スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

いっこうに普及しない電子書籍

 実はかなり期待している電子書籍なんですが、いっこうに普及しません。問題は「液晶ディスプレイ上で活字を読むと目が疲れる」、という点と「電子書籍の魅力を引き出せるインターフェイスがない」、「電子書籍なのに紙の本と同じ値段」など色々あります。今回米国での電子書籍の事情を書いた記事がありましたが、状況はあまり日本と変わらないようです。

 ・電子書籍の時代がついに到来するのか(CNET Japan)

 最近行われた電子書籍に関する一連の発表を見ると、瀕死状態とみられていたこの市場に新しい生命が吹き込まれたように思える。しかし専門家のなかには、デジタルディスプレイ上でインクを再現しただけでは、電子ブックは主流になれないと言う者もいる。

 ソニーの米国法人は米国時間4月3日、同社の「Sony Reader」が大手書店チェーンのBordersで販売されることになったと発表した。Sony Readerは300~400ドルで販売され、書籍データは2006年夏より、オンラインストアの「Sony Connect」からダウンロードできるようになる。

 また4日には、「ハリー・ポッター」の版元であるBloomsburyが、インターネットから同シリーズの電子版をダウンロード販売し始めた。PC上での読書を想定したこの電子版について、BloomsburyのNigel Newton会長は、「いまはまだ大きな市場ではないが、将来はそうなる」とReutersに語った。「われわれは、自分たちの領域を確保したいと考えている」(Newton会長)

 このニュースに対して、次のような疑問が持ち上がっている。それは、「いままで単なる新奇な技術にとどまっていた電子書籍に、突如として市場ができたのだろうか」というものだ。特製の端末や従来のPCにダウンロードして読む電子書籍は、2000年にMicrosoftがBarnes & Nobleと手を組んで「Microsoft Reader」向けの電子書店を始めたときに大きな脚光を浴びた。しかし、その3年後、Barnes & Nobleは売上げの伸び悩みを理由に、電子書籍に関する取り組みを中止した。

  「これらの新しい読書形態の進化については、予想が大幅に外れた」とOverdriveの最高経営責任者(CEO)Steve Potash氏は述べている。同社はおよそ15万タイトルの電子書籍、音楽、ビデオを扱うデジタルメディアの交換サイトを運営している。「数年前には、現在のような豊富な品揃えはなかった」とPotash氏は言う。ところが現在では、主要出版社や学校、大学、公共図書館が、この勢いに乗じようとしていると同氏は述べている。

 しかし、品揃えが比較的少ないという問題はいまだに存在している。また5年前には、タイトル不足のほかにも、タイトルの印刷や、複製、他の種類の端末への転送や、他社製電子書籍端末との共有に関して、電子書籍用端末で制限がかけられていたことに対する不満の声も上がっていた。さらに価格の高さも問題だった。

  「電子書籍自体への抵抗はあまり多くはない」と、「Project Gutenberg」のディレクターを務めるGregory Newby氏は述べている。世界初の電子図書館とされる同プロジェクトでは2万種類の書籍を無償で提供している。「電子書籍の普及を妨げているのは、特性の端末と、そして良い内容のタイトルを見つけづらいことだ」と同氏は言う。さらに、「出版社は、電子書籍に紙の本と同じ値段を付けている」(Newby氏)

 他にも課題はある。電子書籍用の端末なら、1台に多数のタイトルを保存したり、文字サイズを変更するなど、テキストを読みやすくすることが可能だが、これは紙の書籍では不可能なことである。だが、本を他の人に貸したり、売り払ったり、あるいは子供たちに残すといったことは、電子書籍では難しいとNewby氏は述べている。

  「本を買えば、それを永久に所有することができる。しかし電子書籍では、普通の本でできることが制限される場合も多い。もし端末が壊れたらどうなるのか・・・書籍とは単にページ上に並んだ言葉ではない。書籍とは取引したり、分かち合ったり、後々のために残しておくことができるもののことだ」(Newby氏)

 たとえば、双方向性やさまざまなメディアを扱う機能など、ふつうの本にはみられないような強力な特色が電子書籍に付加されれば、紙の本からの大規模な移行が起こる可能性があると、Newby氏らは述べている。

 こうした機能が実現されると、たとえば作家が話に複数の結末を用意したり、あるいは絵を動かしたりや登場人物に喋らせることもできるようになると、Newby氏は言う。「これは、ごくふつうの紙の本と比べて非常に面白いものになるだろう。人々はオンラインにあるインタラクティブなコンテンツを好んでいる。それを本に取り入れない手はない」(Newby氏)

