スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

KDDIと東京電力、光ファイバー事業統合へ

 昨年末にパワードコムを吸収合併したばかりのKDDIですが、今度は光ファイバー部門も東京電力から買収し、NTTの追撃態勢を整えます。

 ・KDDI、東電の光ファイバー買収へ(CNET Japan)

 KDDIは3日、通信事業で包括提携している東京電力の光ファイバー部門を、来春をめどに統合する方針を固めた。東電の光ファイバー網を買い取るほか、現在両社が手がけている光サービスを統合、新たなブランドを立ち上げる。KDDIは東電の保有する巨大な光ファイバー網を手に入れることで、光サービスで圧倒的なシェアを持つNTTグループを追撃する体制を整える。

 KDDIは今後、東電の光ファイバー部門の資産査定に着手するが、買収額は数百億円規模になるとみられる。また光サービスについては、早ければ6月にも統合。現在の「光プラス」(KDDI)、「TEPCO光」(東電)のブランドを一新し、料金、サービス内容も統一させる。

 ただ、東電も電力事業で光回線を利用するため、光ファイバーをすべて買い取るかどうかについては「協議次第」(KDDI関係者)という。

 光ファイバーを使ったブロードバンド(高速大容量)通信は、高速固定通信の「本命」。携帯電話とのサービス連携も視野にNTTも敷設に力を入れており、KDDIは自前の光ファイバー保有が急務だった。



 ・「光」事業を統合、KDDIと東電…週内に正式発表へ(読売新聞)

 ・KDDI、東電の光ファイバー買収へ(産経新聞)

 ・KDDIと東電、光通信事業を統合(日経IT Plus

 ちなみにシェアは東京電力(5位)とKDDI(6位)で統合によって4位に浮上するそうです。ただ1位のNTT東日本の契約数156万件と2位のNTT西日本126万件に比べて統合後の契約数は39万件とまだまだ小規模であることには変わりません。これで追撃態勢が整ったと判断するのは早計でしょう。

 ところで私は光ファイバーについて不思議に思うのですが、ADSLのように技術によってこれ以上高速化できる見込みは薄く、もし高速化するとすれば回線を束ねるしかありません。そんな技術を各家庭までインフラとして整える必要があるのでしょうか。昔はADSLが今ほどの高速化を果たせるとは思われていなかったし、ISDN全盛期の頃でしたから疑問もなかったでしょう。それに今でもADSLは基地局からの距離によって速度が急激に落ちるという欠点もあります。

 しかし、それだけのデメリットがあったとしてもADSLから光ファイバーにしなければならなかったという必然性がないような気がします。未だに大容量でなければならないコンテンツはほとんどありませんし、高速回線のほとんどがP2Pネットワークに使われているのではないでしょうか。

 ただ、これだけインフラを整備して世界有数(世界一?)の光ファイバー大国になったわけですから、それに伴うコンテンツやサービスなども整えて欲しいものです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年04月03日 IT トラックバック:- コメント:4

TBありがとうございます。

僕もダイヤルアップ時代からネット使ってたので、
未だADSL使ってますが、特に不便は感じてないですね。

初めてADSLが家に来た!
時の驚きと感動は一生忘れません(笑

2006年04月03日 takeshi URL 編集

光も波長の変更などで高速化できますよ。
光の最大の利点は「銅線に比べて回線(ケーブル)自体の容量が大きい」と言う点です。
うまく使えば、現在の電話回線と切り替えてしまうことも可能ですし、可能性はいくらでもあると思いますよ。

2006年04月04日 you URL 編集

うちは今、光で毎月2400円です。安いでしょ。マンションは光、安いんですよ

2006年04月05日 worldwalker URL 編集

takeshi さん、
コメントありがとうございます。
やっぱりADSLになったときが一番劇的ですよね。

youさん、
失礼しました。あとで文章を訂正しておきます。日本の光ファイバーはそれぞれの家まで来た時点での最大スループットが100Mbpsと思っていたので、それが現時点での限界と言うことが頭から抜けていました。

worldwalker さん、
2400円でプロバイダ料込みですか?それは安いですよね。

2006年04月05日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。