スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国のインターネット、政府規制と自主規制の同時進行

 中国のインターネット規制は書いても書ききれないほど事例が多く出ています。今日の記事もその一例なのですが、同時期に政府による規制強化と自主規制の強化という記事が出ていたので紹介します。

 ・中国大手サイト、自主規制のきざし?(産経新聞)

≪「ネットの環境浄化」呼びかけ≫


 【北京=野口東秀】中国の大手ニュースサイトとして知られる新浪網、千竜網など14のインターネットサイトは9日、全国のインターネット業界に対し、ポルノや違法な言論追放による「ネットの環境浄化」を呼びかける声明を発表した。

 中国当局は、特定の言葉を対象としたネット検閲を強めているが、大手サイトが共同で「健全化」の声明を公表するのは異例で、業界による自主規制も強まりそうだ。

 中国のインターネット監視機関にはこれまで約26万件の「不良情報」が通報され、その66%をポルノ関係が占める一方、「党・政府への攻撃」が5.3%、「邪教の宣伝」が3.3%に達しているという。


 ・政府:インターネット、重視と同時に規制強化か(中国情報局)

  新華社は10日付で、同社サイト「新華網」に「中央政府指導者はインターネットの世論を高度に重視、民意は中南海へ」と題した記事を掲載した。記事は、インターネットによるニュース配信機能を大きく評価し、中央政府も民意の吸い上げに活用してきた経緯を紹介。さらに、世論形成に役立った実例を挙げると同時に、一部の扇動的な報道を批判している。

  記事は、胡錦涛・国家主席や温家宝・総理がインターネットを自ら利用して庶民の意見を閲覧しているとした上で、「それ以外にも政府関連部門のスタッフは、毎日の様にインターネット上のさまざまな意見を収集して、政府指導部門の参考のために提供している」と説明した。

  また、政府はインターネットを政策を民衆に理解してもらうための手段としても重視し、2006年1月1日には政府公式サイト「中央人民政府門戸網站(中央人民政府ポータルネットサイト)」をオープンしたことを紹介。政府がこのサイトを、民衆の対話のための新しいプラットフォームと認識していると論じた。

  インターネットにおける世論が政策に反映した実例としては、湖北省で発生した冤罪事件に対する批判をきっかけに、死刑判決に関して中央人民法院(最高裁)の認可を必要とするように、ルールが改正されたことを紹介した。

  新華網に掲載された記事はその一方で、温家宝・首相が「インターネットは正確な情報を配信せねばならず、大衆をミスリードしてはならない。社会の秩序に悪影響を与えてはならない」と強調したことを例にして、インターネットに掲載される記事に誤報や虚報があることを政府が問題視していることを伝えた。

  記事に紹介されている胡錦涛・主席や温家宝・総理の発言は、おおむね3月の両会(人民代表大会と政治協商会議)の時期までのもの。記事が4月中旬になって発表されたことで、政府が「ミスリード」と判断する記事に対して、取り締まりに本腰を入れる可能性が出てきたと判断してよい。

  なお、この記事は10日付で、政府公式サイト「中央人民政府門戸網站」にも掲載された。(編集担当:如月隼人)


 最初の方は政府による規制の話です。ポルノが多いのは日本も同じだし、ポルノの規制はある程度政府主導でやっていかないとなくならないので別に批判しているわけではありません。しかし、「党・政府への攻撃」、「邪教の宣伝」といったことを規制の理由にするのは民主主義に反します。これらは「言論の自由」や「信教の自由」として基本的人権にも認められているし、世界の民主主義国で否定する国はありません。

 これは割合が多いとか少ないという問題ではなく、こんなことを理由にインターネットを規制する社会に民主主義が定着していないのか、政府が強引に「自主規制」させているのかどちらかでしょう。

 次に下の記事ですが、これは完全に政府主導のインターネット規制を行うとの意思表示です。中国政府の高官はインターネットをどう捉えているのか分かりませんが、インターネットは玉石混交なのが当たり前でしょう。その中から自分に必要な情報を取捨選択できるかどうかが今後必要とされる技術であって、正しい情報しか配信させない、という流れになれば当然インターネットの利点は消えます。せいぜい政府提供のメールマガジンでも見ている程度のものでしょう。

 まあ、単純に考えて中国政府はそこまで頭が悪いわけではないでしょうからインターネットの利点が分からないわけではなく、政府による言論統制の理由付けでしかないのでしょう。

 以上二つの記事から考えて今後中国のインターネットはかなり不自由なことになるのではないでしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年04月10日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:4

歌詞を検閲されたそうですね。

2006年04月11日 おいどん URL 編集

検閲されてでもコンサートしたい彼らも彼らですけど(苦笑)

2006年04月12日 さいごう URL 編集

ミックジャガーって俺らの親世代なんだなあ。

2006年04月12日 worldwalker URL 編集

確かにそうですよね。
妙にしみじみしてしまいました(笑)

2006年04月12日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。