スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

韓国の敵は中国が成敗するのか?

 結局中国や韓国のやっていることを見ると低次元すぎて腹が立つどころか笑ってしまいます。それにしても最近はガス田に関して産経だけでなく他の新聞も扱いを大きくしてきました。まだまだ中国よりの報道姿勢に気になるところも多々ありますが、国民の関心が高くなってきている証拠でもあるので良いことだと思います。

 ・中国が中間線またぎ「作業海域」設定、航行も禁止(産経新聞)

 【北京=伊藤正】中国政府が、ガス田開発をめぐり日中間の摩擦が続いている東シナ海で、一般船舶の航行を禁じる海域を設定し、公示していたことが十五日分かった。対象海域は日本が排他的経済水域(EEZ)に基づき主張する中間線を越えている。日中関係筋によると、日本政府への事前通告はなく、日本側の反発は必至だ。

 公示は、三月一日の海事局ホームページに掲載された。それによると、中国側は「平湖ガス田」の拡張工事のため、三月一日から九月末まで中国の作業船を除く船舶に対し、同ガス田付近海域への立ち入りを禁止。指定海域は「中間線」をまたぎ、南北二百キロ、東西三・六キロに及ぶ。

 平湖ガス田は、白樺(中国名・春暁)や樫(同・天外天)と同じく中国海洋石油が開発中で、「中間線」に近く、尖閣諸島(同・釣魚島)の北側に位置する。

 日中両政府は三月六、七両日、北京で東シナ海のガス田開発協議を行い、日本側は中間線をはさんだ海域での共同開発を提案したが、中国側は拒否、不調に終わった。

 中国側が協議に先立ち設定した航行禁止海域は、日本の中間線主張を拒否する従来の立場を行動で示した形で、日本側を強く刺激、今後の協議を一層複雑にするとみられている。



 ・中国、中間線付近の船舶航行を禁止…ガス田拡張のため(読売新聞)

 【北京=末続哲也】中国海事局が、東シナ海の「平湖」ガス田拡張工事のためとして、日本が排他的経済水域(EEZ)の境界とする「日中中間線」周辺の海域で作業船を除く船舶の航行を禁止する通知を今年3月1日付で出していたことが15日、分かった。

 日中関係筋によると、航行禁止海域は、日中中間線をまたぎ、日本側まで広がっている。

 今回の通知には、3月上旬に行われた東シナ海の天然ガス田開発問題を巡る日中両政府の局長級協議に先立ち、日本側をけん制する狙いがあった模様だ。日本政府は、中国の真意などをただしているが、中国の対応次第では、日本側の強い反発を招く可能性がある。

 海事局のウェブサイトによると、対象は北緯27度7分、東経124度55分付近から北緯29度4分、東経124度54分付近までを結ぶ帯状の海域。工事は海底でのパイプラインやケーブル敷設などで、作業期間は3月1日から9月30日まで。

 中国側は大陸棚を境界と主張する一方、日中中間線を境界として認めず、日本が権益を主張する中間線付近のガス田開発について「係争のない水域」で行っていると主張している。


 しかし、気になるのはこのような発表をした直後に日本の世論が反応して、それに対して中国が「首相がA級戦犯の合祀された靖国神社に参拝するから日中関係は良くならない」と発言する繰り返しになっていることです。

 もっと単純化すると、

「中国による日本の世論を刺激する政策」

   ↓

「日本国内で反中国世論の盛り上がり」

   ↓

「中国政府から靖国参拝反対の声明」

   ↓
 最初に戻る

 これの繰り返しになっているということです。はっきり言えば中国は「日中関係の悪化」と「靖国神社参拝」を結びつけたいのだと思います。ここまでは皆さんご存じだと思いますが、日本国民は中国政府の対応について反感を覚えているだけなのになぜそれを繰り返すのでしょう。

 私はそこに非常に危機感を覚えています。産経新聞以外の新聞社では「靖国神社参拝に反対」を標榜していたところは昔から変わりませんが、「靖国神社参拝に特に異論を唱えない」新聞社が「靖国神社参拝を強硬に進めるだけではなく、日中関係の改善に何らかの方策を考えるべき」という姿勢に変化してきているのです。

 もちろん靖国神社参拝を否定はしていません。しかし、日中関係の悪化が靖国神社参拝にあるという中国の態度を間接的に認めているのです。このような態度は中国の一貫して靖国神社参拝を否定する姿勢に影響されたと考えることが出来ますし、親中派がメディアに与える影響がまだ強いという証拠でもあります。

 これが「首相の靖国神社参拝は控えるべき」という世論に変わる前に国民が参拝を支持していく姿勢をより明確にする必要があると思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年04月16日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。