容易に再生が可能との見込みだったが、他社による協業がない限り現実的な再生を図ることが不可能であることが判明し、急きょ、日本テレコムとの業務提携という方法を選択することとなった。

 ドリームテクノロジーズによると、合理的かつ現実的な事業計画の提出を再三にわたり求めたにもかかわらず平成電電が独自に作成し、説明された内容も信頼できないものだったという。また、裁判所に提出された事業計画は直前に説明されたものより最終収支が15億円も悪化している上に、通信設備の更新の予定が織り込まれておらず、電気通信事業者としての合理性にも欠けていると指摘している。さらには平成電電のコスト削減は限定的かつ不十分であり、依然として不必要な経費を垂れ流している状態が続いており、信頼関係を維持することができないと結論した。

 なお、平成電電では4月17日に、ドリームテクノロジーズに対する資金支援の要請を発表している。同日中に支援がなければ資金繰りに窮し、民事再生手続きを遂行できなくなるとしている。


 この会社は民事再生法を適用する前に色々な新聞社に広告を出していましたが非常に胡散臭いものでした。別に私は投資家でもないただのサラリーマンなんですが、そんな私でも「これは絶対手を出すべきではない」と思わせるところがありました。多分永久に右肩上がりの経営が続けば大丈夫だったのかもしれませんが、最初から躓いてしまえばどうしようもありませんね。

 この記事によれば民事再生法の適用後も「合理的かつ現実的な事業計画」を作成することも出来なかったようです。こうなれば潰れるべくして潰れたようなものです。投資家の皆さん、ユーザーの皆さんには申し訳ありませんが、この会社はこれ以上どうにもなりません。

 ちなみに今日付けでこのような記事も出ています。


 ・平成電電、破産申請へ 支援中止で再生断念(IT Media)

 ・平成電電が再建断念--DTの支援中止には「理由分かりかねる」(CNET Japan)

 これで決まったようなものですね。残念ながら個人投資家の方々は配当が出ないどころか元本も返ってくるのが危ういのではないでしょうか。


 参考(当ブログ):平成電電、民事再生法の適用を申請(10/4)
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年04月17日 経済 トラックバック:- コメント:2

あたしも怪しいと思ってた(笑)
友達が平成電々で営業の仕事してたことがあって、
(去年の9月で厭きたと退職したけど・・・爆)
営業って出ながら一日中映画見たりパチンコしてたらしい。
名刺置きに行くのが仕事で、相手の名刺一枚で
お給料になると豪語してた・・・。
ちなみにお昼代も請求できたと言ってた。
下っ端がそれじゃ上の人はどんなだったんだろ?
こんなことを許してるから経営が悪化しても
フォローできなかったんだと思う、自業自得。
信じて加入した人達がバカを見た?

2006年04月18日 つき~というかあや URL 編集

やはり従業員の質はかなり悪いみたいですね。経営者自体がかなり怪しいですしね。

ここまでよくもった方でしょう(笑)

2006年04月18日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。