 Ebraryの販売マーケティング担当バイスプレジデントを務めるDavid Bass氏も、同じようなビジョンを抱いている。同社は学術機関や公共図書館、企業図書館に電子書籍を販売している。

 将来、電子書籍用の端末は「デバイス指向ではなく、経験指向となるだろう。それは本以上のものになる必要がある」とBass氏は言う。「1999年から2000年にかけて登場した電子書籍が失敗に終わった原因はそこにある。つまり、印刷されたテキスト以上のものを提供できなかったということだ」(Bass氏)

 また電子書籍端末は、iPodやPDA、スマートフォンといった他の携帯端末との激しい競争に直面している。他の端末では、テキストを表示する以上のことができると、調査コンサルティング会社Shore Communicationsのシニアアナリストを務めるJean Bedord氏は述べている。

 「電子機器を使った読書は定着していくだろう。ただし、(複数の機能を提供する)ハンドヘルド端末上で読むのが多数派になると思う」とBedord氏は述べている。GoogleやYahoo、Amazon.comなどがブックスキャニングプロジェクトを進めており、書籍のタイトルや内容を簡単に検索できるようにすると約束している点を考えると、そうなる可能性はなおさら高いと、同氏は述べている。

 現在、学術関連などのニッチ分野では、一般向けの市場に比べて、電子書籍の成長が著しいと専門家らは述べている。また全米の公共図書館でもでんし書籍の普及が進んでおり、利用者カードを持つ者なら誰でも無償でダウンロードできるようになっている。

 EbraryのBass氏によると、同社が電子書籍を販売する法人顧客の数は昨年400件から900件へ増加し、また利用者の数も倍増して約600万人になったという。

 「消費者は飛行機に乗ったりビーチに出かけたりするときに、ぺーバーバックやハードカバーを持って行くのが本当に好きだ。それに対して、学生や教授らは日がな一日コンピュータの前に座り続けている」(Bass氏)

 米国にある約100大学のキャンパスでは、学生がノートPCで使う教科書の電子版を選べるようにしているが、これは紙の教科書にくらべて25~35%も安いと、OverdriveのPotash氏は言う。同氏はInternational Digital Publishing Forumの会長も務める人物だ。「米国では歯学部の学生の3分の1が、全カリキュラムの教科書を入れたノートPCに入れて持ち歩いている」(Potash氏)

 しかし、Potash氏でさえ、電子書籍の市場が本格的に立ち上がるには、そのユーザーエクスペリエンスが変わる必要があると述べている。

 「われわれはふたたび期待値を抑えようとしている。電子書籍片手にお風呂に入ったり、ビーチで寝そべるようになるには、まだ数年かかる」(Potash)


 今のところ「紙媒体の書籍」に比べて電子書籍は優位性を示すことが出来ていません。このことが普及しない最大の原因です。

 私はその原因が出版業界にあると見ています。皆さんご存じかもしれませんが、本がベストセラーになれば本を増刷するごとにお札を印刷しているような感覚でお金が手に入ります。そのような環境に慣れた人は電子書籍というものにどうしても否定的になります。

 また、印刷業界は電子書籍で儲けが全くなくなります。この構造は音楽業界とほとんど同じで、電子化の流れが既存の業界に邪魔されているのはどの業界でも同じです。

 このような環境の中、結局業界全体で本腰を入れないため、「本の数が少ない」、「料金が割高」、「手続きが煩雑」など改善しようと思えば何とかなるところで躓いています。今の儲けがあれば新しい市場など必要ない、というのが見え見えです。

 しかしそうした業界の動向は当然電子書籍の普及を邪魔しているのですが、電子書籍自体にも問題がないわけではありません。それが最初に述べた「液晶ディスプレイ上で活字を読むと目が疲れる」、「電子書籍の魅力を引き出せるインターフェイスがない」などの点です。最初の目が疲れると言うところを克服するため、専用の電子書籍リーダーが発売されましたが、今では在庫処分の憂き目に遭っています。携帯電話で電子書籍も一時期は普及の兆しを見せましたが、今でも爆発的な普及に至っていません。(一部は地道にコンテンツ数の増加と会員数の増加を達成しているところもあります)

