スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

高校教科書の検定結果公表で「正しい」歴史を教える方向に向かう

 まだまだ必ずしもこれで十分とは言えない結果ですが、方向としては正しい方向へ向かっているようです。

 ・「領土」「拉致」など修正 文科省、検定結果発表(産経新聞)

 文部科学省は29日、来春から使用される高校教科書の検定結果を発表した。領土問題や北朝鮮による拉致事件、「ジェンダー」用語などでより正確な記述を求める検定意見が付けられ、出版社側が修正した。一方で、南京事件の犠牲者数について20万人以上説が最有力とするなど近現代史を中心に不適切な記述が数多く残った。

 竹島(島根県隠岐の島町)の記述は前回検定(平成13年度)より増え、政治経済で全6種類、現代社会で12種類中8種類で取り上げるなど30種類が記述。日本固有の領土であることを明確に記述するよう求める検定意見が相次いだ。

 尖閣諸島(沖縄県石垣市)については「北方領土、竹島と違い日本が実効支配しており『領土問題』ではない」との立場から意見を付け、「日本の領土である北方領土と竹島は、それぞれロシアと韓国に占拠され、領土問題となっている。尖閣諸島も日本の領土だが中国などが領有を主張している」などと、北方領土、竹島と尖閣諸島を区別する記述に改められた。

 北朝鮮による拉致事件では、解決していないことを強調するよう求める検定意見が目立った。「北朝鮮から帰国した拉致被害者たち」との写真説明に「解決済みであるかのように誤解する恐れのある表現だ」との意見が付き、「しかし、まだ拉致被害者全員の帰国は実現していません」と追加された。

 「ジェンダー」(社会的・文化的な性差)については現代社会や家庭科など38種類が記述。「男らしさ・女らしさ」の否定ととられる記述などに検定意見が付いた。「ジェンダーフリー」(性差否定)は、現代社会の2種類にあったが、検定によって消えた。

 検定をパスした不適切記述も相次いだ。南京事件の犠牲者は20万人以上説が最有力とする記述が登場するなど誇大な数字が記述されている。

 慰安婦については「日本軍により慰安婦にされた女性」が「日本軍の慰安婦にされた女性」に修正されるなど、軍による強制連行に検定意見が付いたが、主語のない強制連行記述はフリーパスとなっている。


 記事の後半部分を見ても分かるようにまだ周辺国から押しつけられた「誤った」歴史を放置している部分が多いですが、正しい方向に修正しようという流れが見えるのでそれだけでも評価すべきでしょう。

 それにしてもこのような記事を書いているのは産経新聞だけで、朝日新聞に至っては今回の事実を隠蔽するかのような記事になっています。とりあえず一部引用しますのでご覧下さい。

 ・高1用に「発展的な学習の内容」初登場 教科書検定(朝日新聞)

 文部科学省は29日、05年度の教科書検定の結果を発表した。対象は主に高校1年生が来年4月から使う教科書で、普通教科10教科で申請された288点と、農業など専門教科の18点すべてが合格した。高校低学年用としては、初めて学習指導要領の範囲を超える「発展的な学習の内容」が盛り込まれた。社会科では、イラクへの自衛隊派遣や小泉首相の靖国神社参拝をめぐる判決などに、政府見解に沿う記述を求める意見が目立った。新しい試みとして、ノートを取らない生徒向けに「書き込み式」の教科書が登場した。

 (中略)

 地理・歴史と公民の社会科では、4年前の検定以降にあった社会問題として、イラク戦争や自衛隊派遣、小泉首相の靖国神社参拝をめぐる判決などが新たに盛り込まれた。だが、大半に検定意見がついて申請通りの記述が認められなかった。

 自衛隊派遣については、「人道復興支援活動のため」という政府の立場に沿った記述以外は認められなかった。また、「小泉首相の靖国神社参拝に福岡地裁が違憲判断」と記述した教科書には、この記述だと「国が勝訴した判決だったことが理解できない」との理由で検定意見がついた。

 一方、領土をめぐる問題が中国・韓国との間で外交上の焦点となっている情勢を受け、尖閣諸島や竹島の問題を記述する教科書が前回よりも増えた。

 (以下略)


 これを書いた記者が不満があるのは良いのですが、これだけ読んでいると、いかにも政府が自分たちの都合の良いように押しつけたと誤解されるような内容です。まだまだこのような勢力がいる限りは日本国内の児童・生徒に「正しい」歴史を教えることが出来る日は遠いでしょう。このような新聞に疑問を持って読むことの出来る人たちが増えて欲しいです。
スポンサーサイト




出来れば二つほどクリックをお願いします。→ FC2 Blog Ranking







2006年03月29日 歴史 トラックバック:- コメント:7

全く...産経だけですよね。アサピーのは論外!
歴史も大切だと思うのですが、全て教育ということに結びつくと思うのですよ。ここ最近、特に学校では何を学び、何を教えているのだろうと。
不思議な世の中になってきましたねえ。

2006年03月30日 テツ URL 編集

中国も反日教育を徹底させた結果、政府でもコントロールできない反日デモが起きてしまいましたね。

日本もこの教育の影響がどのように出るのか心配です。

2006年03月30日 さいごう URL 編集

 早速、バ韓国が文句を言って来たようですが、大使は打ち返したようです。
 毅然とした態度がバカキムチや労の目を覚まさせるのです。

 それと同時に獅子身中の虫(バカタレ)を排除しないといけませんね。

 自虐ではなく、捏造はもう要らんよ。
 いい加減、朝日は自分のバカ息子の事を謝罪しろ。

 朝日新聞社長は息子大麻所持で今月に辞職して逃げるつもりだったのですが週刊誌などにスッパ抜かれたようです。

2006年03月30日 どらっへ URL 編集

どらっへさん、

朝日新聞はとにかく虚偽の報道と真実を隠す報道を止めて欲しいですね。それが出来なければ廃刊を求めるのみですね。

2006年03月30日 さいごう URL 編集

全教と日教組をなんとかしたいね。
団塊の世代が定年になったらマシになるかな。

2006年03月31日 worldwalker URL 編集

日露戦争の戦勝に冷や水を浴びせたのがポーツマス条約でしたが、マスコミは大衆の戦勝ムードに悪乗りして政府批判一辺倒の報道姿勢を取った過去があります。その結果、日比谷焼き打ち事件などに見られる暴動が発生しました。日露戦争の真実を隠し、偽のエピソードなんか沢山でたようですね。
 マスコミ、出版というものが、情勢、大衆心理等に左右されやすい脆い存在であるという一つの例です。
 教科書問題でも「真実とはなにか、冷静になってニ方向から解き明かす」という姿勢を朝日はとりません。向こうの言う事に文句を付けるのはふとどきもの!と言わんばかり…
 地下資源ほぼゼロの日本にとって人材こそ資源! 人材を育てる教育で真実を語らない教科書はいらない!

2006年03月31日 あきら URL 編集

worldwalkerさん、
全教も日教組も団塊の世代が抜ければだいぶよくなるでしょうね。その下の世代はネットを使う人が多く、偏りが少ないでしょうから。

あきらさん、
私も教育、その中でも歴史教育は非常に重視すべきだと思います。日本はこのままでは文化的に死滅してしまいます。

2006年03月31日 さいごう URL 編集












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。