スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

教科書書き換え問題は朝日新聞らの誤報にこそ問題の本質がある

 相変わらず朝日新聞は自分のミスを棚に置き、安倍官房長官が当時の官房長官(宮沢喜一氏)の軽はずみな謝罪を批判したという行為を、「アジア諸国との歴史的な関係に配慮」を否定する行為だというすり替えを行っています。

 ・官房長官、当時の政府対応を批判 昭和57年の教科書書き換え問題(産経新聞)

 安倍晋三官房長官は5日の記者会見で、昭和57年の教科書書き換え問題に端を発した宮沢喜一官房長官(当時)の謝罪談話について「これまでの政府の立場と変わりない」としながらも、「誤報に端を発した問題なのに(中国などの抗議に)『間違いだった』としっかり反論しなかったのは明らかに間違いだった」と述べ、当時の政府の対応を批判した。

 その上で、「結果としてその後、日本は同様の問題が起きても反論しないということになってしまった」と述べ、歴代政権の対応にも疑問を呈した。また、宮沢談話に基づく近隣諸国条項についても「近隣諸国の意見などに配慮しながら、日本が主体的に判断するということだ」と述べた。

 安倍氏は2日、民放テレビ番組で、教科書問題について「中韓両国の抗議を受け、当時官房長官談話を出したが、書き換えの事実はなく、結果として大きな過ちを犯した」と発言した。これに対し、朝日新聞は4日付の社説で「歴史への反省を踏まえた当時の官房長官談話を否定するかのような現在の官房長官の発言は、政府の姿勢に疑念を抱かせかねない」と批判していた。

 安倍氏はこの社説についても「朝日新聞は社説で教科書報道について『ずさんな取材だった』と書いている。それならば誤報と同じスペースでしっかり報道すべきではないか。報道機関として素直に反省していただきたい。問題をすり替えて批判するのは間違っている」と強く批判した。


 そして問題の朝日新聞の社説はこちらです。
 

 ・侵略と進出 事実を踏まえ論じよう(4月4日朝日新聞社説)
 
 中国との外交などをテーマにした日曜日のテレビ番組で、安倍官房長官が82年の「教科書書き換え問題」について発言した。次のような趣旨である。

 教科書検定によって「侵略」を「進出」に改めたと報じられ、中国や韓国から抗議された。日本は官房長官談話で事実上それを認め、謝罪した。しかし、「進出」と書き換えられた事実はなかった。ちゃんと調べて説明すればよかった。結果として大変な誤りを犯してしまった――。

 政府のスポークスマンの発言である。検定で「侵略」という言葉を書き換えさせたことはまったくなかったと受けとめた人が多いのではないか。

 また当時の政府は事実を調べもしないまま、官房長官談話を出して中国などに謝った。そう思った人もいるだろう。

 しかし、いずれも事実とは異なる。

 (中略)
 
  「華北に進出」と書き換えられた事実はなかったが、ほかの例や過去の検定を見れば、同じような問題がある。そう判断したからこそ、政府は官房長官談話を出したのだろう。

 これを受けて、検定基準に「近隣諸国条項」が加えられた。アジア諸国との歴史的な関係に配慮するというものだ。

 歴史への反省を踏まえた当時の官房長官談話を否定するかのような、現在の官房長官の発言は、政府の姿勢に疑念を抱かせかねない。テレビでの発言が意を尽くしていないのならば、改めて言葉を補った方がよくはないか。


 つまり書き換えられた事実はなく、朝日新聞らマスコミによってねつ造された書き換えなのです。事の本質はそこにあるにもかかわらず自分たちの責任についてほとんど文章を割かないまま安倍官房長官の「歴史への反省のなさ」を非難するという趣旨にすり替えています。
 
 元々日本の教科書を近隣諸国に配慮するという悪弊をつくった当時の官房長官(再度言いますが宮沢氏)には教科書に自虐史観を無理矢理押し付けたという大罪があります。「侵略」と「進出」という問題は表面的なもので、自虐史観が教科書に大手を振って掲載されるようになったことこそ日本の政治家として反省するべきでしょう。
 
 その点から見て安倍官房長官の発言は何ら問題ないし、むしろ評価すべきものです。朝日新聞の社説こそ自分たちの罪を棚に上げた無責任な発言ではないでしょうか。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年04月05日 歴史 トラックバック:- コメント:2

朝日不買運動継続中。

2006年04月05日 worldwalker URL 編集

私も不買(もちろんこんな新聞買いません)ですが、それを人に勧めるかどうかはやはりもう一度考えなければいけないですね。

2006年04月06日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。