スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

相変わらず脅迫だけは得意な王毅大使

 日本の抗議に対しては無視するくせに、「靖国神社参拝を中止すれば首脳会談に応じる」と国家主席が発言すれば、得意げにその批判を繰り返しています。

 ・駐日中国大使、改めて小泉首相の靖国参拝中止を要請(産経新聞)

 中国の王毅駐日大使は6日午後、都内で開かれたパーティーで、日本の指導者が靖国神社を参拝しなければ日中首脳会談に応じるとした胡錦濤・中国国家主席の発言について「日中関係改善の方向性を示し、問題を解決しようという誠意を表している」と強調した。

 王大使は「中国の対日重視の政策に変わりはない」と指摘。その上で「戦争被害国の国民感情を傷付けることがないように期待している」と述べ、小泉純一郎首相の靖国参拝中止を求めた。

 同パーティーは、新旧の駐中国日本大使の歓送迎会で、宮本雄二・新大使は「日中は安定した良好な関係を持つ以外に選択肢はない」と、関係改善の重要性を指摘した。


 大使という職は国家元首の代理である以上、その発言を代弁する必要はもちろんあります。しかし、その国の政府から言われたことは謹んで受け、本国に伝えて検討させるという措置が必要です。そう言った意味では彼は失格です。日本政府の意思を伝えることが出来ない以上、彼を本国に強制送還し、新しい大使を送ってもらう必要があるでしょう。

 ところで最後の在中国日本大使(宮本雄二氏)の発言も気になります。良好な関係を持つことは良いことだとは思いますし、そのように調整することは悪いことではありません。しかし、それだけが選択肢でしょうか?首相が靖国参拝を「心の問題」と言っている以上、それに応じた行動を取らなければ大使失格です。この発言以上のことは分かりませんが、そのあたりが非常に不安な新大使です。前の大使も相当な親中派(参考)だっただけに少しはましになると思っていましたが、そうでもなさそうです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年04月06日 靖国神社 トラックバック:- コメント:4

 お前達、中共と話し合う必要はない。
 黙れ! 馬鹿たれ!
 今の中国とはこれが正常な関係なのだ。

それより問題なのは民主で小沢が勝つ事。
 折角、もう一押しというトコで要らんヤツが出てくる。

2006年04月07日 どらっへ URL 編集

王毅のいいところ、日本語がまあまあ上手い。

だが、それだけの男だ。

2006年04月07日 worldwalker URL 編集

国対国の付き合いの中で、100%の友好というものは有りえない。どこかで問題が生じて折衝中もしくは決裂持ち越し案件があるものでしょう。それが日米関係の中にもあるし…正しい一つの形と言えるのでは。
日中関係の上でも、靖国問題があれば尖閣もあり、ガス田問題もある…しかし、友好関係の上にそれらがある。彼らは外交的に未成熟なので、そういった関係がわからないのでしょうね。ひとつ々解決していくために折衝するのであって、「こちらの意向に従わないのはケシカラン」では話にならない。
国際法、マナーである外交慣例にそって話をしましょうよ。といっても国内問題やエネルギー問題、近々来ると思う(私が勝手に)バブル崩壊が心配で余裕がないのか…浮き足立ってるのが分かる今日この頃。

2006年04月07日 あきら URL 編集

あきらさんの仰るとおりのなですが、日本としてはここで中国に理解を示したとしてもあとでなんの見返りもないのは歴史が示しているとおりですよね。日本政府は中国に対して「友好国」という認識で接するべきではないと思います。
ただ、まだまだ日本の企業が中国に多く進出しているため、即断交というわけには行かないでしょうが。

2006年04月07日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。