スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

パソコン通信よ、さようなら

 私の個人的な話になるのですが、通信と言えばインターネットよりもパソコン通信でした。商用のパソコン通信は3月31日にニフティのサービス終了に伴いなくなりますが、草の根BBSを経営していた人たちは今頃どうなったのでしょう。  ・さよなら「パソコン通信」、最後のサービスが19年の歴史に幕(CNET Japan)

 ・ニフティ、19年間のパソコン通信サービスに幕(IT Media)

 ISPのニフティは、3月31日をもって「ワープロ・パソコン通信サービス」を終了することを明らかにした。同サービスは「NIFTY-Serve」として1987年4月に開始、以降19年にわたる運営に幕を閉じることになる。

 テキスト情報やコマンドベースのパソコン通信サービスとして始まり、1990年代のパソコン/ワープロユーザーのコミュニティー、情報網として機能したが、インターネットの普及とともに次第にユーザー数が減少した。1999年のインターネット版サービス「@nifty」開始後もインターネット接続環境のないユーザー向けに通信サービス継続したが、現在の利用者数は約2万人となっている。

 現時点で、ワープロ・パソコン通信のメール、フォーラム、掲示板といったサービスはほとんどがWebに移行しており、ニフティではWebサービスへの切り替えをユーザーに勧めている。

 なお、ユーザーIDとメールアドレスはインターネット上でもそのまま利用できるが、メールサービス用に継続利用されていた「niftyserve.or.jp」ドメインについては、2006年5月31日をもって終了する。


 昔は2400bpsから14400bpsなどのモデムを使ってパソコン通信をよくやったものでした。電話料金もパソコン通信も定額でないため、あまり使いすぎると料金の請求がひどいことになっていました。

 今は本当によい世の中になったものです。インターネットに繋がりさえすれば良質な情報が豊富にあり(もちろん探す努力は必要ですが)、しかも昔に比べて明らかに低いコストで使うことが出来ます。

 でも昔は繋ぐだけで喜びを感じ、たった一つのメッセージがあっただけで興奮していたのに今ではそれを普通に使っているのが何となく寂しい気がします。

 これから技術はどのように発展していくのかは完全に予想することは出来ませんが、その技術は人々を興奮させてくれるものであって欲しいものです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年03月31日 IT トラックバック:- コメント:5

それまでは3000円くらいだった電話料金が2万5千円になったことがありました (´・ω・`)

2006年03月31日 worldwalker URL 編集

そのくらいまで行ったことがあります。ダイアルQ2並ですよね(笑)

2006年03月31日 さいごう URL 編集

自分がインターネットを始めた頃(小学生でしたが)は、すでにISDNでした。
なんとなくしか、パソコン通信はわからないんですが、そのころにやってみたかったなぁ、と思ったりするものです。

2006年03月31日 はにゎ URL 編集

っていう音で接続してましたねえ。ログインしたあとの、なんとも不思議な雰囲気が好きでした。

2006年04月01日 おいどん URL 編集

はにゎさん、
なんというかディープな世界ですよ(笑)

おいどん さん、
あの音を聞いて接続されるまでの間がドキドキするんですよね(笑)

2006年04月01日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。