スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

中国よ、日中友好なら謝罪すべきところだろう

 上海総領事館の館員自殺に関する遺書の全容が判明しました。例によって中国は否定していますが、日中友好の必要性を感じているならもう少し誠意のある反応をすべきでしょう。

 ・遺書判明、閣僚から中国批判相次ぐ…上海総領事館事件(読売新聞)

 2004年5月に自殺した上海総領事館員(当時46歳)の遺書の全容が判明したことについて、31日、政府・与党から、機密情報を執ように要求した中国に対する批判や、再発防止に向けた取り組み強化を求める意見が相次いだ。

 安倍官房長官は31日午前の記者会見で「我が方の調査の結果、自殺の直接の原因は、現地の中国側公安当局関係者による、非情な脅迫、恫喝(どうかつ)、それに類する行為があった」と指摘した上で、中国側に対し、「厳重な抗議をし、事実関係の究明を求めてきている」と述べた。

 また、「(自殺した)館員は脅迫に屈するべきではないと判断し、国のために命をかけたと思う」と述べ、中国側が自殺への関与を否定していることについては、「遺憾だ」と語った。

 麻生外相は記者団に、「いわゆる公安当局による恫喝みたいな話が行われていた。その一端が出てきたということだと思う」とし、「(中国に)厳重に抗議する」と強調。また、「誘いは常について回るもので、中国に限った話ではないかもしれない。そういうことがあった時は、上司に報告した方がいい。後々問題を拡大させたり、深みにはまったりさせないのが、大事なことだ」と述べた。


 これに対する中国側の反応を報じた記事が以下の通りです。

 ・上海総領事館事件、中国が改めて関与否定(読売新聞)

 【北京=吉田健一】中国外務省の秦剛・副報道局長は31日、2004年5月に自殺した在上海日本総領事館員の遺書の全容が判明し、日本政府から、機密情報提供を強要した中国への批判が出ていることについて、「我々の調査では、中国政府当局者による自殺者(館員)に対する、いわゆる脅迫は存在しない。中国は自殺者が生前どのような人物と接触したかは掌握していない」と述べ、中国側の関与を改めて否定した。

 秦副局長は「中国側が『領事関係に関するウィーン条約』に違反したとする主張には全く根拠がない。日本政府高官のいわれない非難に憤慨している」と批判した。


 別に否定するのはかまわないですが、即座に否定できるほど中国政府首脳部は末端まで把握しているというのでしょうか。逆に首脳部の指示で情報収集活動を行っていたのなら即座に否定するのはよく理解できます。

 中国は最近日本との関係悪化を懸念する素振りを見せており、橋本元首相やその他の親中派を動員して積極的な日中友好活動を展開させています。もちろん中国は面子を維持しつつ日本側が妥協するという構図を描いているのでしょうが、それでは日本が納得できるはずがありません。

 しかし、この問題を追求しても相手の答えは変わらないでしょうし、日本としても得るものはないでしょう。ここは自殺した館員の敵を討ちたいのなら日本の国益に合致する行動を外務省が積極的に行うべきでしょう。外務省はいい加減に日本の国益を考える政策を行ってもらいたいものです。出ないとこの館員が浮かばれません。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年03月31日 中国・韓国・北朝鮮 トラックバック:- コメント:5

 和解する気あるんでしょうか?
舐めてるとしか言いようの無い返答です。
 それにも頭来るのですが誰ですか? 橋龍のバカに旅費を出した奴は!
 1億の件で空港で即逮捕ですよ。
 ふざけんな!

2006年03月31日 どらっへ URL 編集

http://ameblo.jp/worldwalker2/entry-10010050944.html
そのポマード1億円男の写真ここにあるんですよ (笑)

2006年04月01日 陽光燦爛的日子 a diary of worl URL 編集

どらっへさん、
中国に跪いて政権につかせてもらったような人間がもう政治に口出しする資格はないですよね。

worldwalkerさん、
彼は中国から見ればただの操り人形か奴隷でしょうね(笑)

2006年04月01日 さいごう URL 編集

日本は中国を豊かにしてやっている。チャリンコでの移動手段しか持ち合せていない国に自動車を教えてやった。家電も携帯も、香港も含め中国経済が潤っているのも日本のお陰。それなのに靖国問題など過去の重箱の隅を突いて、交渉のカードにする。北朝鮮と同類項。中国にクライシスが起きたとき、日本は助けてやらないよと一言言えばいい。

2006年04月02日 不動産と景気・経済 URL 編集

中国は自分の市場が価値あるモノだと思いこんでいますね。確かにかつては低い人件費が大きなメリットでしたが、今では人件費目当てならもっと良いところがたくさんあります。
あまり中国に思い入れを深くしない方がいいですよね。

2006年04月02日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。