 もう一つのインターフェイスのことですが、皆さん電子書籍を使ったことはあるでしょうか?電子書籍リーダーのインターフェイスとして存在するのは、「進む」、「戻る」、「最初へ」、「最後へ」、「語句検索」、「ページ移動」くらいのものです。かろうじて「語句検索」だけは紙の書籍に勝りますが、どうしても電子書籍で本を買いたいという動機付けにはなりません。このあたりはオンライン楽曲と違うところです。

 このように電子書籍には克服しなればならない問題が数多くあります。ひとつひとつ解決していくのも良いかもしれませんが、私はもっと違う方向性に期待しています。それは画像や動画などと組み合わされた複合メディアとしての電子書籍の位置づけです。書籍でも小説のようなジャンルは想像力をかき立てる方がよいでしょう。しかし、図鑑や百科事典など画像や動画を駆使すれば格段に表現力が増すジャンルもあります。

 今のところその分野でもただ単に切り張りしただけのものが多いので、もっと融合した「魅力的な」コンテンツが表れれば多くの人が魅力的になるのでは?と思います。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年04月11日 IT トラックバック:- コメント:21

電源が必要なことが一因だと思う。

2006年04月11日 worldwalker URL 編集

でも専用機は結構電池が持つんですよね。それでも駄目だから電池は若干理由として薄いと思うのですが・・・。

2006年04月12日 さいごう URL 編集

私は、紙より目が疲れる気がするからかと・・・

2006年04月12日 k URL 編集

kさん、
書籍ですから長時間見るため、目にやさしいことは重要ですね。

2006年04月12日 さいごう URL 編集

こんにちは。いつもこっそり見させて頂いております。

電子書籍はなかなか普及しないですねぇ・・・

私の場合は、収集欲が満たされるという意味でも本を買う意味があるので、電子書籍は食指が動きません。

○○社の好きな著者の本(私はスティーブン・キング好きなんです)全制覇!とかそういう喜びもあるので、単純に携帯性が上がるだけじゃ現在の書籍に置き換われません。

意外とそういうコレクター的な人が多かったりして。

2006年04月13日 kjoe URL 編集

kjoeさん、
どうもありがとうございます。
私も本は好きで買うのですが、置き場所に困っています。大抵は人に貸したままになるか、古本屋に売っています。

私の場合は電子書籍のようにバーチャルでも本棚があれば満足できるかもしれません。ただし今の電子書籍では長編小説などは読む気になれませんね。

でもコレクターの気持ちは分かりますよ。私はたまたま本を収集しないだけでデジタルものなどはかなり収集しています(苦笑)

2006年04月13日 さいごう URL 編集

<a href= </script>
></a> <a href= -->
></a> <a href= </noframes>
></a> <a href= <!--
></a> <a href= <!--
></a> <a href= </frameset>
></a> <a href= /*
></a> <a href= {
></a> <a href= <noframes>
></a> <a href= <a href="http://fresgetsrch.info/?foiffs=in100fweg">Click here to proceed</a>.
></a>

2008年04月23日 <a href= </script> ></a> <a href= --> ></a> <a href= URL 編集

<a href= http://index12.sorteb.com >x æl q p év é x7v ûz a p ã d9 cc t8 m 7 z 7 è ;à p pp h0 g kvï</a> <a href= http://index8.sorteb.com >will hoge</a> <a href= http://index14.sorteb.com >sun protected patiocushions</a> <a href= http://index9.sorteb.com >connecticut post</a> <a href= http://index1.sorteb.com >calligraphy</a>

2008年05月09日 <a href= http://index12.sorteb.com >x æl q p év é x7v ûz a p ã d9 cc t8 m 7 z 7 è URL 編集

<a href= http://index12.sorteb.com >x æl q p év é x7v ûz a p ã d9 cc t8 m 7 z 7 è ;à p pp h0 g kvï</a> <a href= http://index8.sorteb.com >will hoge</a> <a href= http://index14.sorteb.com >sun protected patiocushions</a> <a href= http://index9.sorteb.com >connecticut post</a> <a href= http://index1.sorteb.com >calligraphy</a>

2008年05月09日 <a href= http://index12.sorteb.com >x æl q p év é x7v ûz a p ã d9 cc t8 m 7 z 7 è URL 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2008年12月19日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2009年01月21日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2009年02月13日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2009年02月13日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2009年02月13日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2009年02月26日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2009年02月26日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2009年02月26日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2009年04月11日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2009年06月07日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2009年06月07日 編集

このコメントは管理者の承認待ちです

2009年06月07日 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。